タグ:Pref.滋賀

2016/11/04 旅15日目です。道の駅 藤樹の里あどがわで起床。起きたというか起こされたというか。日差しが強すぎて車内が猛暑。そりゃ目が覚めますよ。お腹が減ったのでまずは朝食の調達。藤樹の里でにっき餅ときのこご飯を購入。地元食材を使ってる。と思いたい。朝から豪華 ... 続きを読む
2016/11/04 旅15日目です。

道の駅 藤樹の里あどがわで起床。起きたというか起こされたというか。日差しが強すぎて車内が猛暑。そりゃ目が覚めますよ。
お腹が減ったのでまずは朝食の調達。藤樹の里でにっき餅ときのこご飯を購入。地元食材を使ってる。と思いたい。朝から豪華な食事です。

にっき餅 きのこご飯

昨晩のひれ酒パワーでこの日はもうやる気がありません。まったり車内で朝食を食べながらブログ執筆業に勤しむ。

車 MacBook Air

ドアの上の取手にハンガーでタオルやソフトシェルを干してるしダッシュボードの上は登山で濡れた帽子やズボンを並べて干していて、フロントからはシュラフ丸見えで、車上生活感半端ない。

次登る山を探していて鳥取の大山はどうかなと。テレビのない生活をしていたので2016年10月21日に発生した鳥取中部地震についてほとんど知らなくて、地震が起きると登山道が崩れたりもするしはたして鳥取の山は登れるんだろうかと。鳥取県は飛ばしちゃったほうがいいのかなー。

ずっといじってたもんだからMacBook Airのバッテリーも40%切っちゃったんだけど、ブロガーのあすかにアドバイスを頂いたので充電できる喫茶店などを探してみるも、店がなかなかない!東京だったらその辺にたくさんあるだろうけど、ここは滋賀なのであった。仕方ない、車の中でAC充電できるインバーターを買うか・・・と迷っていた所に、こっち側に住んでいる元同僚からここ行っておいでとおすすめ情報をいただきましたよ!

 

三井寺(園城寺)

教えていただいたのは三井寺。紅葉スポットですね!


駐車料金は500円、入山料は大人個人で一人600円。
歴史的建造物に興味があったらきっともっと楽しかったんだろうと思うほどそういう建物が沢山。

立派な入り口の門。

三井寺

釈迦堂

三井寺 釈迦堂

なになに、三井寺秋のライトアップ。11月18日~11月27日。えっ。早かったの!!

三井寺 秋のライトアップ

国宝の「金堂」。

三井寺 国宝 金堂

歴史物の中でkyompiが一番興味を持ったのがこれ「弁慶の引摺り鐘」。

三井寺 弁慶の引摺り鐘

パンフレットから抜粋するよ!
奈良時代の作とされるこの梵鐘は、むかし俵藤太秀郷が三上山の百足退治のお礼に竜宮から持ち帰った鐘を三井寺に寄進したと伝えています。その後、山門(延暦寺)との争いで弁慶が奪って比叡山へ引きずり上げて撞いてみると"イノ・イノー"(関西弁で帰りたい)と響いたので、弁慶は「そんなに三井寺へ帰りたいのか!」と怒って鐘を谷底へ投げ捨ててしまったのです。その時のものと思われる傷跡や破目などが残っています。
それがそうかは定かではないけれど、傷らしきものもあって「おおおー」と。面白い。

何故ここにクジャクが。

三井寺 クジャク


この辺からkyompiの中に埋もれていた鳥好きが開花し、クジャクもちょっと首が長すぎるものの好きの対象です。か、かわいいいいいい///

一切経蔵。でかすぎて収まらない。すごい迫力だった。

三井寺 一切経蔵

三井寺 一切経蔵

な、なんだと!るろうに剣心がここで撮影されただと!

三井寺 るろうに剣心

というわけで映画と同じカメラ位置から一枚。

三井寺 るろうに剣心

三重塔

三井寺 三重塔

色づきかけ・・・。

三井寺 紅葉

長日護摩堂の門だったかな?パンフレットかと思ったら本日の新聞が入っておりました。大変ですね韓国。

三井寺 新聞

こういう道を見ると歩きたくなる。この先に道は無いのだけれど。kyompiの生き方そのものですね。先が見えません。今行きたい方向に歩いてるだけなので先を見る必要がないんですけども。

三井寺 カピバラさん

って、あれ?

三井寺 カピバラさん

や、野生のカピバラさんだ!

