カテゴリ: 登山まとめ

旅3日目の2016年10月23日。 旅の2日目は赤城山へ向けての買い出しと移動。そしてラーメンとの出会い。5時に起きて駒ケ岳登山口へ。そんな予定で道の駅ふじみで就寝したのです。 赤城山へむかう 6時に起きる。えっ。 な、なぜ・・・はっ!iPhoneマナーになってる!!!!!目 ... 続きを読む
5時に起きて駒ケ岳登山口へ。そんな予定で道の駅ふじみで就寝したのです。

赤城山へむかう

6時に起きる。えっ。
な、なぜ・・・はっ!iPhoneマナーになってる!!!!!目覚ましならない!!!
やっちまった・・・
とりあえずルーチンでホットのレインボーマウンテンブレンドを買って飲みながら寝起きの頭を動かし駒ケ岳登山口のおのこ駐車場を目指す。


道中は前日に用意しておいたパンをmgmg。



駐車場〜登山開始

今回のルートは駒ケ岳登山口近くのおのこ駐車場から出発し、アスファルトを歩いて黒檜山登山口〜黒檜山山頂〜駒ケ岳〜鳥居峠〜長七郎山です。

この辺からスタート。

赤城山 駒ケ岳 駐車場
 
こーんな道を歩いていく。いきなり山に入るより体を慣らしたかったのでこのルートにしたのです。

赤城山

左手に見えてきた赤城神社。赤が映えます。

赤城神社

登山口に到着!登るよー!

赤城山 黒檜山 登山口

こんな岩々した道を登りながら・・・

赤城山 黒檜山

時折振り返るとこんな感じ。素敵。

赤城山 大沼

登山口から1時間位で黒檜山山頂。

黒檜山 山頂

続いて、30分ほど歩いて駒ケ岳山頂。

駒ケ岳 山頂

そこからの景色。紅葉!って感じではなかった。

駒ケ岳 山頂

大沼がよく見える。

赤城山 駒ケ岳 大沼 カピバラさん

続いて目指すのは長七郎山。
山と高原地図には乗ってないけど、駒ケ岳からもいけます。

この辺に

赤城山

こんな看板があるのでサブルートを進む。

赤城山

ちなみにお昼ごはんはここで。ハラヘリだったし荷物を減らしたかったので。この日のカップ麺はご当地もの!ぐんまちゃんうどんとカピバラさんの奇跡のコラボだ!

赤城山 ソルティライチ ぐんまちゃん カピバラさん

青い空に紅葉。

赤城山 紅葉

この緑のフサフサはなんていうんだろう。触るととても気持ちいい。

赤城山 緑 ふさふさ

とか言ってらんなくて、さすがはサブルート。ほとんど人は通ってないし道も狭い。そして急。道自体は目印がちゃんとあるので迷うことはない。

そんなこんなで鳥居峠に到着。

鳥居峠

鳥居峠というか赤城公園。

赤城公園

振り返るとさっきまであそこにいたのか!という駒ケ岳。

赤城駒ケ岳

長七郎山へ最短ルートで向かいます。黒檜山や駒ケ岳は土と木!って感じの登山道だったけど、こっちは岩や小石。ちょっと離れただけで全然違う山。

長七郎山

長七郎山山頂に到着。

長七郎山

これ以上は他の山を目指すと遅くなってしまうので、でもまだ動ける時間はあるのでなるべく色んな所を歩き回って帰りたい。赤城山は縦走ルートが難しい。ということで小沼を見に行くことに。カピバラさんかわいいよカピバラさん。

赤城山 小沼 カピバラさん

小沼のパノラマ。

赤城山 小沼

ちなみにこの小沼から抜け出すのに数十分かかりました。マップに乗ってるルートが見つからずに迷子になってたw
観光者がたくさんいるなか、小沼周辺を熊鈴鳴らしながらウロウロする不審者kyompi。

道を見つけて先へ進むとこんな看板が。

赤城山 大沼 小沼

「おの」と「この」なの?正式にはってこと?
ちなみにkyompiは函館出身ですが、近くに大沼国定公園ってのがありまして。そこにも大沼と小沼があるのです。そこから見えるのが噴火湾のシンボルである北海道駒ヶ岳。たしか小学生のときに遠足か何かで登った気がするけどあんまり覚えてないなぁ。北海道にいる頃は登山はしていなかったので、機会があればちゃんと登りたい。って言っても今は火山で規制かかっちゃってるけどね・・・。いつか登頂したい。

さて、進みます。小沼を脱し、先程の赤城公園でトイレ休憩。その後覚満淵を経由しました。

赤城山 覚満淵

しかし覚満淵手前で超団体どぶつかってしまって全く進まず。団体後尾の人とおしゃべりしながら歩き。聞くところによると赤城公園から覚満淵に入って左から回るらしいので俺は右から攻めることに。もともと一周する予定もなかったのでそのまま反対側に抜けました。

覚満淵と団体。

赤城山 覚満淵

あとはアスファルトの道を辿って駐車場へ。下山完了です。
ハラヘリすぎたので北海道といえばのビタミンカステラをmgmg。

ビタミンカステラ
 
お土産物屋でバッジも購入。

赤城山 バッジ

黒檜山〜駒ケ岳〜長七郎山 コースタイム

計: 約6時間
09:49  黒斑山登山口発
08:05 おのこ駐車場発
08:22 黒檜山登山口
09:27 黒檜山山頂
10:10 駒ケ岳山頂
11:23 鳥居峠
12:03 長七郎山山頂
12:33 小沼
14:04 おのこ駐車場着
 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

