カテゴリ: 読書

実用書ばかりじゃなくて小説も好きなんです実は。今回は白河三兎(しらかわみと)の2013年6月26日出版の「君のために今は回る」。メフィスト賞受賞したことのある作家は好み率が高い。主に辻村深月効果だけど。実はこの本は俺が買ったものではないんです。何年か前に会社で俺の ... 続きを読む
29

実用書ばかりじゃなくて小説も好きなんです実は。

今回は白河三兎(しらかわみと)の2013年6月26日出版の「君のために今は回る」。
メフィスト賞受賞したことのある作家は好み率が高い。主に辻村深月効果だけど。

実はこの本は俺が買ったものではないんです。
何年か前に会社で俺のデスクにこれが置いてあって、誰か置いたまま忘れてっちゃったのかなと数ヶ月放置するも一切引き取り手が現れず。
ずーっと素敵な表紙が気になってて、可哀想だったのでそのまま引き取りました。
んでそこから更に数年放置したわけですね。ようやく読んだ。
いやー久々にフィクション読んだけど面白かった!

キーワードは「おっぱい、乳首事件、焦らし、モノマネ、収束」あたり。

以下抜粋。好きなところ。

「あのー、今夜開いていたらあたしにお酒をおごってほしいんです。ダメですか?」
「厚かましいわね」
「はい。失恋して先生のストレスや礼儀を気にする余裕が無いんです。懐も寂しくて」
「そういう性格はきらいじゃないわ」「今日はここでおしまい。さあ、飲みに行きましょう。」
「全部片付くまで待っていますよ」
「いいの。部下のストレスを解消するのも上司の大事な仕事よ。ワインの一本や二本で明日から笑顔で働いてくれるなら安いもの」
こういうお互いサバサバしたやりとり気持いいねw
上司かっこいい。
いつだって恋は当人の都合を考慮しないんだから、立て続けに失恋することもある。
愛情の目盛りは注ぐ側、振り撒く側にしかついていない。受ける側には量を測る術はない。否応なく受けるだけだ。だから感謝の念の持続力が弱いのだろう。
「あなたは人を信用していないのね」
「自分の目の前にいる人のことは信用している」「でもそれって自分の独りよがりで信用しているってことだよね。だったら、向こうが僕の信用に答えなくても、悪いのは勝手に信用した僕だ」
「それは信用していないことと同じよ」
「どこが?」
「あなたは信用を人に押し付けていないから。最初から私に裏切られることも守備範囲に入れて付き合っていたのよ。」
「それは心構えの問題かな。ほら、『普通の何でもないゴロだ』と思って取ろうとするのと、『平凡なゴロだけどイレギュラーすることもある』って備えて補給体制に入るのとじゃ、いざって時の反応が異なるじゃん」
「やっぱりあなたは自分のことも信用してないのね?」
これは刺さった。深くは言うまい。
「私の恋愛は人を不幸することがあるから」
恋愛なんてそんなもんです。それが嫌と思っていたけど、そうなるもんならしょうがないんじゃないか。と、最近思ってきた。



おお・・・俺こんなのも読んでたのかと驚いたw当時は話題になってたんだったかな。自分が今成功しているのはお金お金じゃなくて誰かが喜んでくれることを楽しんだ結果なんだよ、常識なんてものにはとらわれずやりたいことを死ぬ気でやれというお話。 以下抜粋 3つの別々の店 ... 続きを読む
ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する(島田紳助)

