北海道のニセコ グラン・ヒラフで年越し。ニセコ グラン・ヒラフ 2日目~最終日まで。ニセコの準備として購入したのがこの「THE NORTH FACE W ヌプシ ウール II」なのです。(ザノースフェイス)THE NORTH FACE W ヌプシ ウール II NF51683 スノーブーツ ユニセックス 23cm(US6 ... 続きを読む

ニセコの準備として購入したのがこの「THE NORTH FACE W ヌプシ ウール II」なのです。

kyompiさん含めたニセコ組3名全員がニセコ用にノースフェイスの靴を買っていて微妙に色やシリーズが異なるもののほぼお揃いだったという偶然が発生。

しかしkyompiさんの靴のみ防水じゃないモデル。だって防水じゃないほうが見た目が良かったんだもの!大体北海道で外をすっごい歩くことなんて無いですし。基本車移動で実際に雪面を歩くのは稀。そもそも北海道の雪質は関東みたいにベタベタじゃなくサラサラ、撥水のみでOK。
(10年前に上京した時は雪の日に傘をさしている人ばかりで驚いたのが懐かしい。)

・・・。

そう思っていたこともありました。

事実その通りなんだけど、ちょっと歩いて靴に雪が着いたまま車に乗るじゃないですか。そのまま運転してると車の中の温かい空気でだんだん解けてきてひんやりはしますよね。中まで染みてくることはないけどひんやり。個人的には許容範囲内で不満はございませんが。

防水かどうかさえ気にしなければ温かさは抜群。ずっと運転してると温かすぎて蒸れることはあるw

今まではミドルカット以上ハイカット未満くらい(ハイカット嫌いなんです><)の革のブーツを履いていたんだけど、やっぱり足先とかしゃっこいのよね。なので本格的な雪解けシーズンまではヌプシウールでいいかなと思っております。

しかしこんな温かい靴ってあるもんなんですね。北海道に住んでいた当時もこんなのあったんだろうか。全然知らなかったや。



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

函館で有名なラーメン屋の一つ、それが函館バスラーメン花道。産業道路を走ってると広い駐車場にピンク色のバスが止まっていていつも気になってたんですがようやく行くことができました!本当はブルートレインっていう旧国鉄の青い廃車両で営業しているラーメン屋に行こうと ... 続きを読む
函館で有名なラーメン屋の一つ、それが函館バスラーメン花道。
産業道路を走ってると広い駐車場にピンク色のバスが止まっていていつも気になってたんですがようやく行くことができました!


本当はブルートレインっていう旧国鉄の青い廃車両で営業しているラーメン屋に行こうと思ったんですが、いざ行ってみたら閉店してまして。このラーメン屋は小さい頃にじいちゃんに連れられていった思い出のラーメン屋なのです。だから函館に来る度に行こうとしてるんですが開いてたことがない。店辞めちゃったのかなとも思ったけどネットで見ると口コミが結構最近のものもついていてやっぱりやってるんだよね・・・?

それはともかく目的地を失ったkyompiさんのラーメン欲求をどこに向けるかと考えたときに思いついたのがいつも気になっていた函館バスラーメン花道。列車がダメならバスですよ。

これ本当に目立つんですよ。

函館バスラーメン花道

このピンクの車体がドーンとあるので。

メニューはこちら。

函館バスラーメン花道 メニュー

車内はこんな感じ。後部座席は畳+テーブル。
ちらっと映ってますが天井近くにはずらーっと有名人のサインが。 

函館バスラーメン花道

んで、花道流味噌ラーメンを注文。

函館バスラーメン花道 花道流味噌ラーメン

チャーシューが炙ってあるのでとても香りが立つ。スープはコクが深く、北海道らしい黄色い縮れ麺。
ここ数年で食べた味噌ラーメンで一番美味しいと思う。美味しすぎてスープもごくごく飲まさる。

いやぁ・・・感動した。こういう味噌をずっと探してたんだよ。東京は家系ばっかりで味噌ラーメンがそもそも少なくって、あったとしてもおしゃれなつもり?な変なアレンジしちゃってるイメージで全然満足できず。東京の美味い味噌ラーメン不足は深刻ですよほんと。こういうどっしり上手い味噌ラーメンがいいんだ。

味噌ラーメンが美味だったので次は塩ラーメンか醤油ラーメンも食べてみたい。家主様が行ったことが無いらしいので連れて再度訪問決定です!