捻挫がたぶん8割くらい治った気がしないでもないので「kyompi氏、旅始めました」旅一日目の2016年10月21日、黒斑山〜蛇骨山〜仙人岳〜鋸岳を縦走してきました。前日からのアプローチ10月20日の夜、東京を出発です。22時には出ようと思ってたんだけど、長期間の旅に何が必要に ... 続きを読む
旅一日目の2016年10月21日、黒斑山〜蛇骨山〜仙人岳〜鋸岳を縦走してきました。

前日からのアプローチ

10月20日の夜、東京を出発です。
22時には出ようと思ってたんだけど、長期間の旅に何が必要になるのか悩みすぎて準備に時間がかかりまくり、スノーボード カービングターン上達のまとめ!の雪山田さんから電話もかかってきたりw
そんなこんなで2時半くらいの出発になり、黒斑山への経路上にある佐久平PAに4時ころに着き、ここを寝床にしました。
荷物が多すぎて思ったよりも横になる空間が狭く、窮屈な体勢で寝ることに。気温は10度は下回りますがモンベルのダウンハガー#2なので寒さは全く問題なし。

しかしSAじゃなくPAなので駐車場も狭く、どこに停めても街灯が当たりまくる。結果、ほぼほぼ眠れずに出発時間を迎えたわけです。

 

黒斑山へ出発

寝不足で顔面蒼白。体温も上がらない。とりあえず自販機で温かい缶コーヒーでエネルギー補給。登山口周辺の駐車場事情も考慮して朝食は現地についてから。急いで出発です。

8時半ころに駐車場に着いたんだったかな。高峰高原ビジターセンターです。


駐車場手前で見えた雲海がとても素敵だった。道路より山から見たほうがもっといいに決まってると思って写真は撮らなかったんだけど、山には道路以上の展望が良いところはありませんでした。痛恨のミス!!!

黒斑山をピストンするつもりだったので時間の余裕はたっぷり。急いで出発する必要もないので車で家から持ってきた米をmgmg。

登山開始~黒斑山


駐車場手前に看板があります。ホームゲレンデの湯の丸だー!この看板の左側に登山口があります。

上信越高原国立公園 浅間連邦周辺案内図

黒斑山登山口

表コースへ。

47

こんな軽石だらけの山は北海道駒ヶ岳以来っすな。と思ったけど富士山もそうか。

黒斑山 登山道

駐車場手前で見えたものよりも随分と貧弱な雲海に・・・orz

黒斑山 雲海

素敵な道。

黒斑山 登山道

足元注意!だけど、どこが崩れてるのかわからんかった。

黒斑山 登山道

凍っておった!

黒斑山 登山道 氷

うお!浅間山が見えた!

浅間山

避難小屋。

黒斑山 避難小屋

黒斑山 避難小屋

トーミの頭到着。

黒斑山 トーミの頭

黒斑山 トーミの頭

そこからのパノラマ。浅間山神々しい。

黒斑山 浅間山

11時18分に黒斑山山頂到着。

黒斑山 山頂

黒斑山

もこもこしてる? かわいい。何がもこもこしてるんだろう。近くに行くと全然違いそうだけどw

黒斑山

そんな景色を見ながら・・・

蛇骨岳~昼食


予定通り次は蛇骨岳を目指します。

これ、道なんです。

黒斑山

だいぶ景色が変わる。

蛇骨岳

蛇骨岳山頂到着!

蛇骨岳 カピバラさん

そうそう、旅の相棒に家からカピバラさんを一匹連れてきたのです。
一人旅じゃないし!カピバラさんとのデートだし!寂しくないし!

蛇骨岳
 
ハラヘリだったので昼食はここでとることに。浅間山を見ながら緑のたぬきです。超贅沢。

蛇骨岳 カピバラさん

新しい相棒のカルドラドもとても調子がいい!足が軽いって本当に素晴らしい。

蛇骨岳 カルドラド

さて、当初はここからピストンで下山する予定でした。
足の治り具合と新しいのテストを兼ねていたので長距離は辞めておいたほうがいいかなと。
しかし両方とも調子が良い。昼食を食い終わった段階で12時半。マップを見て所要時間を計算するとギリ日没前には下山できるのでそのまま進むことに。

仙人岳へ


蛇骨岳から歩きはじめてすぐに何かの糞。この辺は何がいるんだろうか。

仙人岳 糞

そして速攻で仙人岳山頂到着。

仙人岳 山頂

仙人岳

あ、混雑してるときはカピバラさんは登場しません。サッと写真を撮って避けちゃうので。
しかしトーミの頭のときもそうだったんだけど、確実に写真に写ってしまうであろう位置に陣取る人たちってもちろんその前提なんだよね?だから気にせずに撮りますが。

鋸岳へ


こんな道を歩いていくのです。ゴツゴツした岩が力強い景色。やっぱり稜線歩きは楽しい。

仙人岳

これこれ!軽石!って感じの色。

鋸岳

13時1分に鋸岳山頂到着。この時間帯だともうこの辺は人が少ない。

鋸岳 カピバラさん

鋸岳

鋸岳山頂周辺から見える浅間山のちょっとアップ。左上にある何かは避難小屋っぽい。

浅間山

更にアップ。斜めのラインは登山道かな?

浅間山

周回ルートでトーミの頭~黒斑山登山口


ここ、ひたすら降りる。

Jバンド

遠くから盗撮。絵になりますなぁ。

Jバンド

下り終わってから振り返ってみるとすごいところを降りてきたんだなと。

Jバンド

ちなみにこの辺で右足のスネを木の枝に強打しまして。打撲&出血です。数日立ってるけどまだ痛い。

一面山吹色のふっさふさ!これ何ていうの!

