タグ:登山_パーティ

2016/11/15 旅26日目です。福岡市出発5時45分、起床です! ちなみにあとから聞いた話では柿右衛門は5時半起き。俺より遅く寝たのに・・・><前日に用意しておいた軽食を食べ、荷物を片付けて出発!ちなみに洗濯物は大体乾きませんでした。登山ウェアは化繊なので乾いてたん ... 続きを読む
2016/11/15 旅26日目です。

福岡市出発

5時45分、起床です! ちなみにあとから聞いた話では柿右衛門は5時半起き。俺より遅く寝たのに・・・><
前日に用意しておいた軽食を食べ、荷物を片付けて出発!
ちなみに洗濯物は大体乾きませんでした。登山ウェアは化繊なので乾いてたんだけど、綿系が全滅。濡れているものをスーツケースに入れるわけにもいかないので、袋に詰めて別でもってくことに。いいの!友人の前で着るものだけ乾いてればその日はなんとかなるもの!

柿右衛門宅へ迎えに行き、高速に乗って長崎県へ向かう。そうそう、この日の目的の山は雲仙岳の主峰普賢岳です。
福岡住まいの柿右衛門も行ったことがないと言っていたし、他の候補山は天気の予報が悪すぎてここに行くことになりました。(由布岳も登りたかったんだけどなぁ。)
ちなみにこの柿右衛門、オフラインで会うのがこの日で3回目なのでどういう服装で来るのか全くわからず、停車した車の中で「あ、きたかな?」と手を振ったら全くの別人で、その直後逆方向から現れるというとても恥ずかしいプレイ。たぶん見られてないと思うけど・・・(恥

食べてるときのひもじそう幸せそうな顔が素敵なこの柿右衛門、忙しすぎて昨晩から何も食べてないということで早く何か食べさせないと餓死しそう。でも市内は車が多く中々動きづらい。高速で車の台数が減ってきた頃に金立SAに寄って朝食の買い物。をしようとしたけどまさかの柿右衛門所持金200円。ATMも無くて「気の毒な子・・・(´・ω・`)」と思ったり。kyompiさんも鬼ではないのでちょいと貸しを。

各々朝食を買って再び走り出す。福岡市内近辺さえ抜けてしまえば平日だし高速もスムーズ。長崎県まで楽々ドライブです。
しかーし、諫早ICで高速を降りたんだけど、高速降りたらもう山の近くかなと思っていたらここもなかなか交通量が多いところで時間のロスが発生。通勤ラッシュの時間帯にひっかかっちまった。なんてこったい。山道に入っても遅い車に捕まってしまってちょっと時間がかかってしまった。

今回のルートは時間やその他の状況を見て若干削れるようにはしておいたので問題なし。ふふ、珍しく今回はバッチリ下調べしてますからね!
しかし目的地に近づくに連れ濃いガスがあったりなかったりでだんだん不安に。

雲仙ロープウェイ~妙見山

雲仙ロープウェイの駐車場に到着。登山者はここに停めるのは避けて欲しいみたいだったけど平日だったのでそのまま停車。


しかし濃いガスで薄暗い。

雲仙岳

これを登るかどうかってところでちょいと悩んで登山続行。昼過ぎには晴れる予定でしたし。
予想外の渋滞などでスタートが若干遅くなってしまったのでロープウェイで一気に上がってしまうことに。歩いて登るつもりだったんだけどなー。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

カラフル柿右衛門。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

ロープウェイからの景色はほぼなし。ただただ白かった・・・。
ロープウェイを降りたら妙見山山頂。縦走予定だった一つ目の山頂まで着てしまったぜ。早い。

雲仙岳 妙見山

妙見山~国見岳

そこからゆっくり国見岳を目指す。柿右衛門は一年ぶりの登山だったので無理なく登れるように。

雲仙岳

妙見神社を通過。

雲仙岳 妙見神社

横を見るとそこには素敵な展望が。ない。灰色。灰色一色。

雲仙岳

道も細く、濡れた笹が体にあたる。

雲仙岳

国見岳山頂近く。濡れた岩肌が滑る・・・。っていうかガス濃すぎ。

雲仙岳

急なところも多く、鎖があっても慎重に慎重に。

雲仙岳 国見岳

国見岳山頂到着。ガス晴れませんでした。なんてこったい/(^o^)\

雲仙岳 国見岳

山頂のでかい岩に金属の杭が刺さっててそれに錠がついてたんだけどこれは何だろう? 何かが・・・封印されている・・・!