三井寺 カピバラさん

微妙寺

三井寺 微妙寺

三井寺 微妙寺

なんでこんな微妙な名前にしたんだろうと思ったんだけど、たぶんそれは本来の「微妙」の意味に由来するのかな。
今はネガティブな意味で用いられるけど、正しくは(何を正しいと定義するかは置いておいて)下記の意味。
「なんともいえない味わいや美しさがあって、おもむき深い・こと(さま)。」
「はっきりととらえられないほど細かく、複雑で難しい・こと(さま)。」
三省堂大辞林より。

三井寺の名物「力餅」。いいねー、一度こんなところに来てみたかった。

三井寺 名物 力餅

三井寺 名物 力餅

おやまぁこんなところにもきのこ!名前はわからないけどキノコを探す癖がついているようだw

三井寺 きのこ

観音堂

三井寺 観音堂

三井寺 観音堂

天井近くに貼ってあるイタズラの札みたいなのって何なんだろうとあとでググってみたら千社札って言うのね。この落書きレベルの景観を作り出す文化はどうにかならないのかな?せっかくの建物が汚らしいです。

標準の倍くらいの2時間ちょっとかけて三井寺を回り終わって駐車場に戻り、見慣れない缶コーヒーがあったので飲んでみたら甘い。甘すぎる。

関西限定 BOSS とろけるカフェオレ

たぶん関西限定缶。ジョージアのオリジナルとか、FIREの北海道限定ミルクテイストとかそういう類の甘さ。結構きつい。

さて!その後は滋賀県を出るべく鳥取方面へ向かいます。

イエローハット

MacBook Airの充電問題が解決していないことを思い出し、その辺にあったイエローハットに寄り道してインバータを購入。

車 インバータ

車のバッテリーが心配だったけど、走ってる最中だけONにする分にはまぁ大丈夫かなと。
説明書通りに使うとすると、シガーソケットにインバータのプラグを差し込み、インバータにACプラグやUSBなどを接続してON。エンジンがかかっていないときはインバータの電源をOFFにしたままエンジンをかけ、少し立ってからON。エンジンの点火に必要なバッテリーを確実に確保するためとかかな。
使ってる最中はジジジジジ・・・・って音がずっとなっていて(爆音で音楽流してるので全く気になりませんが)、発熱が凄いっす。しばらく使ったあとに触れ続けるとたぶん火傷しそう。この時期は寒いのでたまに指先の暖を取る分には便利。


イエローハットだと確か4000円くらいしてたような・・・amazon安すぎる。悔しい。
無事にMacBook Airも充電でき、滋賀県以降の旅中はこのインバータは手放せないものになったのでした。超便利。

あ、会計終わって店を出るときに店員の方々が「おおきに!」って。「おおきに!」って!おおきになんて初めて言われたよ!おもしろーいw

来来亭

最近ラーメン食べてないなと近場のラーメン屋を探して見つけた来来亭。後日知るんだけど、この店ってチェーンだったのね。どこに行っても頻繁に見かけたw


味玉子とキムチが付いた特製ラーメンを注文。

来来亭 ラーメン

見た目は家系っぽいなと思ったけど、全然違った。意外とあっさりしておる。あとネギが青い。いつもだったらネギラーメンを頼むところだけど、青ネギは認めない。ラーメンでネギって言ったら白ネギでしょう。関西とは相容れません。

店を出て駐車場から店員用ドアが見えたらこんな張り紙が。

来来亭

「店内には金品等一切ございません。」
これは強盗対策なのかな。ってことは前に入られてるのかなここ。

あ、ここも店を出るときに「おおきに!」って言ってくれました。楽しいww

道の駅 ようか但馬蔵

随分と太平洋側に寄っちゃったので高速に乗りつつ一気に日本海側へ戻ります。
この辺は比較的近距離に道の駅がいくつかあるので、体力の限界まで走らそうと何度かよしまだ行けると目的地を先に変更。登れるかどうかわからないけど一応大山方面へ。


この道の駅は、道路を挟んで反対側にファミマがあるので立地はとてもいい。道の駅近くにコンビニがあると酒と朝食の調達がとても楽。車の中には常に登山用の行動食があるので朝食が調達できなくてもいいんだけど。

ビール
 
以上、この日はこの道の駅で本日〆の酒を飲んで就寝なのでした!