Jバンド

足元はもっふもふ。気持ちいい。楽しい。

浅間山

途中で浅間山立ち入り禁止の案内が。

浅間山登山口

そう、本当は浅間山にも行きたかったんだけど今は火山活動の規制で入れないのです。残念。

湯ノ平口分岐から草すべりを通ってトーミの頭を目指します。

湯ノ平口分岐

この辺でiPhoneが落ちたので写真は無い。寒いとすぐ落ちるんだから・・・。
いつもは20000mAhのモバイルバッテリーを持ってくるんだけど、元々は短距離予定だったのでこの程度ならいらないかっと装備から省いたのです。失敗。
ここ本当に急登が長くて今回の山行で一番きつかった・・・。

そしてなんとかトーミの頭に到着。すっごい頑張った。なにせ日没が控えてるんでね!
当然そんな時間帯なので他に人がいない。これはチャーンス!とロギング用のAndroidで記念撮影。カピバラさん本当にかわいいな・・・。

トーミの頭 カピバラさん

トーミの頭のすぐ先の分岐では距離が短い中コースへ。この奥の表コースは一度通ってますし。

25

表コースよりきれいで歩きやすい気がした。

05

計算よりもかなり早く下山完了。うわースリルあったーw
しかし平日だし人少ないだろうと思ってたのにあんなに人がいるとは・・・。

黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳〜鋸岳 コースタイム


計: 約6時間
09:49 黒斑山登山口発
11:04 トーミの頭
11:18 黒斑山山頂
11:41 蛇骨岳山頂着
12:29 蛇骨岳山頂発
12:55 鋸岳山頂
13:39 湯ノ平口分岐
14:45 トーミの頭
15:26 黒斑山登山口着



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

コンプレッションウェア「コンプレッションウェアを導入してみた」にあるルコックの半袖コンプレッションウェアを山を登るときもランニングするときも稲刈りするときも使ってましたが、そろそろ気温が低くなってきたので長袖も購入。肌出してると日光で火傷しやすい体質なの ... 続きを読む
コンプレッションウェア ポイズンリムーバー

コンプレッションウェア

コンプレッションウェアを導入してみた」にあるルコックの半袖コンプレッションウェアを山を登るときもランニングするときも稲刈りするときも使ってましたが、そろそろ気温が低くなってきたので長袖も購入。肌出してると日光で火傷しやすい体質なので夏も長袖でいいんじゃ・・・。


 
首元のロゴがかっこよかったので今回はアンダーアーマーにしてみた。


胸元にロゴがついてるのもあったけど、アイアンマンにしか見えないのでそれは嫌。
ちなみにこれ。


一応言っておくと、アイアンマンは大好きです。超かっこいい。

ファーストエイド

何を追加したかというとポイズンリムーバー。
 
夏スキーで有名な月山スキー場にとうとう行ってきた!」でブヨに刺されてから必要だなー必要だなーと思ってたんだけど買い物行くのめんどくさいし行ったら行ったで買うの忘れるしですっかり遅くなってしまった。

もうやだよブヨとか刺されたくないし・・・・もう本当に嫌。でも山に入る以上は刺される可能性は大いにあるわけで・・・。
蚊程度なら無視するけどやばい奴はやばいってことで、次はポイズンリムーバーを使って応急処置です。

ちょっと使ってみたけどちゃんと吸引してくれる。面白い。

かかってこいよ虫けら野郎が。ごめんなさいできればkyompiを襲うのはやめてください。他の人を狙ってください。絶対kyompiよりも美味しい人いるから。
 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

軽さは正義よく登山仲間から俺のザックは「重い」「重すぎる」「苦行」「なんの修行なの」とか言われていて、多少(?)の重さは体力でカバーすればいいじゃんと思っていたけど、登山仲間のザックを背負ってみたら軽すぎて動きがかなり変わるという経験をしたことも。軽さは正 ... 続きを読む
トレラン モントレイル カルドラド

軽さは正義

よく登山仲間から俺のザックは「重い」「重すぎる」「苦行」「なんの修行なの」とか言われていて、多少(?)の重さは体力でカバーすればいいじゃんと思っていたけど、登山仲間のザックを背負ってみたら軽すぎて動きがかなり変わるという経験をしたことも。軽さは正義だと思いました。
グラムを気にする人に「え、そこまでこだわる必要なくない・・・?」 って思ってたけど、軽さは正義です。

そんなわけでずーっと軽いザックが気になっていて、とうとう「好日山荘白馬店のアウトレットで「グレゴリー ミウォック24」をゲット!」でザックの軽量化に成功でございます。

ザックを軽量化したら自然と荷物も軽量化され、次は足元です。
登山靴の泥汚れなどを落とすために手動式加圧洗浄機を購入。」でも触れましたが、無雪期はモンベルのツオロミーブーツを使っていて、これが片足740g。手に持っても重いなって思うレベル。


先日の雨飾山登山で一緒だった岩専ゆうがトレランシューズを使っていて、ちょっと気になっていたのでした。まぁ彼走りますしね。
何使ってるのと聞いたらアシックスのゲルフジ。特に不満はないとのこと。
ネットの登山界隈でもトレランシューズを登山に使用してる話が結構あったし、kyompiも下山時は結構走ってますね。
登山靴に限らずハイカットによる捻挫予防の効果は無いって言うし、もうそこは気にしないことにした。

 

というわけで神保町

登るのも滑るのも、ショップはだいたいこの辺が聖地。

まずはICI登山本店へ。割引のハガキ来てたし。
「・・・トレランシューズすくねえええええええええ!!」
必要だった小物をいくつか購入してさっさと出る。

さかいやのシューズ館へ。
「たくさんある!!」

店員さんに
  • トレランではなく登山用途で使うこと
  • 登山靴よりもソールが薄いとか柔らかいなどでガレ場が不安だったこと
  • ゴアや防水って必要?
みたいな話をしながら幾つか試履をさせてもらって、「モントレイル カルドラド (montrail Caldorado)」に決定。カラーは斑尾イエロー。

ゲルフジも履いてみたんだけど俺の足だと横幅がちょっと足りなくて除外。
しかしこやつ軽いな・・・片足300gほど。か、軽っ!

