タグ:Pref.栃木

2016年10月24日、旅4日目。「大気を感じる青と駐車場の赤」 山日記 vol.14 日本百名山 日光白根山〜前白根山〜五色山の続き。新潟へ向かいますこの日は下山後、新潟の友人宅へお泊りすることになっていて、予定ではそのまま立山連峰を目指そうと思っていました。しかし新潟 ... 続きを読む
2016年10月24日、旅4日目。

新潟へ向かいます

この日は下山後、新潟の友人宅へお泊りすることになっていて、予定ではそのまま立山連峰を目指そうと思っていました。しかし新潟方面へ車を走らせて間もなく不穏な空気。赤いテールランプがびっしりです。そして巻き込まれた超渋滞。

異常に進まないので何事かとtwitterを検索したところ、どうも紅葉観光客で混雑していた模様。ナビの到着予想時間を見ると完全に日が変わった後になっていて、泊めていただく身分としては深夜に到着して友人の生活を乱すわけにはいきません。職業プロ居候としては禁忌です。

とはいえ車が動かないので先に温泉に入れば出る頃には状態も良くなっているだろうと検索。


温泉に行くぞー!

なんとか渋滞を抜けて見つけた温泉へ向かう。

鹿が飛び出してきたぞー!!はねてません。危ない危ない。ここで旅が終わるところだった。
そして温泉もちゃんとやってた。よかった!



洗い場にちゃんとシャンプーとボディーソープある。よしよし。でも水風呂はない。
えっ、今ネットで見たら露天風呂あったの。気づかなかった・・・。湯気がすごくて白かった。全然見えなかったw

温泉から上がって着替えようとしたら替えのTシャツ忘れたことに気づいたんですね。カーディガンは持ってきてたんですけど。車まで素肌カーディガンでいっかと思って素肌にカーディガン着てみたけど気持ち悪い露出狂状態になってしまったので断念。あれは無理だ・・・。
仕方がないので登山着を着なおして車まで行き、10度以下の寒空の下で上半身裸になって着替えるという苦行。

そんなことはどうでもよくて、ナビを再度確認したわけです。・・・oh。変わってない。相変わらず渋滞しておる。

ふと反対方向はどうだろうと東京の自宅への経路を検索してみたところ、こっちはとてもスムーズっぽい。新潟よりも半分以下の時間で着く。30分ほど車の中で悩むkyompi。

しかし数回の車中泊を経験して、必要な荷物とそうでない荷物、足りてない荷物がはっきりし、この機会を逃せば自宅へ帰ることは当分ないだろうと自宅へ戻ることを決意。しかも今出れば行きつけの飲み屋のラストオーダーにギリギリ間に合う。よし。

急遽進路を東京へ変更

新潟の友人へ事情を伝え、すぐに東京に向けて出発。ラストオーダーとの勝負なので必死です。
この日は平日だったので高速も混んでなく、一度も渋滞に巻き込まれることなく自宅へ到着。
確実に必要で車の中に放置しても大丈夫なもの以外はすべて自宅内に移動し、速攻で飲み屋へ。

実は運転中に燕美女から飲みのお誘いLINEが来ていて、もともと東京にいる予定でもなかったし旅に出ることも伝えてなかったのにこのタイミングでくるのかと。いつもそういう謎の力が働く子なので恐ろしい。きっとスタンド使いなのだろう。渋滞さえも操ったのではないかとマジで思った。

そんなこんなで飲み屋で合流して久々のいつもの焼き鳥を食べて日本酒を呑んで。車中泊だと酒が本当に飲めなくって、というのも日本酒を飲みすぎると度数的に起きたときにアルコールが残っていて運転不可になってしまうから。だから日本酒は飲めないし、ビール一本とかでずっと我慢してた。この時の日本酒は本当に美味しかった。しみる。もちろん串も最高に旨い!!

行きつけの飲み屋情報はあえて晒すことも無いので書かないけど、ここの串は本当に美味しいです。 TwitterにはSwarmのチェックイン情報流れてるので気になる方はそちらをどうぞ。

その店がしまった後は別の店に移動して更に飲み仲間追加して呑み。

久しぶりの東京は楽しかった。いつもの人たちといるとやっぱり安心する。そんな夜を過ごしてこの日は終了でございます。でも、旅は終わりません!続きます! 


 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016年10月24日、旅4日目です。 日光白根山登山口へ向かう この日は「道の駅 黒保根やまびこ」を寝床にしたわけですが、通り過ぎていく走り屋が多いので夜中でも結構うるさいです。迷惑な連中ですねまったく。まぁ登山後だったので全然寝れましたけども。 さて起きたわけで ... 続きを読む
2016年10月24日、旅4日目です。

日光白根山登山口へ向かう

この日は「道の駅 黒保根やまびこ」を寝床にしたわけですが、通り過ぎていく走り屋が多いので夜中でも結構うるさいです。迷惑な連中ですねまったく。まぁ登山後だったので全然寝れましたけども。

さて起きたわけですがやはり山の中。凍える。gkbrしながらホットの缶コーヒーを買って日光白根山ロープウェイに向かいます。



移動中は前々から愛聴してるポッドキャスト「まりもえお」を。まりもえおは道産子女子がひたすら喋ってるものなんだけど、北海道訛りが好きでよく聴いてる。一人旅してると人と会話することが本当に無いんですよ。会話を聞くことすらも無いんですよw だからまりもえおで会話を聴いてるとホッとするのです。内容がまた面白くて闇の山道走ってるときとかの心細さどころか一人で運転しながら笑ってます。ちなみにkyompiはりえにゃん推しです。

日光白根山ロープウェイ〜登山口

駐車場に車を停めて朝食。準備して出発。

ロープウェイのチケットは丸沼高原センターハウスで販売しています。

丸沼高原センターハウス

実は昨シーズンここ、スノーボードブロガー雪山田さんのオフ会で丸沼高原スキー場に一度訪れていたので半年ぶりです。
懐かしいなぁ。このシーズンにまた来るとは思ってもいなかった。

チケットを購入してゴンドラ乗り場へ。オフシーズンのゲレンデって珍しいよね。
あ、モンベルのメンバーカード見せるとチケット代が100円引きになるよ!