 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016/11/03 旅14日目です。「山頂だけ雨とか・・・」 山日記 vol.18 日本三百名山 蓬莱山の続き。下山後、まずは朝声をかけてくださった方のところへとお食事処ほうらいへ向かう・・・が明かりはついてない。やっぱり店は営業してないっぽい。残念。びわ湖バレイそういや蓬莱 ... 続きを読む
2016/11/03 旅14日目です。

下山後、まずは朝声をかけてくださった方のところへとお食事処ほうらいへ向かう・・・が明かりはついてない。やっぱり店は営業してないっぽい。残念。

びわ湖バレイ

そういや蓬莱山の登山バッジを手に入れてないぞ!そんな店もなかったけど!と気付き、ロープウェーに行けばあるだろうとびわ湖バレイへ向かう。流石にもう夜も近いので紅葉客は少なく、スムーズに到着。


早速お土産屋を見て回るも見つけられず。ググってみたら昔はあったけど現在は蓬莱山の登山バッジは無いらしい。なんと・・・。
蓬莱山からも見たけど、琵琶湖でっかいなー!

びわ湖バレイ 琵琶湖

北海道育ちだと行事で滋賀県に来ることも無いし、今回初めて見てその大きさにとても驚いたのでした。


温泉「比良とぴあ」

蓬莱山近くは紅葉客が集まってそうな気がしたのでちょっと離れた比良とぴあをチョイス。

営業時間は10時~21時。大人一人610円です。(2016/11/3現在)


登山者用のロッカーが置いてあるのはとても高評価。

比良とぴあ 登山者用ロッカー

洗い場にはヒノキの洗顔石鹸あり。もちろん露天風呂あり。

ドライヤーは四つ、1200wで風力は問題なし。もちろん無料。
手とかかと用の保湿クリーム、クレンジングも置いてある。

男湯はアメニティ手抜きされることが多いのでこの充実度は素晴らしい。いい温泉でした。

道の駅 藤樹の里あどがわ

温泉後は本日の出発地点である道の駅 藤樹の里あどがわへ。今晩もここで寝ます。


ここは道の駅にしては珍しく街中にあるのでコンビニも飲食店も近くにあります。じゃあもう行くしか無いじゃない?

お食事処 まさ

道の駅が近いから全然飲みにいける。なんて素晴らしい!
Googleマップを見ながら店に近づいたら何やら入りづらい雰囲気。ええ・・・高そう・・・。それでもここに行くしか無い。近場で日本酒がありそうなところはここしか無いのだから!散財の覚悟がなければそもそも旅に出るなって話ですよ。

お食事処 まさ

勇気を出して入ってみると座敷がいくつかとカウンター。カウンターの前には寿司用?のネタケース。2階もあるっぽい。店構えは硬そうな感じだったけど、地元の方が気軽に来てる印象だった。

無性に呑みたかった生ビールととんちゃん定食。定食はランチメニューだけど夜でも可。
鶏肉に甘辛い味噌ダレをからめたものをこの辺では「とんちゃん」って言うんだって。

お食事処 まさ とんちゃん定食

登山の後は毎回ビールと肉に飢える。とんちゃん美味かった。

さて、これからが本番。どの日本酒飲もうかなーとメニューを見ていたらひれ酒を発見。反射で注文。

お食事処 まさ ひれ酒

東京の行きつけの店で寒い時期にだけひれ酒があるんだけど、これが好きすぎてその時期はだいたいこれしか呑まない。ってくらい好きだったんだけど、旅に出てからはすっかりご無沙汰だったのでもう本当に恋しくて・・・。翌日もどこかの山に登ろうと思ってたんだけど、ゆっくりひれ酒呑みたいので辞めた。山、辞めた。

続いて、地酒です。上原酒造の杣(そま)の天狗 純米吟醸生原酒 うすにごり。

上原酒造の杣(そま)の天狗 純米吟醸生原酒 うすにごり

あらやだこれも美味しいわ・・・。飲みきる前に閉店時間になっちゃったので残った日本酒は持ち帰り。(いつ飲もうかなー♪これ美味しいもんなー♪と楽しみにしてたんだけど、後日どっかのホテルの冷蔵庫に入れたまま忘れました。本当に悲しい。辛い。)

いい感じに酔っ払って道の駅まで冷たい空気の中を歩いているととても気持ちがいい。車も全然走って無くて、ただただ街灯と店の明かりが輝くだけ。こういう田舎っぽいところが地元みたいで好きなのです。この景色に雪があればもっといいんだけど。