ゴアや防水は無し。濡れてもすぐ乾くし。 このシューズを使うときはほとんど濡れないと予想されるときだし、濡れるときはツオロミーブーツでOK。積雪期はノース・フェイスのヴェルトなのでそもそも履かない。
ソールは固めでドロップは8mm。

初めて履いたときは今までにない感覚で、ホールド感はランニングシューズみたいな。でもソールが厚くて硬い。不思議。

店員さん曰く、ランニングシューズがメインのメーカーはトレランのための機能をランニングシューズをベースに付加していくのに対して、登山靴がメインのメーカーはトレランのために必要ではない機能を登山靴から削ぎ落としていく。だから前者はランニングシューズに寄るし、後者は登山靴に寄る。という面白いお話があったり。

次の登山はいつかな!早くこいつを使いたいぞ!
でもこの時期だともう遅くない?アイゼン必要になるよ?みたいなツッコミは辞めて。わかってる。わかってるから。
 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

乾いた山に入れば砂汚れ、湿った山に入れば泥汚れ。 しかもこいつら頑固すぎてなかなか落ちないのは山ノボラーの皆さんならご存知の通り。 山によっては登山口や山荘に水道とブラシがあったりするけれど、ない場合もしばしば。っていうかだいた ... 続きを読む

乾いた山に入れば砂汚れ、湿った山に入れば泥汚れ。
しかもこいつら頑固すぎてなかなか落ちないのは山ノボラーの皆さんならご存知の通り。

山によっては登山口や山荘に水道とブラシがあったりするけれど、ない場合もしばしば。っていうかだいたい無い気がする。ある場合はありがたくゴシゴシ汚れ落としちゃうけど、ない場合は手に持った靴と靴をぶつけて落ちやすい汚れだけ落として車に積んじゃう。んで、次回の登山までそのまんま。

というのも、玄関に水場が無いんす。東京の一人暮らしだと一軒家に住んでる人は少ないだろうし、水場持ってる人なんてそうそういないんじゃないだろうか。
しかも我が家は2階なので、外で登山靴を洗う場合は2階からバケツにたっぷりの水を入れて外に出なければならないのでとても億劫。そういう状況だとお手入れとかしなくなります。人間だもの。

 

今は冬以外はモンベルのツオロミーブーツを使ってるんだけど、もう4年目。お世話になっているのでちょっと掃除ぐらいはしてやりたいなーと常々。

先日車のサブウーファーの購入&取り付けをスーパーオートバックス三鷹でやった(無職なのに)んだけど、その際に見かけたのが手動で加圧して水を噴射する洗浄機。ほほうこんなものもあるのかと。「あ、欲しい」くらいにはなったんだけど下調べしないと買えない性格なので家に帰ってからググる。水圧に不満なレビューがちょいちょいあるけども、手動だしこの値段だし買ってみようと注文してみた。

んで、kyompiが購入したのはこれ。


届いたので開封してみると日本の説明書的な優しさはゼロです。ペライチの英語マニュアルのみ。使い方の絵が書いてあるけどいやわからんから。
しばらく観察して勘でいじってみたら水の入れ方が全然違っててw
しかもどうやら外しちゃいけないところを外したっぽい。なんてこった。しかしなんとかリカバリ可能だったので大丈夫。

っていうか水入らんしどうすればいいのとググっても出てこないし困ってたんだけどyoutubeなら動画あるんじゃないかと思っていくつか見てみたらこれ(類似品)が一番分かりやすかった。説明書いらんからこのURI貼っとけし。


ようやく使い方がわかったので水を入れてシュコシュコ圧をかけまして。発射ー!してみたら・・・あらいいじゃない。高圧洗浄機みたいな圧はもちろん無理だけど、こいつで噴射しながらブラシでこすれば登山靴の汚れ落とすの結構捗りそう。少なくともバケツよりは。でも8Lはいらないわ。5Lでもよかったな。

ちょっと見た目がちゃっちいというかおもちゃみたいで、素材の強度も低そうなのが残念。でも安いし壊れたら買い直せばいっかくらい。
だったらもうちょっと金額出してちゃんとしたの買えよって話なんだけど、もう買っちゃったしな!

ちなみに今はこっちが気になってる。レビューいいのばかりだし。個人的にメルテックは信用してる。


っていうか何、電気式の高圧洗浄機ってタンクついてるやつもあるのか。マジか。こっちのほうが欲しかった・・・。


今のやつが壊れたら検討しよう。それか水場のある家に引っ越したい。

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

「初めてのブロッケン現象!」 山日記 vol.12-1 北アルプス 唐松岳の続き。さて、唐松岳頂上山荘まで来たわけだけど、ちょっと冷静に考える。今14時40分頃か。登り始めてから2時間くらい。ここから唐松岳山頂まで行って戻ってきてリフトに間に合うのだろうか。コースタイムだ ... 続きを読む
「初めてのブロッケン現象!」 山日記 vol.12-1 北アルプス 唐松岳の続き。

さて、唐松岳頂上山荘まで来たわけだけど、ちょっと冷静に考える。
今14時40分頃か。登り始めてから2時間くらい。ここから唐松岳山頂まで行って戻ってきてリフトに間に合うのだろうか。コースタイムだと山頂まで行きが20分だから15時着か。リフト最終が16時半だから山頂から1時間半で降りればギリ間に合う。2時間半で山頂の距離だったらたぶんそれくらいで下山可能。リフトに間に合わなかったら歩いて帰ればいっか。ブロッケン現象見れたし何kmか歩くだけだし。っていうか飯食う暇が無いぞ。もうたぶん残存エネルギーがギリギリ・・・腹減りマーックス!だけど食ったら確実にリフト間に合わないししょうがないこのまま強行だ。
ハンガーノックに注意して糖質を補給して脳を騙し騙し進む。

っていうか景色が綺麗すぎていちいち立ち止まってしまう。時間がw

唐松岳

唐松岳

山頂まであとちょっと!!というところでもう荷物いらんわ!と買ったばかりのミウォックを山頂から見えやすいであろう場所にデポ。いい色だ・・・映える。おっと見とれている時間はない。

唐松岳 ミウォック

荷物から開放されたので跳ねるようにガガーっと山頂までダッシュ。

唐松岳 山頂

14時57分、2696m、唐松岳山頂! 山頂きたー!!!