東京にいる間よく見ていた函館のブロガー(たぶん函館飲食系ブロガーの中だとトップじゃないかな)「函館の飲み食い日記」の中の人はオープン当初に行ってたんですね。うらやましい!この記事よりも飲み食い日記の記事のほうが細かく掲載されているのでそちらもオススメ。

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

チマチマっとした記事をポンポン書いてるけど早めに片付く記事を書かないと集中して旅記事書けません!というわけで。今までは最初から着いていたカーナビが古すぎて使いものにならないのでナビはアプリのナビロー(iOS/Android)を使ってましたが、旅の終わりに車が壊れて最近 ... 続きを読む
チマチマっとした記事をポンポン書いてるけど早めに片付く記事を書かないと集中して旅記事書けません!

というわけで。

今までは最初から着いていたカーナビが古すぎて使いものにならないのでナビはアプリのナビロー(iOS/Android)を使ってましたが、旅の終わりに車が壊れて最近新しい車になったのに併せてカーナビを購入しました。


iPhoneより画面がでかいのでナビは見やすくなったのですが、ナビローはオービス情報も教えてくれてたんですよね。しかしカーナビにはそれが無く。
というわけでオービス情報のみを音声で知らせてくれるアプリを探してみたところ、ありましたよ無料のアプリが。


ios オービス警報

しばらく使ってみてるんですが、いやこれが無料って凄いなと。レーダーなんていらないです。ねずみ取りはひっかかったらしょうがないし、あんなのレーダーあってもひっかかるし。知らない土地を走ることが多いからオービスの場所さえわかればOK。

車内ではいつも音楽を流していますが、iPhoneとカーナビがbluetoothで自動接続してくれます。オービス警報はその音楽のボリュームを下げつつ案内してくれます。
何も言わなければカーナビの一つの機能としか思えない違和感の無さ。一定時間GPSに動きが見られなければ自動でオフになるなど、今のところ全く不満ないし。大満足です!

レーダー無い方はぜひお試しあれ! > オービス警報 - オービス/速度取締り&渋滞(iOS) 

他にもこっちのアプリのほうがいいよーとかあれば教えていただければ幸いでございます><



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

みなさんETCマイレージって知ってますか。周りの人が結構知らなかったので紹介してみようかなと。仕事を辞めてからは東京以西の旅に出たり北海道まで来ちゃったり、とにかく車での移動が多い。もちろん高速道路も頻繁に利用するので交通費もなかなかのものに。旅中の経費は結 ... 続きを読む
みなさんETCマイレージって知ってますか。周りの人が結構知らなかったので紹介してみようかなと。

仕事を辞めてからは東京以西の旅に出たり北海道まで来ちゃったり、とにかく車での移動が多い。もちろん高速道路も頻繁に利用するので交通費もなかなかのものに。旅中の経費は結構な割合で高速道路料金でしたし。

高速道路走ってるとたまに見かけるETCマイレージの広告。なんかお得なのかなーと思っててあとで調べようと思ってても高速を降りると忘れるやつ。あるある。

kyompiさんはいつ登録したのか忘れちゃいましたが(2年くらい前かな?)、これのお得感が半端ない。その割に知名度が低く、家主様に聞いてみても知らず。そりゃこんなものをアピールしても料金取る側が損しますしね。アピールしてる体で十分だと思います。

ETCマイレージが何かってざっくり言うと、支払った高速道路料金に応じてポイントが付くんです。で、それを手動だったり自動だったりでお金に還元して次回の高速道路料金の支払い時に使用できるんです。

↓kyompiさんの明細です。

5a5afefe139ff1cd7be1a543fdb4f82d

年末に東京都の高井戸ICから青森県の青森ICまで通常13800円の距離を移動しましたが、ETCマイレージ触るのがめんどくさくて放置してたらポイントが溜まっていたらしく自動還元されていて9000円分はポイント支払いです。青森まで4000円ですよ。やっす!