雲仙岳 国見岳

国見岳~普賢岳

山頂にいた先行者が国見岳でガスが晴れるのを待っていたけど、聞いてみたらしばらく晴れていないとのこと。見送ってもらって次の目的地の普賢岳へ出発。
たまに明るくなってきたりして二人で「晴れそう晴れそう!」とか行ってたけど全部フェイントw

鬼人谷口を通過。

雲仙岳 普賢岳 鬼人谷

すぐそばの紅葉茶屋を通過。

雲仙岳 普賢岳 紅葉茶屋

濃いガスの中、緑色の苔に薄っすら濡れた赤い紅葉。画になりますなぁ。

雲仙岳 普賢岳

あ、あれ! カピバラさんじゃないですか! 擬体スキル上がったんじゃないですか!

雲仙岳 普賢岳

岩々ゾーンを抜けて・・・

雲仙岳 普賢岳

普賢神社お賽銭口って書いてある何か。

雲仙岳 普賢岳 普賢神社 お賽銭口

普賢岳山頂到着! 風が強すぎて押さえてないとたぶん飛ぶレベル。ガスもすごい勢いで抜けていく。

雲仙岳 普賢岳

山頂は気温的には耐えられないほど寒くはないんだけど、とにかく風が強くて体感温度がかなり低かったはず。外人さん普通に半袖で飯食っててマジかよと悔しがる道産子kyompi。負けた。悔しい。

雲仙岳 普賢岳

山頂で昼食を取っていた方に写真を撮ってもらって、休憩にするには山頂は風が強すぎるのでちょっと下ってさっきのお賽銭口のところで休憩。やっぱり食べてるときの柿右衛門を見ていると面白い。こんなに真剣な表情でmgmgする人って珍しいと思うの。鬼気迫るというか。さすがに写真は晒せないけど。

風もあり日も当たらずに想定以上の寒さだったけど、インスタントコーヒーを持ってきていたのでそれであたたまり。柿右衛門は足が疲労気味だったのでもうちょいまったり。ソロで登ってるとこんなに山でまったりすることはなかなかなくって、これはこれで楽しかった。

普賢岳~下山

休憩を終えて下山を開始。

もともとは普賢岳を周回ルートで回ろうと思ってて、でも天気が微妙だから先に普賢岳行ってから回るかどうか決めようかって話をしていたんだけど、ルートの一部がまさかの一方通行で周回ができない。できるっちゃできるんだけどかなり戻らなきゃならない。うわー事前調査で気づかんかった。この天気で長居はしたくはなかったので周回ルートは諦めて、でも行ける距離に西の風穴があったからそれを見に行くことに。
ガスで濡れた岩がよく滑るので注意深く歩く。ガスっていうか小雨に近いレベルだったので二人とも髪濡れてたり。レインウェア出すほどではないんだけど・・・。

西の風穴に到着。

雲仙岳 西の風穴

雲仙岳 西の風穴

西の風穴は溶岩洞窟で、マグマが冷えて小さくなる際にできた割れ目。入り口は人の手が入ってるけど。
夏でも洞窟内の温度は4度!

