タグ:カピバラさん

2016/11/15 旅26日目です。福岡市出発5時45分、起床です! ちなみにあとから聞いた話では柿右衛門は5時半起き。俺より遅く寝たのに・・・><前日に用意しておいた軽食を食べ、荷物を片付けて出発!ちなみに洗濯物は大体乾きませんでした。登山ウェアは化繊なので乾いてたん ... 続きを読む
2016/11/15 旅26日目です。

福岡市出発

5時45分、起床です! ちなみにあとから聞いた話では柿右衛門は5時半起き。俺より遅く寝たのに・・・><
前日に用意しておいた軽食を食べ、荷物を片付けて出発!
ちなみに洗濯物は大体乾きませんでした。登山ウェアは化繊なので乾いてたんだけど、綿系が全滅。濡れているものをスーツケースに入れるわけにもいかないので、袋に詰めて別でもってくことに。いいの!友人の前で着るものだけ乾いてればその日はなんとかなるもの!

柿右衛門宅へ迎えに行き、高速に乗って長崎県へ向かう。そうそう、この日の目的の山は雲仙岳の主峰普賢岳です。
福岡住まいの柿右衛門も行ったことがないと言っていたし、他の候補山は天気の予報が悪すぎてここに行くことになりました。(由布岳も登りたかったんだけどなぁ。)
ちなみにこの柿右衛門、オフラインで会うのがこの日で3回目なのでどういう服装で来るのか全くわからず、停車した車の中で「あ、きたかな?」と手を振ったら全くの別人で、その直後逆方向から現れるというとても恥ずかしいプレイ。たぶん見られてないと思うけど・・・(恥

食べてるときのひもじそう幸せそうな顔が素敵なこの柿右衛門、忙しすぎて昨晩から何も食べてないということで早く何か食べさせないと餓死しそう。でも市内は車が多く中々動きづらい。高速で車の台数が減ってきた頃に金立SAに寄って朝食の買い物。をしようとしたけどまさかの柿右衛門所持金200円。ATMも無くて「気の毒な子・・・(´・ω・`)」と思ったり。kyompiさんも鬼ではないのでちょいと貸しを。

各々朝食を買って再び走り出す。福岡市内近辺さえ抜けてしまえば平日だし高速もスムーズ。長崎県まで楽々ドライブです。
しかーし、諫早ICで高速を降りたんだけど、高速降りたらもう山の近くかなと思っていたらここもなかなか交通量が多いところで時間のロスが発生。通勤ラッシュの時間帯にひっかかっちまった。なんてこったい。山道に入っても遅い車に捕まってしまってちょっと時間がかかってしまった。

今回のルートは時間やその他の状況を見て若干削れるようにはしておいたので問題なし。ふふ、珍しく今回はバッチリ下調べしてますからね!
しかし目的地に近づくに連れ濃いガスがあったりなかったりでだんだん不安に。

雲仙ロープウェイ~妙見山

雲仙ロープウェイの駐車場に到着。登山者はここに停めるのは避けて欲しいみたいだったけど平日だったのでそのまま停車。


しかし濃いガスで薄暗い。

雲仙岳

これを登るかどうかってところでちょいと悩んで登山続行。昼過ぎには晴れる予定でしたし。
予想外の渋滞などでスタートが若干遅くなってしまったのでロープウェイで一気に上がってしまうことに。歩いて登るつもりだったんだけどなー。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

カラフル柿右衛門。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

ロープウェイからの景色はほぼなし。ただただ白かった・・・。
ロープウェイを降りたら妙見山山頂。縦走予定だった一つ目の山頂まで着てしまったぜ。早い。

雲仙岳 妙見山

妙見山~国見岳

そこからゆっくり国見岳を目指す。柿右衛門は一年ぶりの登山だったので無理なく登れるように。

雲仙岳

妙見神社を通過。

雲仙岳 妙見神社

横を見るとそこには素敵な展望が。ない。灰色。灰色一色。

雲仙岳

道も細く、濡れた笹が体にあたる。

雲仙岳

国見岳山頂近く。濡れた岩肌が滑る・・・。っていうかガス濃すぎ。

雲仙岳

急なところも多く、鎖があっても慎重に慎重に。

雲仙岳 国見岳

国見岳山頂到着。ガス晴れませんでした。なんてこったい/(^o^)\

雲仙岳 国見岳

山頂のでかい岩に金属の杭が刺さっててそれに錠がついてたんだけどこれは何だろう? 何かが・・・封印されている・・・!

雲仙岳 国見岳

国見岳~普賢岳

山頂にいた先行者が国見岳でガスが晴れるのを待っていたけど、聞いてみたらしばらく晴れていないとのこと。見送ってもらって次の目的地の普賢岳へ出発。
たまに明るくなってきたりして二人で「晴れそう晴れそう!」とか行ってたけど全部フェイントw

鬼人谷口を通過。

雲仙岳 普賢岳 鬼人谷

すぐそばの紅葉茶屋を通過。

雲仙岳 普賢岳 紅葉茶屋

濃いガスの中、緑色の苔に薄っすら濡れた赤い紅葉。画になりますなぁ。

雲仙岳 普賢岳

あ、あれ! カピバラさんじゃないですか! 擬体スキル上がったんじゃないですか!

雲仙岳 普賢岳

岩々ゾーンを抜けて・・・

雲仙岳 普賢岳

普賢神社お賽銭口って書いてある何か。

雲仙岳 普賢岳 普賢神社 お賽銭口

普賢岳山頂到着! 風が強すぎて押さえてないとたぶん飛ぶレベル。ガスもすごい勢いで抜けていく。

雲仙岳 普賢岳

山頂は気温的には耐えられないほど寒くはないんだけど、とにかく風が強くて体感温度がかなり低かったはず。外人さん普通に半袖で飯食っててマジかよと悔しがる道産子kyompi。負けた。悔しい。

雲仙岳 普賢岳

山頂で昼食を取っていた方に写真を撮ってもらって、休憩にするには山頂は風が強すぎるのでちょっと下ってさっきのお賽銭口のところで休憩。やっぱり食べてるときの柿右衛門を見ていると面白い。こんなに真剣な表情でmgmgする人って珍しいと思うの。鬼気迫るというか。さすがに写真は晒せないけど。

風もあり日も当たらずに想定以上の寒さだったけど、インスタントコーヒーを持ってきていたのでそれであたたまり。柿右衛門は足が疲労気味だったのでもうちょいまったり。ソロで登ってるとこんなに山でまったりすることはなかなかなくって、これはこれで楽しかった。

普賢岳~下山

休憩を終えて下山を開始。

もともとは普賢岳を周回ルートで回ろうと思ってて、でも天気が微妙だから先に普賢岳行ってから回るかどうか決めようかって話をしていたんだけど、ルートの一部がまさかの一方通行で周回ができない。できるっちゃできるんだけどかなり戻らなきゃならない。うわー事前調査で気づかんかった。この天気で長居はしたくはなかったので周回ルートは諦めて、でも行ける距離に西の風穴があったからそれを見に行くことに。
ガスで濡れた岩がよく滑るので注意深く歩く。ガスっていうか小雨に近いレベルだったので二人とも髪濡れてたり。レインウェア出すほどではないんだけど・・・。

西の風穴に到着。

雲仙岳 西の風穴

雲仙岳 西の風穴

西の風穴は溶岩洞窟で、マグマが冷えて小さくなる際にできた割れ目。入り口は人の手が入ってるけど。
夏でも洞窟内の温度は4度!

さて、下山はどうしようかなと。当初の予定では歩いて下るつもりだったんだけど時間や状況見ても歩くという選択肢はちょっと厳しいかなとロープウェイで下ることに。

歩きながら時折陽が差してきたりなんかして、でも二人はもう散々騙されてますからね。どうせ晴れないでしょと言いながら本当に晴れない。ふふ、俺達はもう騙されないぜ。

妙見神社に到着する頃には柿右衛門の生気もどんどん薄れて・・・ほぼ幽霊のように。うそ。ガスが濃く。

雲仙岳 妙見神社

ロープウェイに到着してチケットを購入し、ロープウェイ乗り場で待ってたら・・・晴れた。晴れやがった。なんてこったい/(^o^)\
係員のお兄さんにもうチケット渡してたけど晴れてきたので見てきてもいいですかと、ロープウェイから離れて展望台へ。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

全部が晴れたってわけじゃないけど、ガスの合間から紅葉がとても綺麗に見えたのでした。

ロープウェイからも。奥に平成新山も見えてるね。その名の通りまだ若い山。猛々しい。ガスってなかったらもっと見えたんだろうな。悔しい。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ 平成新山

そして登っていた山も見えてきた。こんな形をしていたのかと。ガスが濃くて山の形が一切見えてなかったからねw そもそもそこに山が会ったのかとかw

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

ロープウェイ発着場から改めて平成新山を。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ 平成新山

夕日に照らされる柿右衛門。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

駐車場に隣接されているショップでぜんざいをいただいた。エネルギー回復!

仁田峠 ぜんざい

車に戻って温泉へ移動しようとしたところ、きれいな夕日が!