最初の登録がちょいと面倒ですが、それさえしちゃえばあとは放置でOK。登録したETCだと朝夕割引などの割引も自動で受けられるのでとってもお得。

普通ETC車載器のナンバーなんて意識することもないだろうと思いますが、登録にはこのナンバーが必要になるので、車に乗ったときにおそらく車検証と一緒にしまってあるETC関連書類にナンバーが書いてあるので写真を撮っておけば楽ですよ!

よく車に乗る人でまだETCマイレージに登録していない人は絶対に登録すべきですよ!






ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

北海道のニセコ グラン・ヒラフで年越し。ニセコ グラン・ヒラフ 2日目~最終日まで。12月31日~1月3日までのニセコ滞在中は「ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭」にお世話になりました。ここは温泉が24時間なんですよ!!!夜中の誰もいない露天風呂など最高でした。あとは館内を ... 続きを読む
北海道のニセコ グラン・ヒラフで年越し。

12月31日~1月3日までのニセコ滞在中は「ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭」にお世話になりました。


ここは温泉が24時間なんですよ!!!夜中の誰もいない露天風呂など最高でした。

あとは館内をぶらぶらしてたらサインが沢山飾られていたり。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 サイン

ここは有名な宿だったんですね・・・!

年末年始はニセコは混み合うと思い、ものすごい早く宿を取れば大丈夫だろうと10月だったかな?早めに予約しました。
探すのが早すぎたのか全然宿が出ていなくて、でもぼやぼやしてたら無くなっちゃう!と思って数少ない候補の中からそこそこ安かった湯心亭を選択したのでした。
と言ってもハイシーズンなので一泊1人2万ですが。今回はちょっとした記念でのニセコということもあったのでまぁ良いでしょう。

この湯心亭には一日一室限定の部屋がありまして、それがオリエントルーム。あとから思えばそんな部屋を3泊も、しかも年末年始おさえてしまったのかとビビりました。

実は予約してから数ヶ月経っていたのでどんな部屋を予約したのか覚えて無くてですね。チェックインするときに2階に一つだけ部屋番号が書いていない木の扉があるのでそこですとのこと。

入ってみたらびっくりですよ。何だこのクオリティはww広すぎるww

ベッド。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

テレビやクローゼットなど。ドアの質感も映ってる。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

机と鏡。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

座敷。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

サービスのお菓子。お菓子は無くなった分は翌日に補充されます。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

冷蔵庫には小樽ビール。これは毎日補充してくれました。なんて神対応・・・。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

ミネラルウォーター。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

パックの飲み物。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

お食事

一日目

寝坊して飛行機乗れなかった遅刻者は抜きで二人で1日目の晩御飯です。

鴨スモークサラダ、青紫蘇なめこ、新函館いか納豆。

湯心亭 鴨スモークサラダ、青紫蘇なめこ、新函館いか納豆

あんこう鍋。

湯心亭 あんこう鍋

柚子塩チキンステーキ。

湯心亭 柚子塩チキンステーキ

ニセコ産ななつぼしの米。この米がすっごく美味しかった。写真見るだけでヨダレが出る。

湯心亭 ニセコ産ななつぼしの米

この日は12月31日だったので年越しそばも。遅刻者は年越しそば無しです。

湯心亭 年越しそば

祝折詰。これは毎日出てきましたが毎回具が違う。とても丁寧。

湯心亭 祝折詰

湯心亭 祝折詰

館内には自由に飲める日本酒も。これが旨いんだ。安酒じゃなくてちゃんとした日本酒の味。

湯心亭 日本酒

部屋に戻ったあとは座敷で宴会です。折詰やサービスのビール、箱買いしてきたサッポロビールとお菓子など。

湯心亭 宴会

二日目

以降省くけどこれが朝食。少なく見えるけど全部食べる頃には本当にお腹いっぱいになるんです!