さて、下山はどうしようかなと。当初の予定では歩いて下るつもりだったんだけど時間や状況見ても歩くという選択肢はちょっと厳しいかなとロープウェイで下ることに。

歩きながら時折陽が差してきたりなんかして、でも二人はもう散々騙されてますからね。どうせ晴れないでしょと言いながら本当に晴れない。ふふ、俺達はもう騙されないぜ。

妙見神社に到着する頃には柿右衛門の生気もどんどん薄れて・・・ほぼ幽霊のように。うそ。ガスが濃く。

雲仙岳 妙見神社

ロープウェイに到着してチケットを購入し、ロープウェイ乗り場で待ってたら・・・晴れた。晴れやがった。なんてこったい/(^o^)\
係員のお兄さんにもうチケット渡してたけど晴れてきたので見てきてもいいですかと、ロープウェイから離れて展望台へ。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

全部が晴れたってわけじゃないけど、ガスの合間から紅葉がとても綺麗に見えたのでした。

ロープウェイからも。奥に平成新山も見えてるね。その名の通りまだ若い山。猛々しい。ガスってなかったらもっと見えたんだろうな。悔しい。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ 平成新山

そして登っていた山も見えてきた。こんな形をしていたのかと。ガスが濃くて山の形が一切見えてなかったからねw そもそもそこに山が会ったのかとかw

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

ロープウェイ発着場から改めて平成新山を。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ 平成新山

夕日に照らされる柿右衛門。

雲仙岳 雲仙ロープウェイ

駐車場に隣接されているショップでぜんざいをいただいた。エネルギー回復!

仁田峠 ぜんざい

車に戻って温泉へ移動しようとしたところ、きれいな夕日が!

仁田峠 夕日

あらやだ女の子と一緒にこんな夕日だなんてロマンチック★

仁田峠 夕日

仁田峠 夕日

とても素敵な夕焼けで、島根県の宍道湖思い出しちゃったな。宍道湖もまた行きたいなー。

たまたま近くを歩いていた人と話しながら登るってのはたまにあったけど、友人と一緒に山を登るなんて久しぶりだったのでとっても楽しかった! 先週福岡に来た日に一緒に呑んだけど、会って話したことがほとんどなかったってのもあって喋り足らず。たのしーw

さ、次は温泉です。続く!

 



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

2016年10月28日、旅8日目です。朝は寝坊しました。長時間の運転の疲れのせいですかね。東京と新潟が遠いのが悪い。 しかも4時半に目覚ましをかけたはずが5時半にかけてた。謎です。誰だよこれ設定したの。 準備してすぐに出発。でも女子力が高いkyompiは準備に少し時間がかか ... 続きを読む
2016年10月28日、旅8日目です。

朝は寝坊しました。長時間の運転の疲れのせいですかね。東京と新潟が遠いのが悪い。
しかも4時半に目覚ましをかけたはずが5時半にかけてた。謎です。誰だよこれ設定したの。
準備してすぐに出発。でも女子力が高いkyompiは準備に少し時間がかかるのです。不思議です。お待たせしてごめんなさい><

 

高妻山 登山開始〜

1車線道路はまぁあれですね。おっそい車がいると引きづられるので辛い。それでも順調に登山口の戸隠牧場に到着。戸隠牧場を目指せば、登山者はこっちに車置いてねって感じでわかりやすい案内があるので安心。
この日の天気予報では午後は雨や雪の可能性があったので、行程が短い弥勒尾根でのピストンで出発。

戸隠牧場からスタート。

戸隠牧場駐車場

キャンプ場を通過して進む。

戸隠牧場 キャンプ場

看板の案内に従って柵を超える。

戸隠牧場 高妻山

あらあら、紅葉というか黄葉というか、きれいです。

戸隠牧場 黄葉

画になるNatureGirl。空はうっすら雲がかかってる感じ。たまに雲の切れ間から青い空。

戸隠牧場 高妻山

戸隠牧場 高妻山

その右手は牧場。奥に見える山は・・・なんだっけ、黒姫山だったっけ。

戸隠牧場

弥勒尾根ルートの入口に到着。進みます。

高妻山 弥勒尾根ルート

ピークは過ぎたけど残っている紅葉が素敵。

高妻山 紅葉

何かのうんこを発見して撮影するNatureGirlを激写。このうんこ、オレンジ色でなんだか不思議なうんこだったんです。

高妻山 NatureGirl うんこ

やばいこれどっち側向いてたのか記憶が曖昧だ。妙高方面かな。しかしイマイチな天気である。

高妻山

六弥勒へ到着。

高妻山 六弥勒

からの、高妻山。かっこいいのう!