仁田峠 夕日

あらやだ女の子と一緒にこんな夕日だなんてロマンチック★

仁田峠 夕日

仁田峠 夕日

とても素敵な夕焼けで、島根県の宍道湖思い出しちゃったな。宍道湖もまた行きたいなー。

たまたま近くを歩いていた人と話しながら登るってのはたまにあったけど、友人と一緒に山を登るなんて久しぶりだったのでとっても楽しかった! 先週福岡に来た日に一緒に呑んだけど、会って話したことがほとんどなかったってのもあって喋り足らず。たのしーw

さ、次は温泉です。続く!



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

2016/11/13 旅24日目です。この日は大崩山登山です。大崩山はNatureGirlに教えていただいた山でございます。道の駅 都城~大崩山登山口前日の晩は疲れすぎて久々に酒も飲まずに寝たんだけど、3時半位に目が覚めちゃって。起きちゃったし今なら道もガラガラだから行ってしまお ... 続きを読む
2016/11/13 旅24日目です。

この日は大崩山登山です。大崩山はNatureGirlに教えていただいた山でございます。

道の駅 都城~大崩山登山口

前日の晩は疲れすぎて久々に酒も飲まずに寝たんだけど、3時半位に目が覚めちゃって。起きちゃったし今なら道もガラガラだから行ってしまおうと大崩山の登山口を目指して道の駅 都城を出発です。


思った通り高速もガラガラで順調に進んだんだけど、山道に入ってからが大変だった。延岡側から入ったからたぶんR207かな。
道は細いし蛇行してるし落石あるしで寝起きの頭フル回転。普通車って運転手は酔わないけど、初めて酔ったw
そんなこんなで無事登山口へたどり着いて準備。


山頂でゆっくりするつもりはないのでここで湯を沸かしてサーモスへ投入。出発。

大崩山 登山口

大崩山登山口~山頂

大崩山登山口。

大崩山 登山口

大崩山 登山口

大崩山登山口にあった看板。

大崩山 登山口 看板

今回のルートはがっつり歩きたかったので大回りを計画しました。
この地図上で言うと登山口から下の林道に入って二枚ダキコース、大崩山山頂~上中下のわく塚のほうを回ります。

この登山口からは入らず、更に直進して林道に入ります。すぐにこんな川。角がない岩がゴロゴロ。

大崩山 林道 川

大崩山 林道 川

これからあの山を登るのか・・・と思いながら見てたんだけど、後から思えば全然違ったw
なんて山なんだろう。かっこいい。 

大崩山 林道

しばらくはこんな林道が続きます。

大崩山 林道

大崩山 林道

途中でこんなふうに道が崩壊。

大崩山 林道

岸壁からは水が流れ落ち。

大崩山 林道

紅葉にはちょっと早かったなぁ。

大崩山

きれいな石。こういう岩質は何ていうんだろう。たぶん遠い昔に理科で習ってそうだけどわからん!

大崩山 石

グラデーション。

大崩山 紅葉

トラックが不鮮明というかほぼ無いんだよね。こっちであってんのかなと不安になりながら進んでたら案内が。よかったあってる。

大崩山 二枚ダキコース

木をくぐりながら進み。

大崩山 二枚ダキコース

時々現れるケルンで道があってることを確認し。

大崩山 二枚ダキコース

ここが二枚ダキ登山口らしい。

大崩山 二枚ダキコース 登山口

大崩山 二枚ダキ登山口

ここから本格的に山道を登り始めるもルートが不明瞭。ピンクリボンなどの目印もそこに行かなければ見えないという不親切なものがとても多く、何度かルートロス。こっちのルートはマイナーなのか全然人もいないし不安でいっぱい。でもこのスリルがたまらない!

トラック無し。

大崩山 二枚ダキコース

この目印も相当近づかないと見えない。

大崩山 二枚ダキコース

岩には苔がびっしりで滑るし。

大崩山 苔

コロコロ変わる景色。今度は一面のガレ場。

大崩山 二枚ダキコース ガレ場

おっと、こんなところにカピバラさんが。こんにちは♥

大崩山 カピバラさん

しばらく歩くとヤブゾーン。

大崩山 二枚ダキコース ヤブ

道が細いので普通に歩いていても左右からヤブが刺さってくる。気づいたら顔面前にヤブの先端があったりで恐怖。こやつら枯れてるから普通に刺さる硬さになってる。脇腹に刺さったときは一人で大声でいってぇ!!と叫ぶなど。

大崩山 二枚ダキコース ヤブ

きのこかわいー!

大崩山 キノコ

そして突如濃いガスに包まれるkyompiさん。山頂を目前にして・・・orz

大崩山 二枚ダキコース ヤブ

ヤブが目に刺さりそうだったのでサングラスを装備して歩き続ける。もうやだ・・・と思いながら歩いてたらようやく大崩山山頂!きたー!

大崩山 山頂

大崩山 山頂

なお、ここからの展望はほとんどありません。ガスって無くてもありませんね!ちょうど昼食の時間帯に到着したんだけど人が一人もいないし、まぁいっかと思って「君の名は。」のスパークルをiPhoneの最大音量でかけてみたり。

大崩山 山頂 スパークル 君の名は。 カピバラさん

柿右衛門と呑んだ時に「スパークル」が好き!って言ってたのでどんな曲だっけと聴いてみたら気に入っちゃってずっとリピートしてたw
映画見た時に「前前前世」と「なんでもないや」は覚えてたんだけど、「スパークル」のことはすっかり抜けてて。いい曲なんだけど間奏が長すぎてカラオケに向かないという残念ポイントも。

この日の昼食はインスタントコーヒーとパン。どう考えても摂取カロリーを消費カロリーが上回るけど気のせい気のせい。
誰もいないので1人でデデーンっと岩の上に立って右手にパンを、左手は腰に。ガスった空を眺めながらパンmgmg。休憩や昼食時は一切座らないスタイル。

大崩山 山頂 昼食 パン カピバラさん

大崩山山頂~遭難を経て登山口

昼食休憩も終わって出発。周回するので大崩山山頂に入ってきた道の反対側へ進む。反対側は道幅も先程よりも広く、ヤブが刺さってこない。道もしっかりしていてこっちのほうが人が多いのかな?

大崩山 山頂

素敵。天国だ!!と思って歩いてたらやっぱりルートの目印が見つかりづらくてここでも何度かルートロス。
これどこでも歩けるように見えるじゃん。実際歩けるんだけどさ。写真中央のちょっと左にピンクテープあるんだけどこれはまだ親切なほう。この距離でも見えるから。でもここに来るまで迷うんだよ・・・。

大崩山

ハッ!雪虫!

大崩山 九州 雪虫

大崩山 九州 雪虫

大崩山 九州 雪虫

ここで確信を得たよね。雪虫は日本全国にいるんだと。だけど雪虫って認識されているのが東北の一部と北海道だけ。たぶん。 降雪量と関係があるのかな。

ちなみにソロで雪虫を捕まえようと追いかけたりしてると危ないやつ認定されるので注意した方がいいです。ラリってるようにしか見えません。 

またルートロス。正解は岩を登って直進でした。いやわからんってw

大崩山

ふおお・・・立派・・・。

大崩山

少し進むとまたルートロスですよ。後続の人たちの声が上からするので下りすぎたんだと気付いて登り返してなんとかルートに復帰。ひぃ。

大崩山

セミの抜け殻だ!かわいー!

大崩山 セミ 抜け殻

ロープを伝って下っていくけど、岩肌が濡れていてよく滑る。打撲やら擦り傷やら多数いただきました。ありがとうございます。

大崩山

ほっそい道を通り。

大崩山

梯子を下り。

大崩山

木をくぐり。

大崩山

何か名前が点いてた岩。

大崩山

ルートロスしまくったせいで日没の時間を意識しなければならない時間になってきて、展望台もすっとばすしこの写真が何をとったのかとか記録する間もなく。

若狭岩屋近くの川。転んだりで手の汚れっぷりが激しかったので洗うなど。

大崩山 川

こういう岩があったら木のつっかえ棒を立てかけたくなる気持ちはすごいわかる。よく見る光景。

大崩山 つっかえ棒

そして川に到着。出発直後と同じ感じの岩がゴロゴロ。

大崩山 川

大崩山 川

ここでまたルートロス。地図上では川の向こうに道が続いてるんだけど、それらしき目標は全く見当たらず。
この周囲を探索し、こっちは行ってないぞ!と気付いて進む。

「えっ」

大崩山 つっかえ棒

さっきの岩だ。これは通っていない道だぞと100%の確信を持って進んだのに通ってきた道を逆走していた恐怖ってわかります? こうやって遭難するのかと恐ろしくなった。

川に戻るとkyompiさん同様に遭難中のおじさんと遭遇し、二人で協力して更に周囲を探索。日没が迫っているので焦る焦る。ヘッデンはあるけど、明るい時間帯でルートがわからなくなる山でヘッデンが役に立つはずがない。なんとしても暮れる前に下山を完了しなければならない。

おじさんと相談しながらあっちの岩場を伝って向こう岸に行けるんじゃないかと中々デンジャーなルートに挑戦。おじさんよりはkyompiさんのほうが身軽なので先行して確認。川の中の岩だから濡れてて滑る。九州とは言え冬手前。街中よりは標高も高いし日も落ちてきた。川も結構深いし落ちると惨事なので必死に岩にしがみつきながら川の中ぐらいまで進むと向こう岸にピンクテープ発見。やっぱり近くまで行かないと目印が見えないわこの山。

大崩山 川

おじさんにピンクテープ見つけたよと教えて二人で向こう岸へ。

これがもっと早くに見つかっていればこんな苦労はしなかったんだぜ・・・。たぶんここで1時間半胃以上ロスしてる気がする。

大崩山 川 目印

おじさんと先を急ぐも何度かルートロス。ただでさえ見づらい目印が暗くなってきて更に見えない。見えない目印に何の意味があるのか。もう!