湯心亭 朝食

ゲレンデから戻ってきて冷蔵庫を開いたらタフマンが。確かに肉体は激しく疲労してますが・・・この神対応。ビビる。

湯心亭 オリエントルーム タフマン

お菓子も補充されていたり。

ニセコ アンヌプリ 湯心亭 オリエントルーム

前日はいなかったので遅刻者はこの日の晩御飯が初w

あさりの柚子胡椒味噌、北寄貝のサラダ。この日のお気に入りは北寄貝のサラダ。

湯心亭 あさりの柚子胡椒味噌、北寄貝のサラダ

生ハムのさっぱりカルパッチョ。

湯心亭 生ハムのさっぱりカルパッチョ

北海道産カジカのつみれ鍋。

湯心亭 北海道産カジカのつみれ鍋

やわらかチキンのトマトガーリックソース煮込み。

湯心亭 やわらかチキンのトマトガーリックソース煮込み

3日目

北海道上川産 虹鱒のサラダ。

湯心亭 北海道上川産 虹鱒のサラダ

真狩産 ハーブ豚使用さっぱりしゃぶしゃぶ風。ネギどっさりでネギ好きのkyompiさん歓喜。

湯心亭 真狩産 ハーブ豚使用さっぱりしゃぶしゃぶ風

小鯛のひしお焼き たたき牛蒡添え。

湯心亭 小鯛のひしお焼き たたき牛蒡添え

揚げ物五種盛り、ニセコ羊蹄山麓産北あかり・とうきび・茄子・ししとう・白糸松葉串揚げ。
この日のお気に入りはこのとうきびの天ぷら。美味いに決まってる。

湯心亭 揚げ物五種盛り

まとめると

素晴らしいとしか言いようがない。
普通に友達と泊まるレベルの部屋ではないよねって話をしててそう思ったけど、何かの記念日などだとちょうどいいかも。

温泉環境も素晴らしいし、食事も美味しい。細かい所のおもてなし感もいろんなところで感じた。
部屋の特典としてホットコーヒーのチケットを泊数分だったり、 女性限定だけどパック・爪用やすり・足の指を広げるやつ・色浴衣・入浴剤などのプレゼント、あとは宿泊者全員に美濃焼のカップを泊数分指定の棚からプレゼントなど。

あ、加湿器もありました。
備え付けのドライヤーは1200wでちゃんとしたものです。この辺はkyompiさん的には高評価。オールインワンの保湿クリームやピーリングジェルもあり。 なんだよこのホテル素晴らしすぎる。

ちょっと変わってるなと思ったのがこのホテルにはスリッパが無いんです。その代わりに部屋に浴衣と一緒に足袋ソックスが置かれてたり。

部屋は全室禁煙で喫煙室は別に設けられてます。オリエントルームの真上の部屋の宿泊者は窓を開けて缶に灰を捨てながらタバコを吸ってましたけどね。そういうクズは宿泊者名簿を見て、以降全員の宿泊をお断りにすべきだと思います。これは宿泊者の残念すぎるモラルに依存するのでホテルの評価には含めません。

ホテルの立地的にはグラン・ヒラフからはちょっと距離があるので飲食店街は徒歩圏内にはありません。必然的に部屋飲みになります。それがちょっと残念だったけどそれはそれで楽しいので問題なし。

そしてあとから気づいたんだけど、無料送迎付きの居酒屋ってあるんですね。詳しくは休憩所にパンフレットが置いてあるのでそちらをどうぞ。先に知ってたらどこか一食晩御飯を無しにして居酒屋なども面白かったかなと。

それでもkyompiさん的にこの宿に一切の不満はございません!大満足でございます!他2名もとてもよかったとのことでした!

本当にありがとうございました!

ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭」、オススメです!

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

2日目~3日目毎晩遅くまで宴ってるので朝イチでゲレンデに入るなんてことは無理です。ゆっくり。たまに吹雪いて山頂のリフトが止まったりしてたけど、1日目よりは暖かかった。吹雪いたり。ツリーランで木とじゃれ合ったり。昼ごはんをカレー縛りにしてみたり。雪が凍りついた ... 続きを読む

2日目~3日目

毎晩遅くまで宴ってるので朝イチでゲレンデに入るなんてことは無理です。ゆっくり。
たまに吹雪いて山頂のリフトが止まったりしてたけど、1日目よりは暖かかった。

吹雪いたり。

ニセコ グラン・ヒラフ

ツリーランで木とじゃれ合ったり。

ニセコ グラン・ヒラフ

昼ごはんをカレー縛りにしてみたり。

ニセコ グラン・ヒラフ

雪が凍りついた木。

ニセコ グラン・ヒラフ

たまに晴れたり。

ニセコ グラン・ヒラフ

夕日に向かって。

ニセコ グラン・ヒラフ

雪面にぶっささったり。

ニセコ グラン・ヒラフ

kyompiさんは板を2枚持ってきてたんだけど、慣れる前にデス子(Desperado)に乗ったら怪我してシーズン終わりそう(昨シーズンはデス子に左足首を食われてそのままシーズンオフへ)なので慣れてきた3日目のナイターで人が減ってきたところで少しだけ乗ってみた。