唐松岳 山頂

NatureGirlにお借りしたトレッキングポールとも記念撮影。

唐松岳 山頂

うわーパノラマがきっれー!!
 
唐松岳 山頂



山頂滞在時間2分で下山開始

ゆっくりしている余裕はありません。写真撮ってとお願いされそうな気配を感じたので急いで降りる。ソロだとよく頼まれるのでいつも撮るんだけど、今回だけは本当に申し訳ない><
14時59分下山開始。速攻でザックを回収して走る。走れkyompi。
おじちゃんおばちゃん「あらもう降りてきたのー?」とか話しかけてくる。「リフトギリギリなんで!!」「あら!!間に合うの?頑張って!!」と。

しかしやはり景色に足をとられてしまう。美しい・・・。

唐松岳 山頂

唐松岳 山頂

山荘すぎる頃にもう一度ブロッケン横目に見つつ走り続けるkyompi。さっきよりもくっきり見えた。

唐松岳 ブロッケン現象

あまりに必死に走ってたのか、登ってきたお兄さんに「どうしました!緊急事態ですか!」と心配された。その節は申し訳ない・・・。緊急事態だけど。

いつもの頭痛予防のために登る前に頭痛薬飲んでたんだけど、さすがに運動強度が高すぎたのか頭痛が出てきた。仕方ないので追いロキソ(前職の同僚に鎮痛剤ジャンキーが何人かいて、そこでロキソニン後のロキソニンを「追いロキソ」という)して走り続ける。

途中でおじちゃん方に「どこまで行ってきたのー」と話しかけられ。どうやらもっと上の方で下山中のおじちゃんとすれ違ってたらしい。「唐松岳山頂まで行ってきたんですよー。」「早いねー。今日はどこの宿?」「日帰りです!」「もうリフト終わっちゃうよ?」「めっちゃ急いでます!」「ええ?気をつけるんだよ!頑張って!」などの応援をいただき。走るkyompi。
何度か左足の着地を失敗して悲鳴を上げたけど、16時4分に八方池に到着。ギリ間に合うか・・・!

登るときよりも澄んでいたので八方池がよく見えた。あっち寄り道したかったなぁ。

唐松岳 八方池

さて、また走ります。確実にすれ違った記憶のある外人さんカップルに「コンニチワー」と挨拶しつつダーッシュ!
まもなくリフトの営業が終了するって放送が聞こえてきた。でももうそれくらいの距離。

走って走って・・・16時26分、グラートクワッドに到着。あ、あぶねぇ。あと4分で終わってた。

唐松岳 リフト 下山

ギリギリ唐松岳ピンバッジもゲット。

唐松岳 ピンバッジ

今回は本当にぜんぜんゆっくりできなかった。何の修行なのかと。ザックの軽さは正義だということはわかった。すんごいわかった。荷物削ってくれた家主様に感謝。
山に入る上でここまでギリギリになってしまうとは・・・スリル満点で楽しかったけどちゃんと反省してます。
次回からはもっと余裕を持とう・・・。
あとやっぱりNatureGirlからお借りしたトレッキングポールは必需品でした。あれがなきゃこのペースじゃ無理だった。何か右手の親指が痛いなと思ったら皮がめくれてた。足をかばっていつも以上にトレッキングポールに乗っていたせいだろう・・・。

そういや昼飯食ってない

無事下山完了したけど本当に何も食ってなくて超ハラヘリ。近場でラーメン屋を探して気になるところがあったから行ってみたんだけどやってないし。いや定休日じゃないのになんで休みなんだよふざけんなし。若干不機嫌です。お腹へってたので。

もういいマイホーム(居候先)に帰って何か食うと思って車走らせてたら気になる飲食店が通り過ぎていったので「神降臨」かよとUターンして入店。
それがここ「白馬飯店」。


汗もかいたし塩分足りてない感があってとにかくラーメンが食べたかったんだけど、中華ならラーメンあるだろうと。
鶏そば!あったー!!!しかも透き通ってる系。素晴らしい。函館出身なので透き通ってない塩ラーメンは認めません

白馬飯店 鶏そば

ようやくエネルギー摂取できてホッとしつつマイホーム(居候先)に帰ったのでした。
帰ったあとも家主様がご飯作ってくださったのでビールと合わせていただきました。本当にハラヘリだったのでラーメンのあとでもペロリです。
白馬飯店様、家主様、ごちそうさまでした。

唐松岳 コースタイム

計: 7時間15分
往:約2時間半
復:約1時間半
12:31 八方池山荘発
12:58 第二ケルン
13:01 八方ケルン
13:12 第三ケルン
13:50 扇雪渓
14:07 丸山ケルン
14:41 唐松岳頂上山荘
14:57 唐松岳山頂着
14:59 唐松岳山頂発
15:11 唐松岳頂上山荘
16:04 八方池
16:26 八方池山荘着

↓ゴンドラ&リフト込み。後半のスピードw

唐松岳 コースタイム

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

kyompiです。無職だと新たに賃貸物件と契約を結ぶのが難しいと知って若干絶望しつつあります。どうしよう。誰か長野で俺を居候させてみませんか。マジで。ほら今流行の契約結婚なんてどうでしょう。ガッキーかわいい。9月27日、予定通り唐松岳!起床後、家主様と娘様のお見送 ... 続きを読む
kyompiです。無職だと新たに賃貸物件と契約を結ぶのが難しいと知って若干絶望しつつあります。どうしよう。誰か長野で俺を居候させてみませんか。マジで。ほら今流行の契約結婚なんてどうでしょう。ガッキーかわいい。

9月27日、予定通り唐松岳!