んで、なんとか二人でギリギリ日没前に下山完了。

大崩山 登山口

写真はISO感度がちょっと高めなので明るく写ってるけど、これ実際はもっと暗い。

おじさんと話しながら下山していたんだけど、おじさんは朝登り始めに川で携帯が水没。どこにも連絡できない状況だったらしい。「あんたがいてくれてよかった」と言われたけど、こちらこそおじさんがいてくれてよかった。ありがとう。助かった。

おじさんは家族に山に行ってくると言ったっきり連絡ができないという家族からすれば完全に遭難者になってたので、iPhoneを貸してあげて家に連絡。
家に連絡するおじさんを見ながら、kyompiさんここで遭難しても実家に住んでるわけじゃないしそもそも実家北海道だしいちいち山登るわなんて連絡しないし、自分の家庭もないしで連絡先無くね?思ったり。気が楽でいいわほんとw

初めて本気で遭難したり逆走したり、スリル満点の山だった。大崩山。ちなみにkyompiさんは翌日仕事とか無いし防寒具は一応あるので降りれなかったら諦めて山に留まる気満々でしたね。明るくなってから動けばいいし。追い込まれた時自分はどうするのかってのに興味があって、それはそれでちょっとやってみたかったなぁ。意識高い系登山者にこんなこと言ったらマジで怒られそうだけどw

続く!

大崩山 コースタイム

山行時間: 約8時間半
08:22 大崩山登山口発
09:40 二枚ダキ登山口
12:30 大崩山山頂着
13:11 大崩山山頂発
13:46 土湧塚
16:07 湧塚分岐点
16:23 大崩山荘
16:55 大崩山登山口着



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

LINEで何気なくカピバラさんと検索したらいつの間にか新しいスタンプが出ていて衝撃を受けたんだけど、これ知らない人も多そうなので。だって今まで公式スタンプで出してたのにまさかのクリエイターズ側で出してたんだよ??そりゃ気づかないぜ・・・。というわけでカピバラ ... 続きを読む
LINEで何気なくカピバラさんと検索したらいつの間にか新しいスタンプが出ていて衝撃を受けたんだけど、これ知らない人も多そうなので。だって今まで公式スタンプで出してたのにまさかのクリエイターズ側で出してたんだよ??そりゃ気づかないぜ・・・。

というわけでカピバラーのために今までのカピバラさんのスタンプ情報などをまとめておこう。

説明文はLINE公式サイトからのコピペです。

LINE スタンプ

のんびりマイペースなキャラクター『カピバラさん』が「もで~ん」とLINEに登場!『カピバラさん』とその仲間たちの表情豊かな一面が垣間見れちゃうスタンプです。

LINE スタンプ カピバラさん

40点全て描き下ろし!!『カピバラさん』第2弾!新しい表情が「むぎゅ~ん」とつまったスタンプです。

LINE スタンプ カピバラさん(キュルッとその2)

のんびりマイペースなカピバラさんのスタンプ第3弾は、まったり~んなクレヨンタッチ♪さらに表情豊かになって登場です。

LINE スタンプ カピバラさん(まったり~んとその3)

カピバラさんが台湾を満喫中!?カピバラさんと一緒に観光スポットをめぐって旅行気分♪台湾テーマの描き下ろしを含む16点のイラストがスタンプになりました。

LINE スタンプ カピバラさん in 台湾

以後、新しくスタンプが出たら更新していこう。



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

2016/11/07 旅18日目です。出雲ロイヤルホテルで起床。もちろん二日酔いです。やっぱり重度の。辛い。そういえば朝食がなかったのでロキソニン食べました。弥山に登るルートを再確認。弥山は標高が506mなので早朝から登る必要はありません。まったり。ホテルを出発して行動食 ... 続きを読む
2016/11/07 旅18日目です。

出雲ロイヤルホテルで起床。もちろん二日酔いです。やっぱり重度の。辛い。
そういえば朝食がなかったのでロキソニン食べました。

弥山に登るルートを再確認。弥山は標高が506mなので早朝から登る必要はありません。まったり。
ホテルを出発して行動食のグラノーラをボリボリ食べながら車を走らせ、みせん広場に到着。ここが今日の出発地点です。
 



駐車場~弥山山頂~駐車場

しかし駐車場から登山口までのルートが不明。山は見えてるからとりあえずそっち行けばいいかな。

弥山

と思ってたら地元の方が通りかかったので弥山の登山口を聞いたら教えてくれた。
駐車場の柵が切れているところから出て直進、突き当りを右に。

みせん広場

ええ・・・熊のかわりにハンター出没とか怖いんですけど。

弥山

子安寺の左側の道を直進。

子安寺

子安寺はこの辺ね。

子安寺

立派な実がついてますのう。

子安寺

あったー!みせん登山口!

弥山 入り口

網を越えて進むと登山道入り口に着く。

弥山登山道入り口

とても親切なマップ。

弥山 地図 ルート

弥山への最短ルートは修理免登山道のピストンだけど、それだと速攻で登山が終わってしまいます。なので今日は薬師谷登山道から回り込む周回ルートです。

ここに杖も置いてありました。なんて至れり尽くせりな山なんだ・・・。地元の人に大事にされてる山なんだろうなぁ。

弥山 登山道入り口 杖

ほのぼのしてたらマムシ警告。

弥山 警告 マムシ

ハンターも出るのにマムシもでるのかよ・・・。今日はビクビクしながら歩かなくていいと思ってたのに結局ビビりながら歩くことに。

山林記念碑と手書き地図。ここまでは半袖だったんだけど、虫が多すぎてソフトシェルを装備。暑い。

弥山 山林記念碑

弥山 手書き 地図 ルート

きのこ。

弥山 キノコ

これもキノコなのか・・・?

弥山 キノコ

これはさっきのキノコらしきものの時間が経ったやつかな?

弥山 キノコ

薬師谷ルートは定期的に案内があるのでとても親切。感謝です。

弥山 薬師谷ルート

うわー気持ちいい!清々しい朝です。いや、昼だった。

弥山

しかし・・・たぶんこっちのルートはマイナーなのかな。誰にも会いませんねぇ。

弥山 薬師谷

開けてきた!海だー!

弥山 海

ここまでやってきました。

弥山 縦走路

こんな案内があったんだけどルート見当たらず。つまりはそういうルートだってことなのだろうか。マニア向けって書いてあるし。

弥山 中曽根 マニア

山頂手前。写真じゃ伝わらないけど、ここもの凄い急なのね。足場が全然無い上に落葉で滑るという鬼畜さ。

弥山 山頂

山頂着いたー!

弥山 山頂
 
確かにこの山は展望が素晴らしい。360度見渡せる。教えてくれたツバメヤの方々に感謝。

弥山 山頂

弥山 山頂

空と海の境目どこ?っていういい感じ。

弥山 山頂

ちなみにこの記事のタイトルの「空と海が見分けられない」はTUBEのPurity-ピュアティ-って曲の冒頭の歌詞です。この曲好きなんだよね。

弥山 山頂

弥山 山頂

恒例のカピバラさん記念写真も。

弥山 山頂 カピバラさん

マイナー山で平日なので誰もいないだろうと思ってたら女性二人組が休憩しておった。
おいでおいでと迎えてくださって、いろんな話をしました。島根や海外の山を教えてくれたり。今はもう引退されてるけど、島根の室山農園でどぶろくを作っていた話など。後継者にならない?と言われたときには心が大地震並みに揺れました。そういう道もいいなと思ってしまったw でも悲しいことに、スノーボードをやるにはこっちの雪じゃダメなのです・・・。機会があれば農園に遊びに行ってみたいな。

おにぎりと羊羹とみかんをいただいたのでありがたく。自前の昼ごはんは手付かずでしたw
女性お二方は先に降り、俺はもう少しまったりしてから下山開始です。
本当はもっと大回りで縦走するつもりだったんだけど、景色が良すぎたりお二方とのお話がとても楽しかったので満足してしまったのでもういいかなと。
それにこのあと行くところもあるしね!

下山は登ってきた道とは別の修理免登山道へ。

弥山 修理免道

こっちの道のほうが多分メジャーだ。整備されてる感がぜんぜん違うし歩きやすい。ただしもの凄く滑る。

20_mini

途中で先に降りた女性二人組に追いついちゃったので一緒に下山したのでした。

駐車場が別々だったので別れたあとに来る前向かっていたら自販機発見。おお!コーラのスリム缶だ!