ニセコ グラン・ヒラフ デスペラード

き、気持ちいい!!ターンの切れっぷりが相変わらず凄い。

10年ほど前に勤めていた函館の会社の先輩がたまたま同じ日に同じ場所にいるのは知ってたので会ってみたり。
しかしこの子は誰の子なんだ。

ニセコ グラン・ヒラフ

4日目、最終日!

結局羊蹄山の頭が見えることは一度も無かった・・・なかなかスッキリした天気にならない。ぐぬぬ。
最終日が唯一まともに雪が降っていた日だろうか。この雪が数日前から続いていればもっとコンディション良かったんだけどなぁ。

ニセコ グラン・ヒラフ

山頂の方はちょっとガスってたり。

ニセコ グラン・ヒラフ

でもリフトは動いてる。シングルのリフトは行列ができておった。

ニセコ グラン・ヒラフ

ツリーランしてたら気づいたら回ってた事件。

ニセコ グラン・ヒラフ

上からは何も無い雪面に見えてたんだけど何この輪っか。どう見ても罠。この輪っかの中にノーズがすっぽり入り、やばいっ!と思ったときには見えてる景色は前方ではなく後方。しかも逆さま。そう、kyompiさんフロントフリップ中

スローモーションな中で頭から着地。首がミシミシ聞こえたからたぶん頚椎が詰まった気がする。リハビリしてたのにまた元に戻った感。やれやれ。

頭着地しても勢いは止まらず、そのままかかと落としをするようにテールを雪面にぶっ刺したところで停止。空が灰色でした。他の二人はおそらく先の休憩所に着いてるんだろうけどkyompiさんしばらく動けず。空を眺めていたのでした。
この記事を書いてるのは1月8日ですが、今もなお首が痛い。可動範囲が狭まってるのでやっぱり首やられてるわこれ。いつものことだけどw

しばらくしたら動けるようになったので無事合流。ふぅ、あぶないあぶない。

ちなみに関東ボーダーの運転できる方に俺に何かあったらここポッケに車のキーが入ってるから運転して帰っていいよと伝えてるので運ばれる準備は万全です。ふふ。

その後も懲りずにツリーラン。管理区域外にも行ってみました。こっちはそこそこモフモフだった。ニセコのわりにはまだまだだろうけども。

ニセコ グラン・ヒラフ

こういうところでハマると脱出が大変なんですよねぇ。起き上がろうとして手をついても数十cm手が埋まるだけなので突っ張れない。

この日は関東ボーダーを新千歳空港に送り届けねばならないので早めに上がって空港へ。
検査場で別れた直後に襲ってくる巨大な孤独感。一緒に東京に帰って打ち上げしたいよ・・・。さびしい。今シーズンは北海道に篭もるのでたぶんシーズン中はもう一緒に滑ることはないのであろうと。もっとピョンピョン移動できればいいのになー。

それでも彼らが初めての北海道でのボードを楽しんでくれて本当によかった。頑張った甲斐があったってもんです。

また来シーズン一緒に滑ろうね!

年末ぴっかぴかだった車が高速道路走ったせいでデロデロ。世田谷ナンバーデロデロ。

ニセコ レガシィアウトバック 世田谷

融雪剤がべったべたしててこれはまずいと函館に帰ってきてから洗車してぴっかぴかにしたのでした。

 


ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

2016年12月31日~2017年1月3日、ニセコに篭ってきました!二年連続ゲレンデ年越し!いいね!事の発端は昨シーズン終わり関東ボーダーと呑んでて次はみんなで北海道に滑りに行こうよ!となったことですね。関東のボーダー仲間はなかなか休みをまとめて、かつ自由に取るってこ ... 続きを読む
2016年12月31日~2017年1月3日、ニセコに篭ってきました!二年連続ゲレンデ年越し!いいね!