おお・・・俺こんなのも読んでたのかと驚いたw
当時は話題になってたんだったかな。

自分が今成功しているのはお金お金じゃなくて誰かが喜んでくれることを楽しんだ結果なんだよ、常識なんてものにはとらわれずやりたいことを死ぬ気でやれというお話。

以下抜粋

3つの別々の店の麺とスープと具を寄せ集めれば、他のどこにもない最高のラーメンができるという発想は、むちゃくちゃ甘い素人考えだ。しかし、その素人考えで突き進んだからこそ、麺とスープと具には相性とバランスがあるということを、彼は身を持って学ぶことができたのだ。
まずやってみればその対価として大きなきっかけや経験値を得ることができるということ。
お客さんの目から見たら、楽しそうに仕事をしている従業員が、どれくらい気持ちいいものか。一所懸命に働いて、誰にでも感じが良くて、機転のきく店員さんを雇いたいと思うのは、どの経営者でも一緒だ。
俺を雇えばいいんじゃないかな!
世の中には100%のいい人もいなければ、100%の悪い人もいない。
5人の店員が5人共、いつも気持ちのいい笑顔で働いているような店がもしあったら、それだけでもその店に行ってみたいと思いませんか?
行きつけの店はこんな感じ。やっぱ通っちゃう。
"死に物狂い"という言葉がある。ビジネスに限らず、どんなことでもそこまでやらなければモノにはならないと思う。逆に一度でも死にものぐるいの経験をしていれば、その後にどんな逆境が来ようとも、絶対に乗り越えることができる。
とはいえ死に物狂いなんてそう簡単になれるものじゃないし、だからそうせざるを得ない状況に追い込むところです今。どうなるんだろw
ビジネスの相棒として、素人と経験者とどっちか選べと言われたら、僕は間違いなく素人を取る。理由は明快。素人は常識にとらわれていないからだ。
直近の仕事は素人の方を相手にすることが多くて、発想が豊か。そのお陰でそれをどうやって実現するかを考え実現し続けた結果、かなりの成果が出てる。手元しか見えてない馬鹿な上司に成果全部無視されて追い出されたけど。今後はその成果が保てないよと予言しておいてやろう。だってそれを一番やってたの俺だもの。
お好み焼きのことは、お好み焼き屋に訊くのが一番早いというあまりに単純な発想で。
これは積極的に取り入れよう。
もちろん僕は野呂に発破をかけて、「そこでお前が東京一になれ」と行った。だけどほんとは一番か二番かはどうでもいい。人間には好みというものがあるのだから、東京で一、二を争うお好み焼き屋が、近くにあることが大事なのだ。
隣り合った同業の店は、敵ではない。よきライバルなのだ。
今まで無かった視点。言われてみれば納得。
素人であること、何も知らないことは、マイナスなんかじゃない。それは経験者が絶対に手にすることができない、強力な武器でもある。
たとえば洋服屋をやるなら、問屋やメーカーにある程度の借金を作っておいたほうがいいということ。季節の人気商品はすぐに品薄になる。洋服屋は皆欲しがるから、これを手に入れるのはものすごく大変だ。けれど問屋の側に借金を回収しなきゃいけない弱みがあれば、不承不承でもこちらの無理を聞いてくれる。借金を作っておけば、引っ張りだこの人気商品を回してもらいやすいというわけだ。
そうなのかー!こんな仕組みがあったのかー!
夜中に必死で書いたラブレターを、朝になって読み返し、恥ずかしくなって破いた経験はないだろうか。熱い気持ちのママ、読み返さずにポストに入れたほうがいい。
鉄は熱いうちに打て精神。正しいと思う。
なにかをするときには、壁に当たることを恐れてはいけない。いや、恐れてもいいのだけれど、当たるからやめようではなくて、当たるから当たっても大丈夫なように準備をしておけばいいのだ。
やろうと決めたらまずスタートすることだ。
スタートしたら、まず徹底的にリサーチをする。どうすれば成功するか、成功するには何が必要かを考えるのだ。
とりあえずスタートすること、当たる前提で準備。



 

タイトルからも分かる通り、スマートフォンが普及する前の書籍ですね。 行動した先には必ずチャンスがあります。逆に行動を起こさなければ、環境も自分自身も現在のママ生きていくのですから、大きなチャンスは絶対に訪れません。 行動によって失うことよりも、得る ... 続きを読む
すぐにケータイをかけなさい!