弥山 コーラ

山のあとのコーラってなんでこんなに美味しいの。

弥山 コーラ カピバラさん

それにしても楽しい人達だったなぁ。またどこかの山で会えるだろうか。
こういう縁があるから旅も山もいいよね。

関東勢からすると弥山はマイナー山になるので、わざわざこっちまできてここ登る人って少ないんじゃないかな。そう思うとこの経験はとても貴重だなと思うのです。

弥山 コースタイム

距離: 4.79km
山行時間: 3時間39分

11:28 駐車場発
11:32 子安寺
11:38 登山道入り口
13:19 弥山山頂着
14:18 弥山山頂発
14:49 登山道入り口
15:14 駐車場着

弥山 コースタイム

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016/11/06 旅17日目です。たぶん早朝かな。豪雨の音で目がさめる。車中泊だと雨の日は音が凄いっすな。起きるにはまだ早かったので寝直して、起きたら一面雲模様。そんな朝の道の駅 恵みの里。こりゃ大山登山は無理かなと考えるもとりあえず登山口で天気が良くなるのを待っ ... 続きを読む
2016/11/06 旅17日目です。

たぶん早朝かな。豪雨の音で目がさめる。車中泊だと雨の日は音が凄いっすな。起きるにはまだ早かったので寝直して、起きたら一面雲模様。そんな朝の道の駅 恵みの里。

こりゃ大山登山は無理かなと考えるもとりあえず登山口で天気が良くなるのを待ってみようと出発。

 

大山 登山口

下山野営場に到着。


ここに到着する前からまた雨が降り出し、一気に本降りへ。一時間半ほど車の中で待機するも一向に回復せず悪化の一途。残念だけど大山登山は断念することに。こんなに悪い予報じゃなかったのになー。
雨具を装備して登っていく方々も大勢いてつられそうになったけど、連続で登山する以上登山装備は濡らすわけには行かないのです。そもそも景観もない雨の中を登りたくないしね。

予定が狂った。んー今日はどうしよう。とりあえず松江近くの道の駅でゆっくり計画を練り直すことに。

大山トムソーヤ牧場

車を走らせてたら何やら看板が通り過ぎていった。

・・・

えっ。確かカピバラって書いてあったぞ?
Uターンして看板のところへ向かうとそこにあったのは大山トムソーヤ牧場
開演時間は9時~17時、入園料は中学生以上一人800円。 


なんか色々動物いるけど一種を除いて全てターゲット外。まっすぐカピバラエリアへ。

カピバラーーーー♥♥♥
おっちゃんこしてる!かわいいいいいいい!!!!!

大山トムソーヤ牧場 カピバラ

大山トムソーヤ牧場 カピバラ

かわいいのうかわいいのう///

大山トムソーヤ牧場 カピバラ

なんだとカピバラに触れるタイムがあるだと!!時間を潰すしかねぇ!全力で!
あまり興味はないが他の動物も見ることに。

ポニー

大山トムソーヤ牧場 ポニー

羊&山羊

大山トムソーヤ牧場 羊

大山トムソーヤ牧場 山羊

大山トムソーヤ牧場 山羊

モルモット

大山トムソーヤ牧場  モルモット

ウサギ。かわいい・・・///

大山トムソーヤ牧場  ウサギ

大山トムソーヤ牧場  ウサギ

マーラ。マーラを見たことがあるのかもしれないけどちゃんと認識したのは今回が初めて。
マーラってこんなに可愛いのか・・・。この日からマーラファンになりました。

大山トムソーヤ牧場  マーラ

カンガルー

大山トムソーヤ牧場  カンガルー

アルパカの小屋に入った瞬間妙なプレッシャー。

大山トムソーヤ牧場 アルパカ

ビビって後ずさりした。いやだって視線が重いよ・・・。っていうかあなた前髪伸びすぎでしょ。カットか整髪料で整えなさいよ!前見えてないでしょうよ!

一通り見たけどまだ時間が余る・・・仕方がないのでヤギミルクソフトクリームを食べる。

大山トムソーヤ牧場  ヤギミルクソフトクリーム

これはなんというか、好きじゃない。妙な臭さがある。

そして・・・カピバラタイム始まったー!!!!!

大山トムソーヤ牧場 カピバラ

地元の高校生の団体がいたけど知るかそんなもん。俺はカピバラに触りたいんだ。二度と会うことのない他人の視線なんて気にするだけ無駄である。

飼育員さんから餌をもらってカピバラにプレゼント。

大山トムソーヤ牧場 カピバラ

か、かわいい///
モッシャモッシャしてる。

カピバラのケツ。団子や!!

大山トムソーヤ牧場 カピバラ

カピバラの横顔。まつ毛長くてかわいい。抱きしめたい抱きしめたい!!

大山トムソーヤ牧場 カピバラ

ここで気づいた。今ならアレができる!!!

カピバラエリアを脱し、急いで車へ。アレはどこいった・・・バッグの中に・・・あったー!
急いでカピバラエリアに戻る。

そしてずっと憧れていた2段カピバラを!!!!!

大山トムソーヤ牧場 カピバラ カピバラさん

はああああんんんんwwwwwww死ぬwwww死ぬwwwww幸せだwwwwww

飼育員さんにカピバラさんを見せて、これを乗せて写真をとってもいいですか?と許可を取りましたからね!

飼育員さん「もしかしてカピバラファンですか?」
kyompi氏、テンション上がりすぎて全力で「はい大好きです!」
力強く好きですとか・・・恥ずかしい><

天気が悪くてよかった。大山に登れなくて本当に良かった!だってあなたに出会えたんだもの。これはもう運命。
今年一番の幸せタイムを全身で全力で享受した結果、車に戻ったあとはグッタリ。現実に返ってくるまでにかなりの時間を要したのでした・・・。

続く。


ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016/11/05 旅16日目です。道の駅 ようか但馬蔵で起床。今日も起きたというか起こされたというか。日差しが強すぎて車内が猛暑。そりゃ目が覚めますよ。気温は十数度とかなのに日差しが・・・。寒さは着込めばなんとかなるけど、暑さはもうどうしようもないわ。窓を開けて寝 ... 続きを読む
2016/11/05 旅16日目です。

道の駅 ようか但馬蔵で起床。今日も起きたというか起こされたというか。日差しが強すぎて車内が猛暑。そりゃ目が覚めますよ。気温は十数度とかなのに日差しが・・・。寒さは着込めばなんとかなるけど、暑さはもうどうしようもないわ。窓を開けて寝るわけにも行かないし、旅の時期が今でよかった。

とはいえ、外に出るとやっぱりガクガクする程度の寒さなわけで。良いのか悪いのか。良いか。マシだ。
自販機でホットの缶コーヒーを買って温まりつつ出発。
朝食はその辺で買おうと思ったんだけど、道の駅にも好みなのがなかったし、そろそろコンビニ飯も飽きてきたので行動食用のグラノーラをバリバリ。
さて、今日の目的地は一度見てみたかった鳥取砂丘!

 

鳥取砂丘

10時半頃に鳥取砂丘に到着。
 

鳥取砂丘から道を挟んで反対側のお土産屋の駐車場は無料です。ふふ、下調べしたし。

砂丘入り口。なんかすごい景色が見えるんだけど。

鳥取砂丘

そうそう、足元は万全です。なんたって登山靴なので。

鳥取砂丘 登山靴

カピバラさんも興奮しております。たぶん。

鳥取砂丘 カピバラさん

なんて美しい模様。

鳥取砂丘 模様

まだ人が少なくて、ファーストトラックつけ放題!

鳥取砂丘 ファーストトラック

空を飛んでる人たちも。

鳥取砂丘

これは本当に凄い景色だ。感動しないわけがない。

鳥取砂丘

鳥取砂丘

手乗りカピバラさん。

鳥取砂丘 カピバラさん

海が入るとまた違った景色に。

鳥取砂丘

日本海の先を見つめるカピバラさん。(波ギリギリの位置なので流されそうでヒヤヒヤ)

鳥取砂丘

登山靴だしそう簡単に濡れないしと油断してたら塩水が侵入してきたり。

鳥取砂丘

いつも思うけどやっぱり不思議だよね波って。自然にこんな動きになるんだもの。

鳥取砂丘

海側を満喫したので戻ろうとしたんだけど目の前の砂丘がもはや山。そして照りつける太陽で砂漠感の演出も。

鳥取砂丘

直登すると体力と足がごっそり削られそうなので左右にトラバースしながら登る。写真じゃ見えないけど、山側の足は進行方向へ、谷側の足はつま先を谷側へ向けながらアイゼンワークの練習してみたり。

鳥取砂丘

昼近くになって日当たりが変わるとまた景色が変わる。

07_mini (2)

ラクダ周りは観光客もたくさん。

鳥取砂丘 ラクダ

砂丘も満喫したのでそろそろ移動しようかなと駐車場に戻る最中にサンドボード(改めてFBページ見たら、セクシーショットばかり)というものを発見。砂の上をボードで滑るらしい。なにこれ面白そう!
しかし予約はしていない。とりあえずスタッフに聞いてみたら15時スタートの回だったら入れるよとのことなので全力で時間を潰すことに。
とりあえず昼ごはんです。体力勝負なのでがっつり系。

砂丘会館のレストランで海鮮スープカレーを注文。

鳥取砂丘 砂丘会館 海鮮スープカレー

写真だと伝わらないんだけど、これただの海鮮カレーだからね?スープ感ゼロのスープカレーってただのカレーだからね?これスープカレーって言ったやつ誰だよ。ちゃんとしたスープカレー食ってこい。