高妻山

この時点でkyompiのお腹がぐーぐー言いすぎていたので六弥勒でお昼ごはん。さっさと食べちゃったほうが荷物も軽くなっていいと思います!

高妻山 六弥勒 昼食 カピバラさん

高妻山に至らず撤退、下山

昼食中に雨が降ってきた・・・。もともとこういう予報だったしこの後好転もしないようなのでここで撤退することに。高妻山がそこに見えているのにー!!悔しい><
この日は一つも山頂を踏んでいないけど、たまにはこういう登山もいっか。ソロだったら山頂くらい踏まないとってなっちゃうけど、誰かと一緒に行く山はそれだけでいいんです。一緒に登ってくれる人がいて幸せだなって思っちゃう。ここ数年で幸せの閾値が下がりましたね俺。

下山していくと同じルートなのに視界に入る紅葉の数が違うことに気づいた。

高妻山 紅葉 黄葉

高妻山 紅葉 黄葉

高妻山 紅葉 黄葉

高妻山 紅葉 黄葉

なんでだろうねーってNatureGirlと話してたんだけど、下山のときのほうがそもそもの視界が広いからかなって。登るときは足元からちょっと上を見ながらだけど、下るときは正面を見るだけで全体が見えるんだよね。なるほどなるほど。確かに。

NatureGirl & kyompi は下山が早いタイプなので本当にサササーッと下山完了です。

高妻山 コースタイム

計: 約5時間
08:25 戸隠牧場駐車場発
08:49 弥勒尾根入り口
10:54 六弥勒着
11:29 六弥勒発
13:03 戸隠牧場駐車場着

高妻山 コースタイム

この高妻山を一緒に登ったNatureGirlの記事はこちら!
> 野生系女子、山に登る。【高妻山】




ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

「やだベニテングダケかわいい・・・///」 山日記 vol.11-1日本百名山 雨飾山(梶山ルート)の続き。山頂で贅沢すぎるランチ陣取ったポジションとその景色はこんな感じ。いいねぇいいねぇ。山に来たって感じ。とりあえず湯を沸かして、マイホーム(居候先)で家主様に恵んでいた ... 続きを読む

山頂で贅沢すぎるランチ

陣取ったポジションとその景色はこんな感じ。

雨飾山 山頂 パノラマ

いいねぇいいねぇ。山に来たって感じ。
とりあえず湯を沸かして、マイホーム(居候先)で家主様に恵んでいただいたミニカップ麺を食す。

雨飾山 山頂 ランチ カップ麺

その間伝説NatureGirlと岩専ゆうは食パンをゴソゴソと。

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

そう、ホットサンドを焼いていた!

家主様んちで聞いたんだけど、以前マツコ・デラックスの番組でホットサンドに色々挟む回があって、今回挟んだものにはそこから肉じゃがなども。

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

あとはチーズだったり、岩専ゆうが自作した豚の角煮だったり。
食材がもう豪華すぎるし、岩専ゆうがどこからか調達した黄金の皿。本人曰く「王の皿」。マジでどっから調達したww

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

たっぷりのチーズ感がとても美味しそうだったのでこれは絶対にブログに載せるぞと思って王の皿にホットサンド乗せてとったんだけどさ

雨飾山 山頂 ランチ ホットサンド

王の皿の主張が強すぎてホットサンドがよく見えないwww
写真撮ったその場で王の皿の威力に笑ったw

 