タイトルからも分かる通り、スマートフォンが普及する前の書籍ですね。
行動した先には必ずチャンスがあります。逆に行動を起こさなければ、環境も自分自身も現在のママ生きていくのですから、大きなチャンスは絶対に訪れません。
行動によって失うことよりも、得ることのほうが確実に多いのですから。
何もしなければ良くも悪くも現状維持だからね。たまに維持すらできない状態にもなるけどw
今、自分の心に不満や不平がある人は、自分の環境や生活パターン(行動)を変えられていない人です。
今は過去の自分の結果なのです。それはいつも思ってる。しかし今に満足する人っているの?満足したら人生終わりだと思うんだけど。
短時間に集中して取り組むと、かえっていい仕事ができたり、新しい着想が得られたりするものです。時間があると思ってズルズルやっていると、平凡な仕上がりにしかなりません。
が、がんばります・・・。
大原則は自分が素直に「重要だ」と感じる仕事を優先することです。一番やりたいことからやればいいのです。やりたいことをその瞬間にやることのほうが、やらないであれこれ考えているよりもずっと有益です。
まずはやってみること。やってみて、その先に結果が出てくれば、必ずもっと良い方法はないかと考えたくなるものです。そうしたら、そのときに必要な学習をすればいいのです。
個々数年やりたいことしかやってませんね!やっぱりその場その場で必要なものが出てくるからその時考えることが多いかな。
たとえ新しくチャレンジしたものがつまらなかったとしても、「それがつまらない」という知識を得ることができます。
「それがつまらない」が知識に当たるものっていう視点は無かったなぁ。
完璧主義は意味がありません。決して否定するわけではありませんが、全てにおいて百発百中はありえません。
完璧主義なので頑張ることを辞めました。
苦しみや辛さ、痛みは次の幸せの準備なのです。
辛いのはいやだから常に一定でいいと思っていたこともあるけど、それだと面白く無いんだよね。スリルが無いと日常がつまらないみたいな。
いい時がアレば、悪い時もあります。人間はそういうメカニズムで生きているのです。
人生は、成功のエピソードより、失敗のエピソードのほうが面白い。そして、そのエピソードが、誰もできないくらいの体験なら、なおさら面白いのです。
おーw
俺ちょうど今なかなかできないエピソードを描きそうですw
今の世の中、常識を持って生きているということを、勘違いしている人があまりに多すぎます。教えてくれている人、影響を受けている人など、自分の周りには、自分と同じレベルの人がかならず集まるのですから、そこどえ得た常識は常識になっていないということに気づいてください。そもそも、常識という概念が、至高を限定させ、その結果、行動も限定するのです。常識は、誰かが勝手に作ったルールみたいなもの。そんなルールで自分の人生を縛り付けるのは、あまりにも寂しくないですか。
ツンデレ相対性理論に載ってたアインシュタインの「常識とは十八歳までに身につけた、偏見のコレクションのことを言う。」と同じ。
スプリングを上から抑えているようなイメージです。プレッシャーがかかればかかるほど、開放された時の飛躍が違うと考えてみてはいかがでしょうか。
プレッシャーを受けてるイメージが縮まったスプリングか。なんだか新しい発見感。
相手を知るということをしないと、情報は旨く伝わりません。逆に、その人の価値観に合う方法で伝えてあげれば、自然にそれを受け入れてくれます。情報が全て伝わらないからといって諦めるのではなく、何か一つでも素直に聞いてくれそうなことを、形や言い方を変えて伝えることが大切です。
会話ができる人なら俺もそうしただろう。
自分と正反対の立場の人を見ると「君はそんな性格だからいけない」「行動しても無理だ」と決めつけてしまいます。そのような思い込みが、相手にいらぬ圧力をかけ行動できなくしてしまいます。相手の行動の機会を奪っているのです。
トップダウンも押し付けもいけません。それは相手の個性を殺してしまうことになります。人にはそれぞれの魅力や勝ちがあり、それを最大限に活かすという発想で人間関係や組織を組み立てることが大切です。
自分の考え方が正しいと思っても、それは自分が育った環境や教育の中でだけ正しいことで、あらゆる人に適応できることではないのです。自分の正しいルールと他者の正しいルールは一緒ではないことを受け入れてください。
こういう人間が役職者とかだと本当に最悪。
自分のやり方が正しいと決めつけてかかり、各々の個性や適性全無視し、部下のポテンシャルを下げる才能に満ち溢れている。全員が不幸になったといういつぞやの経験。
相手のために行動していれば、必ずその人は自分から近寄ってきて、その人を引き上げてあげたい、すばらしいパートナーになってあげたいと思うものなのです。
やりたいことを、好きなことをってやってたら結果的にこうなるパターンが多い気がする。俺がそうしたいからそうしてるだけで、見返りも求めてないけど何かチャンスが近づいてくる。
「全部ぶち壊せる」くらいの気持ちがないと何もできません。実際に全部ぶち壊したとしても、悪い結果は想像だけであって、現実は必ずしも悪くならない場合がたくさんあります。逆に全部失ったら、自分の理想に対して再スタートできるチャンスなのです。
まさに今の状態。全部ぶち壊したのでこの機会に邪魔な要素は全て排除してやりたいことをもっとやるのです。
幸いそうできる環境が今はある。
玉虫色でまとまることよりも、思い切って何かを捨てて、自分を軽くしてみればいいと思います。近くにある者は毎日見ているから気になるだけで、なくなってしまったら意外に気になりません。一度捨ててしまえば、自然に忘れてしまうものです。
この手の書籍はだいたい似たようなことを言っていて、千円札は拾うな。でもそうあった。個人的な経験で言うと、時間が足りなくなって何かを削らなければとなった時に数年RSSで購読していたはてなブックマークのホッテントリを削除してみたんだけど、気になったのは最初の数日。もう気にならない。あれは情報を得るというより嗜好性が高いから捨てることのデメリットはそんなに無かったし。