起床後、家主様と娘様のお見送りをし、朝食を食べながら無料配信していたマクロスFを見てたんだけど止まらずにどんどん過ぎていく時間。や、やべえ!と思って急いで家を出たんだけどほとんど追い越し車線のない道だったのでまぁそんな感じです。

事前にどこから登るかっていうのはNatureGirlに聞いていたので当初はその「カフェテリア黒菱」を目指していたわけです。
しかし焦るあまりいつの間にか目的地が「登り始められそうなところ」にすり替わっていて、車を止めたらそこは白馬八方尾根スキー場のゴンドラ乗り場「アダム」でした。始めてきましたここ。白馬に滑りに来るときは白馬岩岳スノーフィールドか白馬五竜スキー場なので。まさか初めて来たのがオフシーズンだとは。


そしてこの時点で12時。とりあえず急いでゴンドラの乗車券を買いに行く。
二日前の雨飾山の筋肉痛がガッツリ残ってたので変な歩き方しながらw

八方尾根スキー場 ゴンドラ アダム

スタッフ「どちらまで?」
kyompi「唐松岳です」
スタッフ「宿泊ですか?」
kyompi「日帰りです」
スタッフ「この時間からだともうご案内できないですね」
kyompi「じゃあ手前の八方池まででいいです」

みたいな会話をして乗車券を買ってゴンドラへ乗る。
写真撮れなかったけど牛がたくさんいました。ゴンドラは冬に乗るものってイメージが強いのでなんだか不思議な感覚。

八方尾根スキー場 ゴンドラ アダム

ゴンドラの終着点「うさぎ平テラス」。

八方尾根スキー場 うさぎ平テラス

ここで降りたら次はリフト「アルペンクワッド」です。やばい滑りたくなってくる名前だ。
スタッフにここのリフトのクローズ時間を確認したらこの上のリフトに乗れればこっちも乗れますよと。
 
確かこのリフトに乗ってるときに当初のスタート地点であった「カフェテリア黒菱」が見えたんだったかな。そこでようやく無駄にゴンドラに乗ったことに気づいた・・・。

八方尾根スキー場 アルペンクワッド

前のリフトでカップルがイチャイチャしてます。イラッとした。ソロなめんなよ。

八方尾根スキー場 アルペンクワッド

リフトを降りるとこんな景色。もうちょっと進んだ紅葉が見たかったな。

八方尾根スキー場 紅葉

次に最後のリフト「グラートクワッド 」に乗る。

八方尾根スキー場 グラートクワッド

あれ、雲行きが・・・

八方尾根スキー場 グラートクワッド

北アルプスはやっぱ午前中じゃないとな・・・



登山開始。登るぞー!

リフト終点に到着し、12時31分に八方池山荘から登山開始です。

八方池山荘

とてもいい景色。聞いていたとおり雨飾山よりも歩きやすい道。

唐松岳

唐松岳

12時54分、第二ケルン。いいペースです。筋肉痛は無視。痛い。

唐松岳 第二ケルン

唐松岳 第二ケルン

八方ケルン

唐松岳 八方ケルン

白馬(この場合はしろうま?はくば?)連峰展望図。ぜんぜん見えないw

唐松岳 白馬連峰展望図

13時11分、八方池。急いでいたので池の方に降りる余裕はない。俺は唐松岳まで行くつもり満々だったからね!ここの景色よりもNatureGirlに見せてもらった唐松岳の景色が見たいんだ!でもこの辺から雲が出て暗くなってくる。そういやヘリがこの辺に来てたっぽいけどけが人かな。

唐松岳 八方池

第三ケルン。

唐松岳 第産ケルン

あらkyompi好みの素敵な道。

唐松岳

ここを進んでいくと扇雪渓で景色がパっと白く変わる。

唐松岳 扇雪渓

唐松岳 扇雪渓

岩々した道つらかった・・・。色づきも足りない。

唐松岳

14時7分、丸山ケルン。

唐松岳 丸山ケルン

唐松岳 丸山ケルン

厚い雲がかかってるけどいい効果感でてる。

唐松岳 丸山ケルン

14時41分、唐松岳頂上山荘に到着。

唐松岳頂上山荘

唐松岳頂上山荘

山荘手前でおじさんおばさん方が集まって同じ方向を見ていたので何事かと見に行ったら・・・

唐松岳 ブロッケン現象

生まれて初めてブロッケン現象見ました。こりゃ頑張ってここまで来た甲斐があったぞと。わーい!