事の発端は昨シーズン終わり関東ボーダーと呑んでて次はみんなで北海道に滑りに行こうよ!となったことですね。
関東のボーダー仲間はなかなか休みをまとめて、かつ自由に取るってことが難しく、年末年始しかタイミングがなかった。色々高いよねこの期間。しかし仕方がない。

当時はまさか仕事を辞めるとも思っていないし北海道に来ているとも思っていなかったので関東ボーダー達と一緒に羽田空港から北海道へ飛び立つものとばかり。いやーまさかこんな展開になるとは。

2016年後半から年末にはもう北海道にいる見通しだったので、関東ボーダー達は羽田空港から新千歳空港へ、kyompiさんはベースの函館から新千歳空港へ拾いに行き、そのままニセコにINすることに。

東京以西の旅の結末付近で改めて書くけど車が壊れましてね。このままだと迎えに行く足がないぞと急いで東京で車を探し、東京滞在をギリギリまで伸ばしてなんとか車ありで北海道に上陸成功したのです。いやーほんとギリギリだった。焦ったw

ニセコ1日目


そんなわけで12月31日は6時位に函館を出発。出発が予定よりも遅くなってしまったので帰省ラッシュとかあるのかなと心配してたけどさすが北海道。そもそも車が走っていなかった。3時間半くらいで新千歳空港に到着。

新千歳空港


実は運転中に関東ボーダーから連絡が来ていて、一緒に搭乗するはずのもう一人が音信不通とのこと。そしてその飛行機が羽田空港を発ち、新千歳空港到着間際に音信不通者から入信。「やっちまいました」

・・・

新千歳空港で関東ボーダー1名を拾ってニセコへ。ニセコの宿はゲレンデや飲食店街からはちょっと離れているので部屋飲み用に買い出しをしつつ、荷物を宿においてすぐにニセコ グラン・ヒラフへ。16時半スタートなのでナイタースタートっすね。


ブレてますなぁw

ニセコ グラン・ヒラフ

kyompiさんこの時が初滑りなのでdkdk。たぶん毎シーズンそうだと思うんだけど思うようにターンが出来なくて・・・ぐぬぬ。しかも疲れるのがめっちゃ早い。まだ体がスノーボード用になってなかった。

滞在中は気温はずっと0度以下だった。

ニセコ グラン・ヒラフ

いいねぇこのナイターの光!サイコー!

ニセコ グラン・ヒラフ

一旦ゲレンデを切り上げて宿の夕食をいただいてから再度ゲレンデへ。
ここで音信不通者と合流。こやつ気合で自力でゲレンデまで来おった。その姿勢は褒めるがまず謝れw

ニセコ グラン・ヒラフ

こやつはいつもボードに行くときは寝ると起きれないので早朝まで飲み続けてそのまま行くんだけど、今回は気づいたら飛行機が飛んでいたらしい。想像したくない辛さなのはわかってるから怒りはしないけどw

でもここでみんなで気づいたことが一つ。こやつ、起きたときにはもう飛行機が飛んでいたので速攻で羽田空港に向かって電車に乗り、電車内で飛行機のチケットを購入し、その後更に新千歳空港からニセコへの移動手段も解決。

つまりだよ、東京からニセコって近いんだ。起きてその日にニセコ行きたいと思えば簡単に来れるんだと。片道はトータルで3万台。当日に色々手配した割にはうまいことやってかなり安いよこれ。だからみんなもっと北海道に滑りに来ればいいんだと思うよ!

3人でちょこっと滑って撤収。宿でみんなでガキ使なんかを見ながら年越しの宴をして温泉に入って宴をして寝たのが多分3時?4時?