丸沼高原スキー場

丸沼高原スキー場

登山口はゴンドラを降りてすぐです。ここから見える日光白根山がこれ。見てこの空。どうみても当たり日。青さが怖いくらい。

日光白根山

日光白根山登山開始

登山口はここ。

07

日光白根山 登山口

鹿よけの柵を超えて直進です。登りたい山を確実に登れるように先に行くスタイルなので、まずは避難小屋を経て日光白根山を目指します。

日光白根山

平日の朝なので人もそれほど多くなく、清々しい道です。

日光白根山

気温も低いのでところどころ道の端に霜。踏むとサクサクして楽しい。

日光白根山 霜

木々の間を進んでいくと突然開けるタイミングがよくある。この瞬間が好き。

日光白根山

日光白根山

日光白根山

山頂手前で数人のグループに追いついたんだけど、その先頭を歩いていたのは犬。か、かわいいいいいい。

日光白根山

日光白根山 犬

日光白根山山頂に到着。

日光白根山 山頂

中央のぽっこりしたのが男体山。その左側が女峰山。山たくさん並んでるけどどれが女峰山かはわからんw
男体山かっこいい!

日光白根山 男体山 女峰山

山頂は強風で寒いので軽食で済ますことに。ビタミンカステラ。

日光白根山 山頂 カピバラさん ビタミンカステラ

五色沼避難小屋を目指して歩いていたら五色沼と五色山がきれいに見えるところがあったり。

五色沼 五色山 カピバラさん

避難小屋近くはまた景色が変わってくる。

五色沼避難小屋

五色沼避難小屋に到着!

五色沼避難小屋

中には毛布や飲料水、食べ物などの物資。

五色沼避難小屋

五色沼避難小屋

天気もいいし外でお昼ごはんです。毎回カップ麺食べるのも飽きたので趣向を変えてみた。
ビタミンカステラとカロリーメイトゼリーと熟成チーズ鱈。この熟成チーズ鱈は同僚からのいただきもの。

五色沼避難小屋 カピバラさん

ちなみにこの日の行動食はBANANA。会社のオフィスグリコだと安かったので在職中に買いまくってたやつw

五色沼避難小屋 カピバラさん
 
さて、前白根山を目指します。

前白根山

青い・・・空が本当に青い。
ちなみに日光白根山と前白根山周辺は砂利っぽい道なのでよく滑ります。おかげで翌日ふくらはぎが筋肉痛になりました。

前白根山

前白根山山頂に到着!

前白根山 カピバラさん

いつものことだけどこの時点で13時半だったので俺以外は誰もいません。ぼっちじゃないよ。ソロです。
さて、次は五色山へ。

五色山

ガーっと登って五色山山頂。ここで人間1名が現れてちょっと安心。

五色山

五色沼を経由して戻ろうと思ってたんだけどゴンドラの最終の時間を考慮して寄らずに先へ。

五色山

道中の沼?が凍ってた。

五色山

弥陀ヶ池。

弥陀ヶ池

ここで反対側から来た若いグループとすれ違う。別に楽しそうとか思わないし・・・思ってないし・・・
この辺でトレッキングポールのキャップが無くなってることに気づいた。買ったばかりなのにまた・・・(´・ω・`)
探してみたけど見つからないのでそのまま進むことに。林の中を突っ切って血の池地獄へ。走りやすい道だったので走ります。

血の池地獄

血の池地獄 カピバラさん

全然赤くないっす。日が当たってると赤く見えるのかな?

そして走り続けて日光白根山登山口に到着。

振り返ると朝とは違う日光白根山。朝は影になっていた部分に日が当たっててとても綺麗だった。

日光白根山

下りのゴンドラの中で。カピバラさんもお疲れ様でした。

日光白根山 ゴンドラ カピバラさん

丸沼高原センターハウスについてまわりを見たら夕日に照らされた紅葉が。朝は気づかなかった。この日見た一番綺麗な紅葉がまさかのここ。上の方はもう遅かったから仕方ないんだけども・・・w

丸沼高原センターハウス 紅葉
 

あ、バッジも購入した。でも写真取らずに家においてきちゃったな・・・。

この山も楽しかったのです。空気も景色もすべて、ごちそうさまでした!

しかしここから旅は急展開。そんないい気分は長くは持たなかったのであった・・・。

日光白根山〜前白根山〜五色山 コースタイム

計: 約5時間
1010日光白根山登山口発
1040避難小屋
1152日光白根山山頂着
1208日光白根山山頂発
1249五色沼避難小屋着
1312五色沼避難小屋発
1339前白根山山頂
1405五色山
1444弥陀ヶ池
1522血の池地獄
1539日光白根山登山口着

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