続きは次回の記事で。 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

「やだベニテングダケかわいい・・・///」 山日記 vol.11-1 日本百名山 雨飾山(梶山ルート)「山頂ランチが贅沢すぎた」 山日記 vol.11-2 日本百名山 雨飾山(梶山ルート)雨飾山の下山中に伝説NatureGirlと岩専ゆうが今の俺の足なら唐松岳の道なら歩きやすいんじゃない?と言う ... 続きを読む
グレゴリー ミウォック 24L


雨飾山の下山中に伝説NatureGirlと岩専ゆうが今の俺の足なら唐松岳の道なら歩きやすいんじゃない?と言うので、じゃあ居候中に唐松岳行ってくる!!と。
雨飾山のときは伝説NatureGirlに貸していただいたトレッキングポールにとても助けられ、というのも左足の代わりにトレッキングポールでバランスを取ってたから。これがなきゃたぶん登れなかった。
自分のトレッキングポールは東京の自宅に忘れたのでさすがに取りに400km戻るわけには行きません。貸していただいて本当にありがとうございました><



さて唐松岳に行くにしてもトレッキングポールはやはり必要だとまたまた伝説NatureGirlに借りようとしたところ、トレッキングポールと地面が設置するところのキャップが無くなっており、キャップを買いに行かねば!と翌日に近場(1時間位の距離)の好日山荘白馬店へ行ってきました。
ちなみに前日の久しぶりの登山で下半身が筋肉痛で歩き方がおかしい状態でございました。


白馬はスノーボードでちょいちょい訪れているので見覚えのある景色が懐かしい。

家主様はお仕事中だし俺は完全にフリーだったので店内を超ぶらぶら。時間をかけて色々見て回った。歩き方が不審だけど。
で、2階にアウトレットコーナーがあるって壁に案内があったので、階段を時間をかけて頑張って登ったのです。くっそ体痛かったけど。

ハードシェルも欲しかったんだけど、今すぐの購入は考えていなかったので下調べは全然してなかったし今回はスルー。
ザックの棚を見ていたところ、小さめのザックがいくつかあるじゃないですか。

今ザックは2つあるけどテン泊用の大きい方はまだ使ったことがなくて、だから実質1つ。というのが初登山のために用意したモンベルのチャチャパック35L。
今でも無駄に荷物多いって言われるけど、初期の頃に比べればかなり荷物減ったんです。そうしたらこのザックだとだいぶ容量が余ってしまってバランスが悪くなってしまって。重いものは上の方に配置できるようにザックのそこには100均で買ったプチプチを何層か積んで底上げしてました。
無駄に大きいザック使ってるとその分無駄な重さを負担し続けなきゃいけないので、だいぶ前から小さいザック欲しいなーって。

でですよ、いくつか物色してたらファウデ(VAUDE)とグレゴリー(Gregory)の24Lがまず目について、ファウデって有名なの?俺登山関係のブランドには疎いほうでぜんぜん知らなくって。だったらグレゴリーのほうがいいかなって。色も赤系で好み!

本当は20Lくらいまで容量を落としたかったんだけど、本当に荷物入るんだろうかとビビってしまった俺は安心料として+4L買うことにしたw
アウトレットだしお値段もネット上よりも安い。これは運命の出会いですよ!

というわけで購入したのがこれ。グレゴリーのミウォック24L。旧モデルなので旧ロゴ。

うふふ、早く使いたい。

↓使った図
グレゴリー ミウォック 24L

元々の予定であったキャップも一緒に購入してマイホーム(居候先)に帰宅。

とにかく誰かに見せたい。家主様がお仕事からお戻りになられたのでミウォックをジャーン!と。
前日の雨飾山に使ったザックから荷物を取り出してミウォックに詰め込んで背負ってみたけど何かバランスが悪い。
家主様にパッキングが下手と罵られ(kyompiはドM)、ミウォックの中身全部出して詰めなおしてもらって、「おお!」となるバランスに。おまけにこれいらないこれもいらないと荷物を削られ、「おお!」というコンパクトさに。いやほんと家主様すごいです。尊敬でございます。

翌日の唐松岳登山はミウォック初戦!家主様のお陰でとても快適なザックになったところでこの日は就寝なのでした。

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

「やだベニテングダケかわいい・・・///」 山日記 vol.11-1日本百名山 雨飾山(梶山ルート)の続き。山頂で贅沢すぎるランチ陣取ったポジションとその景色はこんな感じ。いいねぇいいねぇ。山に来たって感じ。とりあえず湯を沸かして、マイホーム(居候先)で家主様に恵んでいた ... 続きを読む

山頂で贅沢すぎるランチ

陣取ったポジションとその景色はこんな感じ。

雨飾山 山頂 パノラマ

いいねぇいいねぇ。山に来たって感じ。
とりあえず湯を沸かして、マイホーム(居候先)で家主様に恵んでいただいたミニカップ麺を食す。

雨飾山 山頂 ランチ カップ麺

その間伝説NatureGirlと岩専ゆうは食パンをゴソゴソと。

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

そう、ホットサンドを焼いていた!

家主様んちで聞いたんだけど、以前マツコ・デラックスの番組でホットサンドに色々挟む回があって、今回挟んだものにはそこから肉じゃがなども。

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

あとはチーズだったり、岩専ゆうが自作した豚の角煮だったり。
食材がもう豪華すぎるし、岩専ゆうがどこからか調達した黄金の皿。本人曰く「王の皿」。マジでどっから調達したww

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

たっぷりのチーズ感がとても美味しそうだったのでこれは絶対にブログに載せるぞと思って王の皿にホットサンド乗せてとったんだけどさ

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

王の皿の主張が強すぎてホットサンドがよく見えないwww
写真撮ったその場で王の皿の威力に笑ったw

 

下山開始

ポンポンマックス(お腹いっぱい)になったので下山するよ!
山頂についたときはたっくさん人がいたのにゼロになったw

登ってきた道を上から見るとこんな感じ。巻機山の柔らかげな稜線よりももう少しモサモサゴツゴツした感じ。
これはこれで好き。この山かわいい。 

雨飾山 女神の横顔

言われて気づいたんだけど、この景色が女神の横顔って言われてる。わかるかな?
↓のような感じ。

雨飾山 女神の横顔
 
ちなみに伝説NatureGirlによると、だんだんあごがしゃくれてきているらしい。

13時36分、下山スタート。
山頂下は岩々しい急登エリアだったんだけど、俺の足の天敵のような道。ちょいちょい痛むしすっごい時間かかったorz
岩々しい道じゃなければ結構スピーディに歩けるのに。あ、ちなみにこの日は登山開始前にすでにロキソニン飲んでたw

13時54分、分岐に到着。

雨飾山 分岐

14時39分、中の池。

雨飾山 中の池

16時10分、登山口。

雨飾山 登山口

下山後

ふふ、買ったよ!!雨飾山のピンバッジ!!
二日前に来たときに絶対登って買ってやると思っていたピンバッジ! 