下山開始

ポンポンマックス(お腹いっぱい)になったので下山するよ!
山頂についたときはたっくさん人がいたのにゼロになったw

登ってきた道を上から見るとこんな感じ。巻機山の柔らかげな稜線よりももう少しモサモサゴツゴツした感じ。
これはこれで好き。この山かわいい。 

雨飾山 女神の横顔

言われて気づいたんだけど、この景色が女神の横顔って言われてる。わかるかな?
↓のような感じ。

雨飾山 女神の横顔
 
ちなみに伝説NatureGirlによると、だんだんあごがしゃくれてきているらしい。

13時36分、下山スタート。
山頂下は岩々しい急登エリアだったんだけど、俺の足の天敵のような道。ちょいちょい痛むしすっごい時間かかったorz
岩々しい道じゃなければ結構スピーディに歩けるのに。あ、ちなみにこの日は登山開始前にすでにロキソニン飲んでたw

13時54分、分岐に到着。

雨飾山 分岐

14時39分、中の池。

雨飾山 中の池

16時10分、登山口。

雨飾山 登山口

下山後

ふふ、買ったよ!!雨飾山のピンバッジ!!
二日前に来たときに絶対登って買ってやると思っていたピンバッジ! 

日本百名山 雨飾山 ピンバッジ

いやー満足満足。たーのしかった!
でも下山序盤から左足をかばい続けていた右足の膝が大爆笑を初めてやばかった。
あんなに下山が辛かったのは初登山の富士山以来だったのでした。

ペース遅い俺に合わせてくれた伝説NatureGirlと岩専ゆうのお二方に感謝を。

伝説NatureGirlのログはこちらよりどうぞ。
> 9月二度目の雨飾山 

雨飾山 コースタイム

怪我人の俺でこのペースなので、たぶん普通はもっとヒョイヒョイ行けそうな感触。

計: 7時間15分
往:約3時間半
復:約2時間半
09:01 登山口発
11:04 中の池
11:54 分岐
12:21 雨飾山山頂着
13:36 雨飾山山頂発
13:54 分岐
14:39 中の池
16:10 登山口着

雨飾山 登山 ステータス

雨飾山 場所



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

最後に山登ったのいつだっけ・・・というくらい登ってませんね。本当に登山ブログなのこのブログ。登山カテゴリで登山以外の記事書いてたらカテゴリランキングの1ページ目まできちゃったけどほんとすいません。テヘペロ(・ω<)そんなわけで久々の山日記です。登山履歴による ... 続きを読む
最後に山登ったのいつだっけ・・・というくらい登ってませんね。本当に登山ブログなのこのブログ。登山カテゴリで登山以外の記事書いてたらカテゴリランキングの1ページ目まできちゃったけどほんとすいません。テヘペロ(・ω<)

そんなわけで久々の山日記です。登山履歴によると最後に登ったのは2016/07/10の巻機山が最後だから2ヶ月とちょっとぶりか。行こう行こうとしてたけど天気や台風などのタイミングが悪かったり、退職の飲み会ラッシュだったりですっかりご無沙汰。完全に体鈍ってたよね。でもずーっと山に来たかった!


そして2016年9月25日、日本百名山 雨飾山登ってきました!新潟界隈の山で伝説になりつつある登山狩猟ガールのNatureGirl (取材するなら今のうちからが吉ですよテレビ局さん!) と最近はもっぱら岩専のゆうと。
マイホーム(居候先)からも見えるこの雨飾山。冬に来たときも田植えに来たときもいつもかっこよく見えていたこの山。ずっと登りたかった念願の山。雨飾とか字面もかっこよすぎる。

雨飾山荘から登山開始

9時1分、「雨飾山荘ではんごろしラーメンを食す」の雨飾山荘の登山口からスタート。
 
雨飾山 登山口

雨飾山 登山口

雨飾山山頂まで4時間。
 
雨飾山 登山口

薬師尾根。
 
雨飾山 薬師尾根

これは若いサルノコシカケなのだろうか。
*キノコ先生によるとアイカワタケ

雨飾山 サルノコシカケ

根っこ根っこした山道。イイ。

雨飾山 山道

ベニテングダケ。かわいい・・・。ベニテングダケにはイボテン酸ってのが含まれていて、これが超絶に旨いらしい。でもそれがこのキノコの毒成分。このイボイボは洗えば取れるし、1本じゃ死なないらしい。でも良いトリップはできないとか。