いくら食べるのが遅いと言っても一食で1時間以上は辛い。時間が余ってしまったので車に戻って写真データの整理をし、登山ウェアを装備、コンタクト装着、日焼け止め塗り塗りなど完全武装。
 
あとは時間を待つだけ。そんなときに現れたのはカメムシ。マジかよカメムシかよ。一番ダメな虫。ゴッキーより嫌い。全力で車から逃げた。しかし逃げても何も解決しないのです。っていうか俺車に戻らなきゃいけないんだけど。息を止めながらなんとかカメムシを車外に追い出すことに成功。kyompiは地球上のカメムシは滅亡すべきだと思っているので容赦はしません。生態系とかこの際どうでもいい。滅亡すべき。存在が罪。やられたらやり返す精神なので大量の日焼け止めを上からかけてやった。そのままくたばれや★

さて、そんなことをしてたら15時です!サンドボードスタート!(ソロなので写真ありません。撮ってくれる人がいないんだもの。)
受付に集合するとkyompi以外全員団体です。普通ソロでこんなの参加しませんしね。でもそんなのいちいち気にしてたらソロで旅なんでできません。ハートを強く持ちましょう。

受付でヘルメットと板を受け取り、向かい側の砂丘へみんなで歩いていきます。
で、かなり急坂のポイントにやってまいりました。

基本姿勢からスタートして、まずはフロントサイドに曲がる練習。できるようになったらバックサイドも。
距離が短いってのもあるんだけど、なかなか連続ターンができない。というのも、砂の抵抗が強すぎるんだよね。体に染み付いた雪用のカービングターンを自然にしてしまうんだけど、砂上でターンするときはエッジを立てると一気に減速する。だからテールをスライドさせて滑るんだけど、抜き加減が難しい。寝かしすぎると逆エッジを食らうし。ちなみに砂上の逆エッジはやばいらしい。「ガッ、ピョーン、グシャア」みたいな。普通に何か折れそう。
皆さんはお喋りしながら滑ってますが、kyompiは話す相手がいないので黙々と滑り続けます。たぶん一番滑ってたと思う。まぁこれ遊びじゃないんで。修行なんで。別に悲しくなんか無いし・・・。

・・・

何回かケツからこけたんだけど、逆エッジくらわなくても十分やばい。本当に黄門様が裂けたと思ったもの。しばらくケツ鈍痛ですよ。

女子4人組は早々に練習をリタイアして写真撮影やらソリ遊びやらで何をしに来たんだこの女子たちは。若干イラッとしたけど、最終的にはこの子たちのおかげで楽しい終わり方になった。楽しみ方は人それぞれだしね。ちょっとストイックになりすぎました。何せ一人なもので。別に羨ましいとかじゃないし。

教えてくれた方によると、スノーボーダーはサンドボードも出来ると思って来る人が多いらしい。なのに思ったよりできない。まさしくそんなパターンではありましたが、「もっと上手に楽しく滑りたい。もっと練習しなければ。」というスノーボード初心者の頃の気持ちを思い出すことができました。暑苦しいのは嫌いですがやると決めたことに対しては熱血タイプなのでした。

ありがとう鳥取砂丘。景色もサンドボードもとーっても楽しかったのでした!

鳥取砂丘 サンドボード kyompi

八海山のお土産屋で買った寝る時用の雪猿Tシャツ。知り合いに遭遇することも無いだろうしと昨晩から着っぱなしにしてたらまさかのサンドボードとのコラボすることになるとは。

この日の旅はまだ終わらないよ!続く!
 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016/11/04 旅15日目です。道の駅 藤樹の里あどがわで起床。起きたというか起こされたというか。日差しが強すぎて車内が猛暑。そりゃ目が覚めますよ。お腹が減ったのでまずは朝食の調達。藤樹の里でにっき餅ときのこご飯を購入。地元食材を使ってる。と思いたい。朝から豪華 ... 続きを読む
2016/11/04 旅15日目です。

道の駅 藤樹の里あどがわで起床。起きたというか起こされたというか。日差しが強すぎて車内が猛暑。そりゃ目が覚めますよ。
お腹が減ったのでまずは朝食の調達。藤樹の里でにっき餅ときのこご飯を購入。地元食材を使ってる。と思いたい。朝から豪華な食事です。

にっき餅 きのこご飯

昨晩のひれ酒パワーでこの日はもうやる気がありません。まったり車内で朝食を食べながらブログ執筆業に勤しむ。

車 MacBook Air

ドアの上の取手にハンガーでタオルやソフトシェルを干してるしダッシュボードの上は登山で濡れた帽子やズボンを並べて干していて、フロントからはシュラフ丸見えで、車上生活感半端ない。

次登る山を探していて鳥取の大山はどうかなと。テレビのない生活をしていたので2016年10月21日に発生した鳥取中部地震についてほとんど知らなくて、地震が起きると登山道が崩れたりもするしはたして鳥取の山は登れるんだろうかと。鳥取県は飛ばしちゃったほうがいいのかなー。

ずっといじってたもんだからMacBook Airのバッテリーも40%切っちゃったんだけど、ブロガーのあすかにアドバイスを頂いたので充電できる喫茶店などを探してみるも、店がなかなかない!東京だったらその辺にたくさんあるだろうけど、ここは滋賀なのであった。仕方ない、車の中でAC充電できるインバーターを買うか・・・と迷っていた所に、こっち側に住んでいる元同僚からここ行っておいでとおすすめ情報をいただきましたよ!

 

三井寺(園城寺)

教えていただいたのは三井寺。紅葉スポットですね!


駐車料金は500円、入山料は大人個人で一人600円。
歴史的建造物に興味があったらきっともっと楽しかったんだろうと思うほどそういう建物が沢山。

立派な入り口の門。

三井寺

釈迦堂

三井寺 釈迦堂

なになに、三井寺秋のライトアップ。11月18日~11月27日。えっ。早かったの!!

三井寺 秋のライトアップ

国宝の「金堂」。

三井寺 国宝 金堂

歴史物の中でkyompiが一番興味を持ったのがこれ「弁慶の引摺り鐘」。

三井寺 弁慶の引摺り鐘

パンフレットから抜粋するよ!
奈良時代の作とされるこの梵鐘は、むかし俵藤太秀郷が三上山の百足退治のお礼に竜宮から持ち帰った鐘を三井寺に寄進したと伝えています。その後、山門(延暦寺)との争いで弁慶が奪って比叡山へ引きずり上げて撞いてみると"イノ・イノー"(関西弁で帰りたい)と響いたので、弁慶は「そんなに三井寺へ帰りたいのか!」と怒って鐘を谷底へ投げ捨ててしまったのです。その時のものと思われる傷跡や破目などが残っています。
それがそうかは定かではないけれど、傷らしきものもあって「おおおー」と。面白い。

何故ここにクジャクが。

三井寺 クジャク


この辺からkyompiの中に埋もれていた鳥好きが開花し、クジャクもちょっと首が長すぎるものの好きの対象です。か、かわいいいいいい///

一切経蔵。でかすぎて収まらない。すごい迫力だった。

三井寺 一切経蔵

三井寺 一切経蔵

な、なんだと!るろうに剣心がここで撮影されただと!

三井寺 るろうに剣心

というわけで映画と同じカメラ位置から一枚。

三井寺 るろうに剣心

三重塔

三井寺 三重塔

色づきかけ・・・。

三井寺 紅葉

長日護摩堂の門だったかな?パンフレットかと思ったら本日の新聞が入っておりました。大変ですね韓国。

三井寺 新聞

こういう道を見ると歩きたくなる。この先に道は無いのだけれど。kyompiの生き方そのものですね。先が見えません。今行きたい方向に歩いてるだけなので先を見る必要がないんですけども。

三井寺 カピバラさん

って、あれ?

三井寺 カピバラさん

や、野生のカピバラさんだ!