日本百名山 雨飾山 ピンバッジ

いやー満足満足。たーのしかった!
でも下山序盤から左足をかばい続けていた右足の膝が大爆笑を初めてやばかった。
あんなに下山が辛かったのは初登山の富士山以来だったのでした。

ペース遅い俺に合わせてくれた伝説NatureGirlと岩専ゆうのお二方に感謝を。

伝説NatureGirlのログはこちらよりどうぞ。
> 9月二度目の雨飾山 

雨飾山 コースタイム

怪我人の俺でこのペースなので、たぶん普通はもっとヒョイヒョイ行けそうな感触。

計: 7時間15分
往:約3時間半
復:約2時間半
09:01 登山口発
11:04 中の池
11:54 分岐
12:21 雨飾山山頂着
13:36 雨飾山山頂発
13:54 分岐
14:39 中の池
16:10 登山口着

雨飾山 登山 ステータス

雨飾山 場所



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

最後に山登ったのいつだっけ・・・というくらい登ってませんね。本当に登山ブログなのこのブログ。登山カテゴリで登山以外の記事書いてたらカテゴリランキングの1ページ目まできちゃったけどほんとすいません。テヘペロ(・ω<)そんなわけで久々の山日記です。登山履歴による ... 続きを読む
最後に山登ったのいつだっけ・・・というくらい登ってませんね。本当に登山ブログなのこのブログ。登山カテゴリで登山以外の記事書いてたらカテゴリランキングの1ページ目まできちゃったけどほんとすいません。テヘペロ(・ω<)

そんなわけで久々の山日記です。登山履歴によると最後に登ったのは2016/07/10の巻機山が最後だから2ヶ月とちょっとぶりか。行こう行こうとしてたけど天気や台風などのタイミングが悪かったり、退職の飲み会ラッシュだったりですっかりご無沙汰。完全に体鈍ってたよね。でもずーっと山に来たかった!


そして2016年9月25日、日本百名山 雨飾山登ってきました!新潟界隈の山で伝説になりつつある登山狩猟ガールのNatureGirl (取材するなら今のうちからが吉ですよテレビ局さん!) と最近はもっぱら岩専のゆうと。
マイホーム(居候先)からも見えるこの雨飾山。冬に来たときも田植えに来たときもいつもかっこよく見えていたこの山。ずっと登りたかった念願の山。雨飾とか字面もかっこよすぎる。

雨飾山荘から登山開始

9時1分、「雨飾山荘ではんごろしラーメンを食す」の雨飾山荘の登山口からスタート。
 
雨飾山 登山口

雨飾山 登山口

雨飾山山頂まで4時間。
 
雨飾山 登山口

薬師尾根。
 
雨飾山 薬師尾根

これは若いサルノコシカケなのだろうか。
*キノコ先生によるとアイカワタケ

雨飾山 サルノコシカケ

根っこ根っこした山道。イイ。

雨飾山 山道

ベニテングダケ。かわいい・・・。ベニテングダケにはイボテン酸ってのが含まれていて、これが超絶に旨いらしい。でもそれがこのキノコの毒成分。このイボイボは洗えば取れるし、1本じゃ死なないらしい。でも良いトリップはできないとか。

雨飾山 ベニテングダケ

ゆうが「うわっ」と声を上げた先にあったのがこの木。ツキヨタケらしい。これ発光するのか!見てみたかったなー。もう少し遅い時期だったらムキタケだったかもらしい。

雨飾山 ツキヨタケ

アップにする。キノコに占領されてる。ここまでくると気持ち悪い。
 
雨飾山 ツキヨタケ

10時21分、一ぷく処。コースタイム通り。

雨飾山 一ぷく処

雨飾山 一ぷく処

ぐにーんって。この辺の木は雪の重みで不思議な曲がり方してるものが多いけど、こんなに回り込むものなのか。
 
雨飾山

傘開いちゃってるのかもともとこういう形なのかわからないけど立派なキノコ。名前はきっといつものキノコ先生が教えてくれる。
*キノコ先生によるとテングダケ 

雨飾山 キノコ

たぶんツルリンドウの実バージョン

雨飾山 ツルリンドウ 実

中の池手前は道がグッチャグチャにぬかるんでおった。
 
雨飾山 中の池周辺

11時4分、中の池。奥に池があったらしいけど俺は足が痛いので登ることだけに集中。
 
雨飾山 中の池

雨飾山 中の池

ここから岩々しい道が・・・。俺の左足は特定の方向に曲げると痛む状態なので、そっちに曲がらないよう足場ガン見しながら進む。

雨飾山 山道 岩
 
11時54分、尾根に出ましたぞ。山頂まであとちょっと!

雨飾山

雨飾山

もしかしたらこの山も稜線可愛いかもしれない。
 
雨飾山 稜線

谷ー!ここの紅葉見たかったな。
 
雨飾山 谷

続けて登って登って・・・
 
雨飾山 山頂

12時21分山頂到着。1963m。日本百名山雨飾山山頂!
 
雨飾山 山頂

雨飾山 山頂

いやーよくやった俺。こんな足で山に入るなって話ですが。頑張った。

長くなったのでランチから先は次回の記事で。
 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