ニセコ アンヌプリ 湯心亭

楽しかったなぁ。とても楽しかった。2016年最後の日に最大の遅刻をやらかした輩をいじりまくるなど。
去年の年越しは新潟の湯沢だったけど、皆さんガチ勢だったのでこんな時間まで起きてるってことはまずない。基本早朝に出てパウダー食いに行くので。

宴の最中にすでに体が痛くて、ちょっとしか滑ってないのにこれは翌日筋肉痛確定だぞと覚悟して就寝なのでした。

続く。

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

ハセガワストア やきとり弁当函館に帰ってきて早々に買いに行ったのがハセガワストアのこのやきとり弁当。ご開封。食べる前に準備をしますよっと。弁当の容器の端っこに溝があるのでそこに串を乗せます。写真だとちょっと見づらいな。蓋をします。蓋を押さえたまま串をクリク ... 続きを読む

ハセガワストア やきとり弁当

函館に帰ってきて早々に買いに行ったのがハセガワストアのこのやきとり弁当。

函館 ハセガワストア やきとり弁当

ご開封。

函館 ハセガワストア やきとり弁当

食べる前に準備をしますよっと。弁当の容器の端っこに溝があるのでそこに串を乗せます。写真だとちょっと見づらいな。

函館 ハセガワストア やきとり弁当

蓋をします。

函館 ハセガワストア やきとり弁当

蓋を押さえたまま串をクリクリ回して全部抜き取ります。
完成。

函館 ハセガワストア やきとり弁当

串から外すか外さないかの流派はあるらしいですが公式サイトでも弁当容器に溝がありますよと説明があります。
今更だけど「え、豚なの?」ということについても掲載されてますね!詳しくは公式サイト参照するべし。

久しぶりに食べるとやっぱり旨い。今回はタレを食べたけど次は塩行ってみよう!

ちなみにハセガワストアは函館市内に数店舗あるので見かけたら寄ってみたらいいんじゃないかな!


こんなのも


弁当箱・・・これ欲しい。東京に帰る前に買っていこう。

函館 ハセガワストア やきとり弁当

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

2016年の振り返りが遅くなれば新年のご挨拶も遅くなりますよね。あけましておめでとうございます。新函館人のkyompiです。バタバタしてたらもう5日です。早い。と、この記事の冒頭を書き始めたのが5日。本日は6日でございます。早い。今年は、というか2016-2017シーズンは ... 続きを読む
2016年の振り返りが遅くなれば新年のご挨拶も遅くなりますよね。

あけましておめでとうございます。新函館人のkyompiです。

函館市 転入

バタバタしてたらもう5日です。早い。と、この記事の冒頭を書き始めたのが5日。本日は6日でございます。早い。

今年は、というか2016-2017シーズンは函館に篭ってスノーボード三昧な毎日を送ります。初めてシーズン券買っちゃうよ!
東京だとゲレンデまで行き3時間なんてザラ。帰りは大体渋滞するのでプラス1時間とか。それが今は片道30分です。ゲレンデ格差が激しすぎる。
仕事もしていないので時間に縛られることもなく。今シーズンは全力です。どこかが損傷するまで。というかすでに首やった。

ちなみに今シーズンのホームゲレンデは七飯スノーパークです。


ここはSAJのスキー1級をとって、初めてスノーボードに乗ったゲレンデなので言ってみれば元ホームゲレンデ。懐かしい。設備も新しくなっているようで楽しみ。
ついでにいうとEXILEが事故った方面ですね。


JSBAのバッジテスト2級は持っていたんだけど、会員の更新を忘れていたせいで無かったことになりまして。もう一度2級をとってから1級、その後へ進みたいと思っております。2級はちゃっちゃと取れるだろう。それまでに体が無事であればよいのだが。

東京だとボーダー仲間が沢山いたけど函館だとなかなかいないんだよね・・・。札幌まで行けばまだ増えそうだけど。あ、関東から来てくれる仲間もいるよ!
といっても基本ソロ活動になりそう。ソロの時は遊びではなく練習なので無言で黙々と。

JSBAのテク選がルスツで行われるのでそれは絶対に見に行こうと思ってる!いつもお世話になってる関東ホームゲレンデの湯の丸スキー場の相原さんに会いたいな!

シーズンが終わったら東京に帰ろうかなと思っております。その時の財政状況にもよるけど、函館~東京間を東京以西の旅のときのように山を登りながら下れたら面白いかなと。残雪で難しいかもしれないけど。財政難になってたらまっすぐ東京に帰って仕事探そうかな。職業訓練校とか行ってみたいんだよなぁ。全くの異業種とか。知らないだけでできることはもっとあると思うんだよね。やってみなけりゃわかんないしね!