雨飾山 ベニテングダケ

ゆうが「うわっ」と声を上げた先にあったのがこの木。ツキヨタケらしい。これ発光するのか!見てみたかったなー。もう少し遅い時期だったらムキタケだったかもらしい。

雨飾山 ツキヨタケ

アップにする。キノコに占領されてる。ここまでくると気持ち悪い。
 
雨飾山 ツキヨタケ

10時21分、一ぷく処。コースタイム通り。

雨飾山 一ぷく処

雨飾山 一ぷく処

ぐにーんって。この辺の木は雪の重みで不思議な曲がり方してるものが多いけど、こんなに回り込むものなのか。
 
雨飾山

傘開いちゃってるのかもともとこういう形なのかわからないけど立派なキノコ。名前はきっといつものキノコ先生が教えてくれる。
*キノコ先生によるとテングダケ 

雨飾山 キノコ

たぶんツルリンドウの実バージョン

雨飾山 ツルリンドウ 実

中の池手前は道がグッチャグチャにぬかるんでおった。
 
雨飾山 中の池周辺

11時4分、中の池。奥に池があったらしいけど俺は足が痛いので登ることだけに集中。
 
雨飾山 中の池

雨飾山 中の池

ここから岩々しい道が・・・。俺の左足は特定の方向に曲げると痛む状態なので、そっちに曲がらないよう足場ガン見しながら進む。

雨飾山 山道 岩
 
11時54分、尾根に出ましたぞ。山頂まであとちょっと!

雨飾山

雨飾山

もしかしたらこの山も稜線可愛いかもしれない。
 
雨飾山 稜線

谷ー!ここの紅葉見たかったな。
 
雨飾山 谷

続けて登って登って・・・
 
雨飾山 山頂

12時21分山頂到着。1963m。日本百名山雨飾山山頂!
 
雨飾山 山頂

雨飾山 山頂

いやーよくやった俺。こんな足で山に入るなって話ですが。頑張った。

長くなったのでランチから先は次回の記事で。
 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

ちょうど富士登山トレンドの真っ最中なので初めての登山の回想記。当時の記録を見ながら思い出しながら。 っていうかもう三年も経つのか・・・。週五(平日全部)で通ってた飲み屋の店長が友達に富士登山に誘われたとのことなので俺も参加させていただきました。店長の友達の友 ... 続きを読む
ちょうど富士登山トレンドの真っ最中なので初めての登山の回想記。
当時の記録を見ながら思い出しながら。 っていうかもう三年も経つのか・・・。

週五(平日全部)で通ってた飲み屋の店長が友達に富士登山に誘われたとのことなので俺も参加させていただきました。
店長の友達の友達が開催したツアーみたいなもので総勢24名。

さて、登ることになったけど装備ゼロ。ということで登山やる同僚に相談し、一緒に会社近くのモンベルへ。
靴・レインウェア上下・ヘッドライト・ザック・インナーなどその他一式をその場で揃えて10万超え。震えた(゚д゚)

そして2013年08月17日。kyompi史上初めての登山。
小学生の時に学校行事で北海道駒ヶ岳を登った気がするけどあんまり覚えてないしそれはノーカウント。

当日は夕方ちょい手前くらいに渋谷クロスタワーで集合し、チャーターしたバスで富士山へ。

道中のSAから撮影した富士山
 
SAからの富士山

この風景を見ながら今からあそこに行くのか・・・と唾を飲まざるをえない。

ルートは富士宮ルート。弾丸登山です。
五合目の駐車場についてから1時間ほどダラダラして体を順応させる。
8月なのにこんなに涼しいのかとびっくりしたなぁ。

登山開始

そして21時くらいから登山開始。
闇の中をヘッドライトの明かりで歩くって普通しない経験じゃん。ワクワクしてたw
皆の明かりが列になって見えてそれも綺麗だったなぁ。