どうして過去の俺はこの本を買ったのか謎ではあるが、本棚整理してたら出てきたので読んでみた。なんだろツンデレに惹かれたんだろうか。ツンデレ好きだし。 ... 続きを読む
ツンデレ相対性理論

どうして過去の俺はこの本を買ったのか謎ではあるが、本棚整理してたら出てきたので読んでみた。
なんだろツンデレに惹かれたんだろうか。ツンデレ好きだし。

続きを読む

この世の中には企業再生プランナーなんて仕事もあるんだなと知った書籍。小説形式でスラスラ読み進めることができて、ジャケ買いして外れ引いた小説よりも全然面白い。 ... 続きを読む
会社再生ガール

この世の中には企業再生プランナーなんて仕事もあるんだなと知った書籍。
小説形式でスラスラ読み進めることができて、ジャケ買いして外れ引いた小説よりも全然面白い。


続きを読む

最近はなかなか本を読まなくなったけど、何年か前までは結構読んでた。全部iPhoneが悪い!俺から読書時間を奪っていったwその頃の名残で数年積まさってる大量の本たちと、読み終えた本たちがいて、ちょうど不要な荷物を減らそうと思っていたのでこの機会に全て読みなおすこ ... 続きを読む
最近はなかなか本を読まなくなったけど、何年か前までは結構読んでた。全部iPhoneが悪い!俺から読書時間を奪っていったw
その頃の名残で数年積まさってる大量の本たちと、読み終えた本たちがいて、ちょうど不要な荷物を減らそうと思っていたのでこの機会に全て読みなおすことにした。
読み終えたものには大抵ドッグイヤーがついていて、その時大事だなと思ったところなんだけど、今読むとそうでも無かったり、ドッグイヤーがついていないところのほうが響いてきたり、当時よりも色々な経験を積んで変わってきたんだなと実感してみたり。

んで手始めに薄い本からと思って見えるところにあった安田佳生さんの「千円札は拾うな。」を読みなおしてみた。
株式会社ワイキューブの代表だった方の著書だけど、このあとワイキューブは潰れてます。が、たぶん人生上での一つのイベント程度って感じじゃないのかなと読み終わって思いましたとさ。