三井寺 カピバラさん

微妙寺

三井寺 微妙寺

三井寺 微妙寺

なんでこんな微妙な名前にしたんだろうと思ったんだけど、たぶんそれは本来の「微妙」の意味に由来するのかな。
今はネガティブな意味で用いられるけど、正しくは(何を正しいと定義するかは置いておいて)下記の意味。
「なんともいえない味わいや美しさがあって、おもむき深い・こと(さま)。」
「はっきりととらえられないほど細かく、複雑で難しい・こと(さま)。」
三省堂大辞林より。

三井寺の名物「力餅」。いいねー、一度こんなところに来てみたかった。

三井寺 名物 力餅

三井寺 名物 力餅

おやまぁこんなところにもきのこ!名前はわからないけどキノコを探す癖がついているようだw

三井寺 きのこ

観音堂

三井寺 観音堂

三井寺 観音堂

天井近くに貼ってあるイタズラの札みたいなのって何なんだろうとあとでググってみたら千社札って言うのね。この落書きレベルの景観を作り出す文化はどうにかならないのかな?せっかくの建物が汚らしいです。

標準の倍くらいの2時間ちょっとかけて三井寺を回り終わって駐車場に戻り、見慣れない缶コーヒーがあったので飲んでみたら甘い。甘すぎる。

関西限定 BOSS とろけるカフェオレ

たぶん関西限定缶。ジョージアのオリジナルとか、FIREの北海道限定ミルクテイストとかそういう類の甘さ。結構きつい。

さて!その後は滋賀県を出るべく鳥取方面へ向かいます。

イエローハット

MacBook Airの充電問題が解決していないことを思い出し、その辺にあったイエローハットに寄り道してインバータを購入。

車 インバータ

車のバッテリーが心配だったけど、走ってる最中だけONにする分にはまぁ大丈夫かなと。
説明書通りに使うとすると、シガーソケットにインバータのプラグを差し込み、インバータにACプラグやUSBなどを接続してON。エンジンがかかっていないときはインバータの電源をOFFにしたままエンジンをかけ、少し立ってからON。エンジンの点火に必要なバッテリーを確実に確保するためとかかな。
使ってる最中はジジジジジ・・・・って音がずっとなっていて(爆音で音楽流してるので全く気になりませんが)、発熱が凄いっす。しばらく使ったあとに触れ続けるとたぶん火傷しそう。この時期は寒いのでたまに指先の暖を取る分には便利。


イエローハットだと確か4000円くらいしてたような・・・amazon安すぎる。悔しい。
無事にMacBook Airも充電でき、滋賀県以降の旅中はこのインバータは手放せないものになったのでした。超便利。

あ、会計終わって店を出るときに店員の方々が「おおきに!」って。「おおきに!」って!おおきになんて初めて言われたよ!おもしろーいw

来来亭

最近ラーメン食べてないなと近場のラーメン屋を探して見つけた来来亭。後日知るんだけど、この店ってチェーンだったのね。どこに行っても頻繁に見かけたw


味玉子とキムチが付いた特製ラーメンを注文。

来来亭 ラーメン

見た目は家系っぽいなと思ったけど、全然違った。意外とあっさりしておる。あとネギが青い。いつもだったらネギラーメンを頼むところだけど、青ネギは認めない。ラーメンでネギって言ったら白ネギでしょう。関西とは相容れません。

店を出て駐車場から店員用ドアが見えたらこんな張り紙が。

来来亭

「店内には金品等一切ございません。」
これは強盗対策なのかな。ってことは前に入られてるのかなここ。

あ、ここも店を出るときに「おおきに!」って言ってくれました。楽しいww

道の駅 ようか但馬蔵

随分と太平洋側に寄っちゃったので高速に乗りつつ一気に日本海側へ戻ります。
この辺は比較的近距離に道の駅がいくつかあるので、体力の限界まで走らそうと何度かよしまだ行けると目的地を先に変更。登れるかどうかわからないけど一応大山方面へ。


この道の駅は、道路を挟んで反対側にファミマがあるので立地はとてもいい。道の駅近くにコンビニがあると酒と朝食の調達がとても楽。車の中には常に登山用の行動食があるので朝食が調達できなくてもいいんだけど。

ビール
 
以上、この日はこの道の駅で本日〆の酒を飲んで就寝なのでした!

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016/11/03 旅14日目です。ホテル暮らしが続いていたので久々の車中泊明け。そこそこ寒い。これが建物内と車の差か・・・。朝食は後で考えるとして、蓬莱山登山に向けてまずは車を走らせます。~びわ湖バレイ ロープウェイ前日下調べしておいた蓬莱山予定ルートはロープウェ ... 続きを読む
2016/11/03 旅14日目です。

ホテル暮らしが続いていたので久々の車中泊明け。そこそこ寒い。これが建物内と車の差か・・・。
朝食は後で考えるとして、蓬莱山登山に向けてまずは車を走らせます。

~びわ湖バレイ ロープウェイ

前日下調べしておいた蓬莱山予定ルートはロープウェイを使ったもの。なので目的地はびわ湖バレイ。


経路上にローソンがあったので朝食はそこでカロリー優先で適当に済ませました。が、目的地に近づく頃に渋滞にハマる。何の渋滞なんだろうと不思議に思いながら進んでいくと、どうやらびわ湖バレイの紅葉観光客渋滞っぽい。この時はまだ気づかなかった・・・今日は11月3日、文化の日だということに!!!

びわ湖バレイ方面の渋滞が全く動かないため、一度計画を練り直そうと閉店したっぽいお店の駐車場に停車して、ポケットwi-fiとMacBook Airで全力でルート探し。この時初めて今日平日じゃないのかよ!!と気付いたのである。

誰もこないと思っていた駐車場で隣に車が一台停車。一休みしたかったのかなと気にせず必死にPCいじってたらその車から降りてきた強面の兄さんに窓をノックされてビビりながら窓を開けたら「どうした?何か困ってんの?」と声をかけていただき。事情を話したら特にいいアドバイスをいただいたとかは無いんだけど、「何かあったら声かけて」と店に入っていった。もしかして店の方だったのか・・・。でも改装中に見えたんだけどそっちの業者の方だったのかな?どちらにせよ心配していただいて感謝です。もしお店がやってるなら下山後はここにご飯を食べに来てお礼を言おうと思ったのでした。

「お食事処 ほうらい」って書いてあった。

お食事処 ほうらい


色々調べ、ロープウェイは諦めて蓬莱駅から歩くルートに決定。本来ならもう登っていなければならない時間をかなり過ぎていたため、距離も短めをチョイス。で、蓬莱駅ってどこだよと思ったらすぐ隣だったw

 

蓬莱駅~蓬莱山山頂

蓬莱駅内の駐車スペースが運良く一つ空いていたのでそこに停車。準備をして出発。

蓬莱駅

蓬莱駅

蓬莱駅を背にして右にずーっと歩いて行く。

蓬莱駅

すると案内が現れるのでそこで左へ。

蓬莱山

普通に住宅地を山に向かって歩いていきます。それにしても住宅地に立派な竹が生えてますなぁ。

蓬莱山 竹

天気もいい。

蓬莱山

すると突然現れた「くま出没注意」の警告。こういうのは日付入れようぜ・・・いつだよ!いつの目撃だよ!!

蓬莱山 熊 目撃

しかしまさかこの経験がこの後の旅に尾を引くことになるとはこの当時は思ってもいなかったのでした・・・。

こういうことですよ。熊に遭遇したばかりなので恐怖感が半端ない。
とりあえず速攻で白山熊鈴を装備。

白山 熊鈴

林道が怖い・・・怖すぎる・・・。移動スピード激減ですよ。この辺からもうスケジュールが狂っていく。

蓬莱山 林道

舗装された林道を歩き続け、金比羅神社を通過。どこまで続くんだこの舗装は。登山感ゼロ。

蓬莱山 金比羅神社

蓬莱山 金比羅神社

たぶんマイナールートなのでkyompi以外の人がいないんだよね・・・。なのにバァーン!って音も定期的に聞こえてきてもう本当に怖い。そして突然現れた。木材を運んでいる!?

蓬莱山 林道

音の正体は伐採音だった模様。焦ったわ・・・。しかし木材ってこうやって運ぶんだね。初めて見た。
そのまま林道を進んでいくと木材の終点に。重機で器用に木材を一本一本掴んで整頓してた。お見事!!楽しそうだなぁーと思ってしばらく見てたw

蓬莱山 林道

この辺から登山っぽい道になってくる。

蓬莱山

蓬莱山

キノコー!かわいいなこいつw

蓬莱山 キノコ

この木はキノコだらけですな。

蓬莱山 キノコ

金ピラ峠を通過。この表記ゆれは何なんだ。気になる。

蓬莱山 金ピラ峠

金ピラ峠


金ピラ峠から少し進むと海が見えてきた。あ、海じゃないこれ琵琶湖だw

蓬莱山 琵琶湖

山頂はどうもゲレンデ内にある模様。ゲレンデに侵入。

蓬莱山

登ってく。

蓬莱山

大量の地雷。これは危険だ。

蓬莱山 地雷

地雷を避けつつ蓬莱山山頂に到着!1174m!

蓬莱山 山頂

蓬莱山 山頂

これはハンモックかな?天気よかったら気持ちいいんだろうなー。

蓬莱山 ハンモック

彼岸の鐘。

蓬莱山 彼岸の鐘 カピバラさん

ロープウェー方面

蓬莱山 ロープウェー

蓬莱山山頂~蓬莱駅


山頂は強風で休憩をとるには向かず、昼食は後回しにして周回コースで下山する。こっちは人結構いるなー。しかし雲が厚い・・・っていうか雨降ってきたわ。

蓬莱山

強風と雨で指の感覚が無くなる。それでも進み続ける子どもたち。小学生らしき団体にぶつかって挨拶の嵐と停滞。さむーっ!

蓬莱山

もうね、本当に雨がひどすぎてやばい。レインウェア出してもいいレベルだったけどソフトシェル着てたのでまぁいいかと下山を急ぐ。
写真だとあまり伝わらないけど、これ結構土や岩が濡れていて、走るどころか歩くのも困難な部分もあり。滑る滑る。

蓬莱山

小女郎峠を過ぎたところでたぶん家族登山?のグループに道を尋ねられて教えてあげつつ、軽装備だし靴もスニーカーだったりで上は強風と雨で極寒ですよと間接的に下山を促すもそのまま登っていったり。その道は濡れると下山きついのに・・・。

すると・・・晴れた。なんなん。なんなん!!爽やかな晴れ方しやがって!!w

蓬莱山

雨も上がったのでペースを落としてゆっくり下山していくと・・・チャリ。なんなん。なんでここにあるの。

蓬莱山 チャリ

下山用かなと思ったけどいやいやいやいや。この先チャリに乗って下れるような道じゃない。ギッチャの不法投棄だろうか。それともやっぱり下山用チャリ?