まだこの頃は冬のスノーボード以外運動を全くしていなかったから体弱ってるし体力無いしで序盤で参加したことを全力で後悔。
有酸素運動は開始から15分は体の準備がまだできてなくてしんどいんだよね。後でセカンドウインドというものを知った。

でも六合目で眼下に広がる雲海。これはとても素敵だった。月明かりに照らされた雲海なんて初めて見た。

富士山雲海

六合目から新七合目にかけては体が慣れてきたのかだいぶ楽に登れた。
新七合目から元祖七合目は流石に疲労が出てきたよね。さすがデスクワーク。
それでもちょいちょい立ち止まって雲海見ながら進んだ。

元祖七合目から八合目にかけてはちょっとだけ頭が痛いような気がした。若干目がチカチカしてたけどすぐに治ったので気にせず進む。
一緒に登ってたメンバーが持ってた酸素を興味本位で吸ってみたり。確かに空気が肺に入ってきてる間はあった。

八合目で頭痛の絶頂が訪れ、しかも極寒。こんなに寒いだなんて思わなかった。鼻水止まらん。
しばらくベンチで休んでたんだけど動けなくて俺はここでリタイヤ。
本隊はそのまま頂上へ、俺は寒さに耐えられずに5000円払って八合目の小屋で寝る。この時の布団は温かくて気持ちよかったなーw
ご来光直前に小屋の人が起こしてくれて、くっそ寒い中外に出てガタガタしながらチラ見。

富士山 八合目からのご来光

八合目でご来光見るとか屈辱過ぎてガン見できなかった。
ご来光見た後はまた寝て7時に起床。kyompi氏完全復活。

LINEで本隊のメンバーと連絡とって(富士山は各基地局が頑張っているのでどこでも電波余裕)、山頂からもう少しで下山するよーってことだったのでまだ登れるなと。
数時間八合目に留まってたおかげで体も慣れたし、何より八合目で終わりとか俺何しに来たのかと。
ここで本隊との合流を待って下山とか悔しすぎるし、何その圧倒的敗北。死んだほうがマシなレベルの負け方。

というわけで下山する本隊と合流するまで登山再開。

八合目から九合目を越して九.五合目まで余裕で到達。苦もなくスラスラーと登っちゃった。

富士山 9.5合

万年雪もあった!

富士山 万年雪

ここで本隊に合流。 本当にここまで登ってくるとは思わなかったとお褒めの言葉をいただきましたね。根性には自信あります!滅多に使いませんが。
ちょっと休憩し、ザックからランチパック取り出したらパンパン。はちきれんばかりにパンパン。

富士山 ランチパック

まぁ結局食べなかったんですけどね!

下山開始

帰りのバスの時間もあるので山頂は断念して下山開始。
もうちょっとだったんだけどなー。見えてたんだけどなー。 悔しい!本当に悔しい!!

ぶっちゃけ富士山は一定の景色が続くのでそこを求める人だとたぶんつまらないかなっていう景色。
 富士山 景色

皆様はもちろんずっと行動し続けて寝てないので疲労感の中の下山。砂地も多くて気を抜くと滑りそうになる。
そんな中完全復活した直後の俺、超元気。
日差しが強くて暑い暑い。耐え切れずに日焼け止めを塗って半袖に。

もうすぐ登山口だーってところまで来たんだけど店長の友達が体力の限界でもう動けない状態になり、体力バカの店長がおんぶ。
調子に乗ってヒョイヒョイ降りてたら浮石踏んで転倒・・・おんぶ人を庇うように倒れた結果店長足捻挫。やれやれw

皆でサポートしながらなんとか下山完了。
納得がいかない結果だったのでこの時リベンジを決意。富士山絶対許さん。
翌年の富士山リベンジ記事

足元見たら新品の登山靴が使い古したかのように変身してた。

富士山 登山靴

ちなみにこの日、両腕と耳を火傷しました。腕の日焼け止めたぶん汗で流れてたな・・・。
耳は完全に油断してた。キャップで登ったのはこの日が最初で最後でございました。

富士山 日焼け 火傷

数週間は本当に痛くて痛くて腕を冷やしながら仕事してたw
この日から3年たった今でも左手には時計の痕が・・・。

この経験をしてからというもの、登山時は日焼け止め塗りまくり。本当に危ない。
しかし新潟旅行2日目。人生初田植え編。の時はミスった。腕の痕が更にひどくなったのでした・・・。