今後読書エントリをポツポツ書いていくけど、書評とか言うもんじゃないです。俺が数日後、数年後に見返すためのただの感想とメモです。 

抜粋の内容は画面を見ずに書籍を見てタッチタイプしてるものなので表記ゆれとか変換ミスとかありそうだけど気にしません。ブログ書くならそういう気楽さも大切なんだとここ数年間で覚えました。という言い訳。 

「千円札は拾うな。」よりポイント抜粋。

「忙しくて休めない」「仕事時間は減らせない」という人は、私に言わせれば仕事の量に対して仕事時間が中途半端に足りないのがいけない。
中途半端に足りないと、人は「休日出勤すればなんとかなる」と思ってしまう。そして実際に、休日出勤でなんとかなってしまう。これがいけないのだ。
ああ・・・これは痛い本当に耳が痛い。
頑張ってもどうにもならないとわかると、人はがむしゃらに頑張るのをやめ「頭を使う」ようになる。
本来は、人はだれでも必ず成長することができる。成長できないとしたら、それは今まで積み上げてきた「自分」を捨てることができないのだ。
毎朝全社員で掃除をするという中小企業は少なくないが、社員に掃除をさせている社長は、掃除が貴重な労働時間を奪っているということに気づいていないのだろうか。
あったあったこんな会社。愚かな社長だなとは思ってました。
ビジネスは、頑張って努力して百メートルを九.五秒で走るより、全く別の方法で百メートルを五秒で移動したものが勝つ世界なのだ。
我が社でも、一年間同じサービスを受けて、すごくよかったと行ってくれる人と、全然良くなかったという人がかならずいる。この「よくなかった」と言うお客さんが事前にわかり、こちらから断ってしまうことができれば、残りは満足してくれるお客様だけになる。
そうなれば、当然、顧客満足度も上がるし評判も良くなる。さらにはその評判を聞いた新しいお客様が増えてくというわけだ。
世の中にはさまざまなノウハウがあるが、ノウハウというのはブランドがないと売れないということに気づいていない人が多い。
雑誌や新聞から取材され、生地なることが、そのままブランド構築につながっている。
変化をどのぐらい自分の生活に取り入れていけるかは、個人差がとても大きい。十年一日のごとく変化しない人もいれば、めまぐるしいほどに変化し続ける人もいる。では何がその違いを生んでいるのだろう。私は「捨てられるものの量の違い」だと思う。なぜなら変化するということは、それまで持っていたものを捨て、新しい物を受け入れるということだからだ。
つまり「捨てられるものの量」がその人の「変化値」をきめている
それで言うと俺は変化値高いほうなのかなー。現状に満足できないのは今やっている何かの集合のせいなので、いつも次は何を捨てようか考えてる。
そして、ちょうど今大きなものを一気に捨てようとしてるところだった。今この本を読んだのは運命的なタイミングを感じるよね。
良くも悪くも、近い未来で大きな変化が訪れるのはもう確定してる。
新しい物を取り入れていく時絶対に必要なのが、今までのものを一度「捨てる」ということである。多くの人は、新しい物を取り入れるということは、プラスアルファだと思っている。しかし現実にはプラスアルファで、新しい物を持つことはできない。いま持っているものをすてて初めて、新しい物を持つことができるのだ。
決断というのは、「やる決断」より「やめる決断」のほうが難しい。それは、現状を変えることに対する恐怖があるからだ。
そうねぇ。怖い。でも今思うのは、自分を追い込んだときに自分がどう動くかということへの興味が勝ってる気がする。
この「捨てる」ということについて、いろいろなものを捨ててきた経験からひとつだけアドバイスができるとすれば、そのときはとても大事だと思ったものでも、手放ししてみると意外と「あんなものを大事にしていたのか」と思うことのほうが多いということだろう。
これは本当にそう。人は忘れるし慣れる動物なので捨てられない本当に大事なものって実はそんなに多くはないと思う。