蓬莱山 チャリ

しかし近づいて見てみるとチェーンはサビていてたるんでるし、ここに長期間放置されてるみたい。やっぱり捨てられたのかな。それともやっぱり下山用チャリでここに置いたんだけど主がこれを使えない状況になってしまった結果・・・?
ちなみに自転車防犯登録の番号は8040517。管轄は滋賀警察。
あとでネットでググったらやっぱりかなり昔からあるみたいで、カメラも一緒にあったらしいがそれは今回は無かったようだ。 

それはさておき下山の続き。真っ白いキノコだ!名前はいつも通りキノコ先生にきいてみよう。

蓬莱山 キノコ

蓬莱山 キノコ

雨上がりは雨上がりでキラキラしていて素敵。木が喜んでるように見える。

蓬莱山

これー!!!なんて素敵な苔・・・!
kyompiは天空の城ラピュタが一番好きな映画なんだけど、自然に還ろうとしているロボット兵を思い出した。

蓬莱山

大量のキノコの巣

蓬莱山 キノコ

何度か川を渡りながら下っていく。

蓬莱山 川

美味しそうだなこれ・・・

蓬莱山 キノコ

薬師ノ滝に到着。開けていたのでここで昼休憩することに。随分遅くなっちゃったけど。

蓬莱山 薬師ノ滝

ちなみに一度ここを通り過ぎました。下りからだと看板が全然見えなくてそのまま通り過ぎてた。地図を見てあれ?と思って登り返してみたらわかりやすい看板が。

 蓬莱山 薬師ノ滝

蓬莱山 薬師ノ滝

飯の前にまずは滝を拝もうと道なき道を進み、滝に接近。滑ったら死ぬと思ってスリル半端なかった。

滝口と滝壺、滝の裏側などをデジカメの設定を色々いじりながら撮影して遊んでみたり。
白山で星空撮影したときに設定をいじってみたら面白かったので滝はどんなふうに映るのかなと。

蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝

蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝

蓬莱山 薬師ノ滝
 
シャッタースピードを長くとるとやっぱり手持ちじゃだめだなー。ブレッブレ。

撮影会は終了。ようやく昼食です。カップ麺は飽きたって言ってたんだけど、白山の極寒の室堂ビジターセンターで隣のおじさんがこれを食べてるのを見て無性に食べたくなったw

蓬莱山 薬師ノ滝 昼食 カピバラさん カップヌードル

補給も終わったので張り切って出発!歩きやすい道を元気に歩く。

蓬莱山

一瞬で舗装道路になったorz

蓬莱山

舗装道路は足が疲れるんだよ・・・。としょんぼりしながら歩いてたら気持ちのいい景色。

蓬莱山 林道

これはこれでいいか。

林道を抜けて車道へ出る所に案内があるのでそのまま従って進む。

蓬莱山

すると途中で二手に別れるルートが。どっちに行っても蓬莱駅って書いてあるからどっちに行ってもいいんだろうきっとと思い、左側に進む。

蓬莱山 林道

蓬莱駅!

蓬莱駅

いやー山頂で極寒で雨が降ってきたときはどうしようかと思ったけど、滝も間近で見れたし満足である。それにしてもやっぱりマイナールートは怖い・・・。熊怖い・・・。でも楽しかった!でも怖かった・・・。
うーん、半分以上が舗装されていたルートだったので登山感がやっぱり薄かったのは残念。

蓬莱山 コースタイム

距離: 12.04km(スタートを忘れてて途中から計測)
山行時間: 6時間19分
09:34 蓬莱駅発
10:31 金比羅神社
11:58 金比羅峠
12:25 蓬莱山山頂着
12:36 蓬莱山山頂発
12:58 小女郎峠
14:32 薬師ノ滝着
15:11 薬師ノ滝発
15:56 蓬莱駅着

蓬莱山 コースタイム


ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016/10/30 旅10日目です。「相棒との別れ」 山日記 vol.17-1 日本三名山 白山の続き。白山 御前峰~下山高天ヶ原を通過。上から見ると室堂ビジターセンターでっかいなー。一気に室堂ビジターセンターへ到着。とても美しいものばかりを見せていただいて、感謝のあまり振り返 ... 続きを読む
2016/10/30 旅10日目です。

白山 御前峰~下山

高天ヶ原を通過。

高天ヶ原 カピバラさん

上から見ると室堂ビジターセンターでっかいなー。

室堂ビジターセンター

一気に室堂ビジターセンターへ到着。とても美しいものばかりを見せていただいて、感謝のあまり振り返って山に一礼して更に下ります。もちろん走ってます。日没ぅっ!日没がやってくるぅっ!!

白山 木道

でも、何度も振り返っちゃう。その度に感動する。美しすぎて。

黒ボコ岩の分岐からのパノラマ。赤みを帯びてきた日差しで景色がまた変わった。

白山 パノラマ

避難小屋手前で登ってくる方とすれ違った。これから登るの?と思ったけど、ほとんど荷物が無かったので小屋泊の人がちらっと上を見に行くところだったのかな?
避難小屋に到着。やばい完全に夕日だ。日没タイムが始まったあああ!鼻水も止まらないしティッシュもないよおおお!
ぶらーんぶらーんしてた鼻水をどう処理したのかは秘密。原始的な方法とだけw

でも夕暮れの景色が本当に綺麗で、たまにはこういうのもいいかとあまり焦らず。日没覚悟じゃないとこの景色は見れないんだもの。

白山 夕暮れ

白山 夕暮れ

誰もいないし暗くなってきたし寂しくなってきたので一人で喋りながら歩いてたらさっきすれ違った人が後ろにいた。小屋泊じゃなくてこの人トレランナーだ。どうしよう恥ずかしい。何事もなかったようにトレランナーに先を譲って、俺も走り出す。

別当分岐に到着したときにはもう闇直前。完全に闇になるとザックの中を探るのも難しくなるので今のうちにヘッデンを取り出して頭に装備。この暗さで走るのはもう無理だから足元を照らしながら歩くしかない。
それにしてもヘッデンで歩くなんていつぶりだろう。こんなにちゃんと使うのは富士山以来かもしれない。

おっと野生のカピバラさんが出てきたぞ!

白山 カピバラさん

久しぶりのヘッデンが楽しすぎて遊び始めるkyompi。そんなことしてたらトレッキングポールが滑落していった。

白山 トレッキングポール 滑落

いかんいかんと気を引き締めて真面目に歩いていると何やら物音が。熊鈴は破損していたのでiPhoneで音楽を流しながら歩いてたんだけど、熊が出てきても全然おかしくない状況。動きを停めて息を潜めて見回すと光が3つ。おや?と思って接近していったら夜間登山グループ。マジビビった・・・。

照らしてるところ以外は闇なせいか、流れていく景色が視界に入りづらく、全然進んでる気がしない。もちろん歩行速度が落ちてるのもあるんだけど、進んでる実感がいつもより少ない。登山口こんなに遠かったっけ・・・とひたすら歩き続けて登山口に到着!

白山 登山口

暑さも寒さもティッシュも池も景色も闇も全部ひっくるめて本当に大冒険だった。
たーのしかったー!
不安もあったけど、日常生活で得られないこの不安は生きてること実感するための必須要素だと思うんだよね。それも楽しかった。



下山後~

登山口から車までの舗装道路をヘッデンで照らしながら歩いてたら星がものすごく見えていることに気づいた。
街灯なんて無いし近くに街もない山奥だったから本当によく見える。
車に戻って星空撮影のためのデジカメのマニュアル設定をググり、何度か挑戦してみた。
初めての星空撮影の割には結構がんばれたと思うんだ!飛行機が乱入してきたけどw

白山 星空

白山 星空

白山 星空

撮影に満足して駐車場を出発。下山で寂しくなった心をまりもえおで暖めながら車を走らせてたらフクロウに遭遇。これは撮影に失敗。設定いじってる間に逃げちゃった。
そこからまた走り出したら対向車線で何かがハイビームに反射して光ったような気がして速度を落としてみたら・・・。反射でブレーキを踏んでしまったところ、一瞬こちらの様子を伺ったような動きをしてすぐに車に向けて凄い速度で接近してきた。こっちは突然の熊に頭真っ白というかパニックで、でもこんな旅の序盤に熊に車をやられたらここで旅が終わってしまう!と気づいて全力でアクセルを踏む。命よりも車が大事です。命があっても車がなきゃ旅ができないんだよ!!時速80kmまで加速して逃げ切った。もちろん写真を撮る余裕なんて全く無い。記念に一枚くらい撮りたかったけどw