後日談

店長負傷のため飲み屋の営業時間変更のお知らせをいただいた。

富士山 店長捻挫 営業時間

富士山 店長捻挫 営業時間

更に後日談

ガス麻酔ワロスwwwww

富士山 店長捻挫 ガス麻酔


新潟旅行目次新潟旅行1日目。初テント泊!新潟旅行2日目。人生初田植え編。新潟旅行3日目。kyompiの山日記 vol.7 頸城駒ケ岳(新潟)5/154時半位に起きたんだっけ?初テント泊でよく眠れなくて寝不足w 今日は田植えの日!・・・のまえに山登ろう!というわけで近所の戸倉山へ ... 続きを読む
4時半位に起きたんだっけ?初テント泊でよく眠れなくて寝不足w
 
今日は田植えの日!・・・のまえに山登ろう!というわけで近所の戸倉山へ。
この山は俺にとって初めての雪山。2年前の元旦に来たんだよね。初雪山&初つぼ足でなかなか苦労したw

↓その時のストイックな俺
02

去年も元旦に登ろうと糸魚川に来てはいたんだけどまさかの大寒波で雪降りすぎて登山口まで行けずに断念。そんな山。

登りはその時と違うコース、下りはその時と同じコース。
標高は1000mに満たない小さな山だけど、登りのコースが予想以上に急。でも写真じゃ伝わらないんだよね急さってorz

そんな山を花の名前を教えてもらいながら登りましたと。途中でマムシの子どもらしきものにも出くわし…これはさすがに写真は撮ってない。ビビりまくってた。

10

↓イワカガミ。場所によって色や濃さがちょっと違う。
02

↓サンカヨウ。濡れると花びらが透明になる可愛い子。
01

↓焼山から噴煙が・・・噴火する前に登っておいてよかったー。
30 HDR-2

頂上で朝ごはん!友だちがおにぎりとゆで卵作ってくれてたので湯を沸かしてインスタントの味噌汁をいただいたのです。

↓友達のはおにぎりが潰れてしまい・・・w
46

ごちそうさまでした!

ちなみに食べてる間はクマンバチやらなんやらがブーンブンシャカしまくってて「ひっっ」とか言いながら食べてました。超スリリング。

朝ごはんも食べ終わり、ぴゃーっと下山。

↓下山途中の池。きれい。
38 HDR-2

Screenshot_20160608-122649

そしてここからが本番!今回の旅の目的「田植え!」

つづく。


Facebookの1年前の今日を見てたら去年撤退した時の記事があったのでちょっと編集してこっちに転載。 というわけで下記、2015/05/31の登山なのです。  ... 続きを読む
Facebookの1年前の今日を見てたら去年撤退した時の記事があったのでちょっと編集してこっちに転載。 
というわけで下記、2015/05/31の登山なのです。 続きを読む

どうもチーム海谷所属東京都在住kyompiです。2015年9月13日、前回の北アルプス燕岳にから南アルプス日向山に浮気しちゃった! ... 続きを読む
どうもチーム海谷所属東京都在住kyompiです。

2015年9月13日、前回の北アルプス燕岳にから南アルプス日向山に浮気しちゃった!
続きを読む

どうもチーム海谷所属東京都在住kyompiです。チーム内の仕事は主にweb担当です。だってみんな新潟にいるし遠いしなかなか行けないんだもの・・・。というわけで山日記を初めて書いてみる! ... 続きを読む
どうもチーム海谷所属東京都在住kyompiです。
チーム内の仕事は主にweb担当です。だってみんな新潟にいるし遠いしなかなか行けないんだもの・・・。

というわけで山日記を初めて書いてみる!

続きを読む