こんな感じで長期展望は何もありません。そんな2017年スタートです!\(^o^)/
 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

2016年11月末まで東京以西の旅に出ていて、帰ってきたら久しぶりに東京の空気に当てられたのか体調を崩したり、壊れた車の件でバタバタしたり。そうこうしているうちに年末が近くなってきて北海道まで車で移動したり。北海道に来たら来たですぐにニセコで年越しで気づいたら ... 続きを読む
2016年の振り返り

2016年11月末まで東京以西の旅に出ていて、帰ってきたら久しぶりに東京の空気に当てられたのか体調を崩したり、壊れた車の件でバタバタしたり。そうこうしているうちに年末が近くなってきて北海道まで車で移動したり。
北海道に来たら来たですぐにニセコで年越しで気づいたらもう新年になって5日目になってました!なんてこったい/(^o^)\

というわけでちょっと時期逃したけど2016年の振り返り。

まずはブログを書き始めたこと。

仕事でライブドアブログをよく使っていたので勉強も兼ねてブログ活動をすることに。

この辺くらいからですね。ちゃんと書き始めたの。

ブログのテーマは最初から山にしようと思っていたのでした。

元々は前に属していた登山チームのブログで何件か山日記を書いてたのです。腐ったりんごがあったら遠慮なく捨てるタイプなのでチームを抜けましてね、自分の記事は全てこちらに移行済み。

その流れで山関連ブログになったわけです。
今はそれ以外にも色々書いてるけど、書きたいことを書けばいいのだと思うのです。だって自分のブログだし。楽しければいいじゃない?テーマを気にして書けないよりも、書くことが大事です。書くことは訓練でもあるのです。

仕事辞めちゃった★

5年半勤めた会社を2016年9月末で退職。
退職の理由についての詳細はNGですが、まぁ運が悪かったとしか言えませんね。社会人になってから十数年で、経験した会社の数も15は超えてますが、その中でもダントツでトップの愚かな上司とだけ。それまではずーっと上司には恵まれてたからなぁ。

2007年に東京に出てきて、雪の降らない冬が毎年つらくて、いつか東京を離れて雪の降るところに住もうと思ってました。
雪が好きすぎて本当にやばい。雪に対して「かわいい・・・///」って言ってるやつを自分以外に見たことがありませんね。

2016年はそろそろ拠点を雪国に移そうかな・・・と思ってたタイミングでもあったわけなのです。
歳を重ねれば体にガタもくるし、なるべく体が若いタイミングで一冬ガッツリ死ぬ気でスノーボードに明け暮れたいと。

そんないろんなタイミングが重なって退職に至りました。

 

東京以西の旅

退職以降は新潟の糸魚川市の友人宅に居候して田んぼに行ったり、登山の旅に出たり。(糸魚川市の大火が本当に気の毒で・・・加賀の井酒造が燃えてしまって悲しい・・・。)

旅は約40日間に及んで、各地の山を登ったり地酒を呑んだり友人に会ったり。無職のくせにここで少なく見ても50万ほど無くなりましたね。ほとんど交通費。それでも金額以上の価値はあったと思うのです。ずっと行きたかったサンドミュージアムに行ったり、そこに行って初めて知ったものや見たものもたくさん。日本は十分に広いと思いました。
あと20日分の旅記事が残ってますが冬シーズンはスノーボードがメインでネタ不足になる予感がしているのでゆっくり書こうw

登山

旅のお陰で山登りまくったので2016年の山行回数は計18回でございました。 
2013年が4回、2014年が5回、2015年が8回ときての2016年が18回。いやー登りまくりましたな。
2017年は万が一就職なんてしたりするとここまでの回数は登れないだろう・・・。さてどうなることか。

まとめると

2016年は近年稀に見るイベント盛りだくさんな1年でした。社会人的には悪い展開なのかもしれないけど、そんなのはどうでもいい。楽しいは正義。そしてその分の出会いは必ずある。

それにしてもまさかブログがこんなに続くとは思わなかった。仕事で必要があったってのが大きいかな。ある程度続いちゃえばあとは辞めちゃうともったいない精神で続けられたw

2017年も毎日未練のない楽しい生き方をしよう!
 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!