熊のテリトリーに入っている以上、いつかどこかで熊に出会わないことは無いだろうとは思っていたけど、そして冷静な判断ができるだろうと思っていたけど、あんなにパニックになるものなのかと。ずっとまりもえおが流れてたけど全く話が頭に入ってこない。運転していても心臓がずっとバクバクしていて、このまま運転するのも危ういとこの日の出発地点である道の駅に寄ってしばらく頭を冷ました。車越しであの恐怖なら生身だったらもう殺られるしかないんじゃないか。っていうか日没後のあの下山は相当危険だったんじゃないか。星空撮影もそう。すぐ近くに熊がいた。逃げ切れる装備(車)であのタイミングで熊に出会えた俺は運が良かったと。

最後の最後まで色んな意味で楽しませてくれる山でした。死にはしないであろう死との絶妙な距離感なんてそうそう味わえないし、いい経験だった。しかしまさかこの経験がこの後の旅に尾を引くことになるとはこの当時は思ってもいなかったのでした・・・。

白山 コースタイム

距離: 14.16km
山行時間: 10時間15分
今回は諸事情で細かいタイムは記載しません。はい。

白山 コースタイム

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016/10/30 旅10日目です。道の駅瀬女で起床。さっむ!!まぁこの辺は朝起きると大体5度以下なんで普通っちゃ普通。この日はずっと行きたかったあの白山登山です。白山は3つの峰があって、最高峰である御前峰は2702m。日本三名山の他には日本百名山、新日本百名山、花の百名 ... 続きを読む
2016/10/30 旅10日目です。
道の駅瀬女で起床。さっむ!!まぁこの辺は朝起きると大体5度以下なんで普通っちゃ普通。

この日はずっと行きたかったあの白山登山です。

白山は3つの峰があって、最高峰である御前峰は2702m。日本三名山の他には日本百名山、新日本百名山、花の百名山、新・花の百名山に選定されてます。wikipedia情報より。
よく百名山全てを目標にしてる登山者がいるけど、俺はそこまで志は高く持てないのでせめて日本三名山は登っておこうと思っていて、富士山はすでに登っているので、残すは立山と白山。予定では白山が最後になるはずだったんだけど、立山はタイミングが合わなくて登れず。そっちはいつかいこう。

前情報によると駐車場がMAXになることがあるらしいので現地に行ってから諸々の準備をすることにして今日も元気にまりもえおを聞きながら日の出直前の暗い山道を走って登山口へ。無職だしわざわざ人の多い土日に登る必要性は全くないんだけど、そんな理由で先延ばしにすると旅の後半にしわ寄せがきそうなのでもう行くしか無い。雨が降っていないだけマシである。

6時過ぎに登山口に到着したけど大方の駐車スペースは埋められていて、車を停めるのに一苦労。とりあえず朝食です。前日に買っておいたおにぎりと、バーナーで湯を沸かして味噌汁。風向きを誤ってコッヘルの持ち手のゴムが焼け溶けた・・・orz
ちなみにこの時0度。しばれるわ・・・。道が凍って無くて本当に良かった。
6時半ころを過ぎたら続々と後発者の車がやってきて、みんな苦労していたっぽい。



駐車場~殿ヶ池避難小屋

登山口の気温が0度ってことで、しっかり耐寒装備で準備して出発。

車から登山口までちょっとした距離を歩くんだけど、いきなり出鼻をくじかれる。

白山 吊橋

oh・・・吊橋をルートに入れてたのに・・・。仕方がないので大きく周回するルートは諦めた。

別当出合登山センターを右手に直進していく。

白山 別当出合登山センター

すると正面に吊橋が。行きたかったなぁ。

白山 別当出合登山センター 吊橋

吊橋の左側に向かうと観光新道ルートの登山口がある。

白山 観光新道 登山口

登っていきます。

白山 観光新道 登山口

紅葉はこの程度で、今のところ特別な紅葉感は無し。

白山 紅葉

見晴らしが良くなってきた。

白山

ちなみにこのへんで15度超えだったかな。耐寒装備で来たことを後悔するくらい汗をかき、飲み物量をミスったんじゃないかと思いはじめる。日差しも強いしソルティライチの消費が激しすぎる。まずいですねぇ。
旅に出てからこの時点までに登った山で最も暑い山であった。最も寒さに強い格好で挑んだのに。しんどい。

あまりの暑さに殿ヶ池避難小屋で小休憩。

白山 殿ヶ池避難小屋

想定外の消耗のためエネルギーを補給。

殿ヶ池避難小屋 休憩 おにぎり カピバラさん

避難小屋からのパノラマ。今日も当たり日です。くっそ暑いですが。

殿ヶ池避難小屋 白山 パノラマ

たぶんタカネマツムシソウの生き残り。これ以外にはほとんど花はもういなかった。

白山 タカネマツムシソウ

殿ヶ池避難小屋~室堂

馬のたて髪を通過。

白山 馬のたて髪

綺麗に整備された道。さすが白山。

白山

蛇塚を通過。

白山 蛇塚 カピバラさん

歩いてきた観光新道と吊橋方面の砂防新道の合流地点の黒ボコ岩。室堂まであとちょっとだよって。

白山 黒ボコ岩

白山

ここから上に上がると木道になり、視界を遮るような背の高い植物たちは少ない。

白山 パノラマ

道の所々に氷。

白山 氷

岩々した道を抜けて・・・

白山

室堂ビジターセンターに到着!立派な建物だなー!

白山 室堂

白山 室堂ビジターセンター

そういえば登り始めからしばらくは猛暑だったけど、黒ボコ岩を越えて風の抜けが良くなったせいか強風で、気温は一気に低下。旅に出てから最も寒い山になった。耐寒装備でもここまでとは予想していなかったので手がかじかんでマジで寒い。一番ピンチなのは寒すぎて鼻水が止まらないこと。ポケットティッシュ2つ持ってきたけどどう考えても下山まで持ちそうにないスピードで消費していく。

なるべく風が当たらないところに陣取って補給。山で食べるカップ麺って美味しいけど、短いスパンで登ってると飽きるんです。飯を食うのがめんどくさくなってきて、どう見てもカロリー不足。行動食はもちろん別にあるけどね。

白山 昼食 カピバラさん

室堂~白山山頂 御前峰

補給も終わり、山頂へ向けて出発。
室堂ビジターセンターの裏手にある奥宮祈祷殿と山頂方面。綺麗だなぁ。

白山 奥宮祈祷殿

山頂に向かう道がわからずにウロウロした結果、道を間違えて周回予定コースを逆に入ってしまった。戻っても時間をロスするのでこのまま進むことに。
ちなみにこの辺で愛用の摩周湖熊鈴が鳴っていないことに気づいて見てみたら中身が折れていた。3年間一緒に山に登った相棒とのお別れか・・・と。悲しい。

お池めぐり8。

白山 お池めぐり8

こっちに来ると景色はまた変わって、白っぽくなる。緑色の背の低い木は高山植物のハイマツ。なんだかミニミニっとしていてかわいい。針葉樹は花粉症でイメージ悪すぎて嫌いだけどハイマツは許す。かわいい。

白山

白山

この辺どこも歩けそうでトレースをよく見失った。

白山

山頂らしきものが見えてきたのかなと思っていたら、奇跡的なタイミングで飛行機雲が生成されていた。君の名は。を見たのが最近だったので、あれが2つに割れればティアマト彗星だったのに!と思いながら、このタイミングでここにいた俺だけがこの景色を見れたことをとてもうれしく思ったのです。
白山で撮影したものの中でこれが一番のお気に入り。 

白山 君の名は。 ティアマト彗星 飛行機雲

池巡りコースなのでいくつかの池を通過。

白山 池巡り

白山 池巡り

白山 池巡り

万年雪だ!凍ってる池もある!

白山 千蛇ヶ池

千蛇ヶ池とな。一年中氷の蓋がされているのか・・・すごいな。

白山 千蛇ヶ池

近くまで寄れたので記念に氷の蓋にカピバラさんを乗せてみた。もし沈んだら全力でサルベージするつもりだったけど無事でよかった・・・。ここ深いのかな。kyompi泳げないんですが。蛇が封印されてたら出てきちゃうのかな。怖い怖い。

白山 千蛇ヶ池 カピバラさん

翠ヶ池。本当に美しい。なんでこんなきれいな青なんだろう。

白山 翠ヶ池

この池の右隣にそびえ立つゴツゴツした山が白山の剣ヶ峰。

白山 剣ヶ峰

登山時は知らなかったんだけど、どうやらここは進入禁止らしい。という噂。正確な情報は見つけられなかったので富士山は火気厳禁みたいなデマの可能性もあるのかな。ただ、ここへ通じる登山道的なルートは用意はされていません。(が、トレースはありますとだけ。)

さて、白山の山頂である御前峰を目指して進む。日が落ちてきていつも通りの展開になりつつありますね!なんてこったい!急ごう!

白山 御前峰

御前峰手前から見た剣ヶ峰。影の中の俺が指差してる方向が剣ヶ峰らへん。

白山 御前峰 剣ヶ峰

白いなー。岩質とかそっちの勉強もしてみたくなってきた。

白山 御前峰

ふー、ようやく山頂到着!

白山 御前峰
 

白山 御前峰 カピバラさん

毎回思うけど、ここに来たカピバラさんはおそらくこの子以外存在しないだろうと誇らしいですね。うん。
そしてこの時点でもう周りに人がいません。またか!!
間違って逆回りしちゃったけど、予定で登ってくるはずだったルートをいつも通り走りおりるよ!

長くなっちゃったので次回へ続く!

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