滋賀県



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016/11/03 旅14日目です。ホテル暮らしが続いていたので久々の車中泊明け。そこそこ寒い。これが建物内と車の差か・・・。朝食は後で考えるとして、蓬莱山登山に向けてまずは車を走らせます。~びわ湖バレイ ロープウェイ前日下調べしておいた蓬莱山予定ルートはロープウェ ... 続きを読む
2016/11/03 旅14日目です。

ホテル暮らしが続いていたので久々の車中泊明け。そこそこ寒い。これが建物内と車の差か・・・。
朝食は後で考えるとして、蓬莱山登山に向けてまずは車を走らせます。

~びわ湖バレイ ロープウェイ

前日下調べしておいた蓬莱山予定ルートはロープウェイを使ったもの。なので目的地はびわ湖バレイ。


経路上にローソンがあったので朝食はそこでカロリー優先で適当に済ませました。が、目的地に近づく頃に渋滞にハマる。何の渋滞なんだろうと不思議に思いながら進んでいくと、どうやらびわ湖バレイの紅葉観光客渋滞っぽい。この時はまだ気づかなかった・・・今日は11月3日、文化の日だということに!!!

びわ湖バレイ方面の渋滞が全く動かないため、一度計画を練り直そうと閉店したっぽいお店の駐車場に停車して、ポケットwi-fiとMacBook Airで全力でルート探し。この時初めて今日平日じゃないのかよ!!と気付いたのである。

誰もこないと思っていた駐車場で隣に車が一台停車。一休みしたかったのかなと気にせず必死にPCいじってたらその車から降りてきた強面の兄さんに窓をノックされてビビりながら窓を開けたら「どうした?何か困ってんの?」と声をかけていただき。事情を話したら特にいいアドバイスをいただいたとかは無いんだけど、「何かあったら声かけて」と店に入っていった。もしかして店の方だったのか・・・。でも改装中に見えたんだけどそっちの業者の方だったのかな?どちらにせよ心配していただいて感謝です。もしお店がやってるなら下山後はここにご飯を食べに来てお礼を言おうと思ったのでした。

「お食事処 ほうらい」って書いてあった。

お食事処 ほうらい


色々調べ、ロープウェイは諦めて蓬莱駅から歩くルートに決定。本来ならもう登っていなければならない時間をかなり過ぎていたため、距離も短めをチョイス。で、蓬莱駅ってどこだよと思ったらすぐ隣だったw

 

蓬莱駅~蓬莱山山頂

蓬莱駅内の駐車スペースが運良く一つ空いていたのでそこに停車。準備をして出発。

蓬莱駅

蓬莱駅

蓬莱駅を背にして右にずーっと歩いて行く。

蓬莱駅

すると案内が現れるのでそこで左へ。

蓬莱山

普通に住宅地を山に向かって歩いていきます。それにしても住宅地に立派な竹が生えてますなぁ。

蓬莱山 竹

天気もいい。

蓬莱山

すると突然現れた「くま出没注意」の警告。こういうのは日付入れようぜ・・・いつだよ!いつの目撃だよ!!

蓬莱山 熊 目撃

しかしまさかこの経験がこの後の旅に尾を引くことになるとはこの当時は思ってもいなかったのでした・・・。

こういうことですよ。熊に遭遇したばかりなので恐怖感が半端ない。
とりあえず速攻で白山熊鈴を装備。

白山 熊鈴

林道が怖い・・・怖すぎる・・・。移動スピード激減ですよ。この辺からもうスケジュールが狂っていく。

蓬莱山 林道

舗装された林道を歩き続け、金比羅神社を通過。どこまで続くんだこの舗装は。登山感ゼロ。

蓬莱山 金比羅神社

蓬莱山 金比羅神社

たぶんマイナールートなのでkyompi以外の人がいないんだよね・・・。なのにバァーン!って音も定期的に聞こえてきてもう本当に怖い。そして突然現れた。木材を運んでいる!?

蓬莱山 林道

音の正体は伐採音だった模様。焦ったわ・・・。しかし木材ってこうやって運ぶんだね。初めて見た。
そのまま林道を進んでいくと木材の終点に。重機で器用に木材を一本一本掴んで整頓してた。お見事!!楽しそうだなぁーと思ってしばらく見てたw

蓬莱山 林道

この辺から登山っぽい道になってくる。

蓬莱山

蓬莱山

キノコー!かわいいなこいつw

蓬莱山 キノコ

この木はキノコだらけですな。

蓬莱山 キノコ

金ピラ峠を通過。この表記ゆれは何なんだ。気になる。

蓬莱山 金ピラ峠

金ピラ峠


金ピラ峠から少し進むと海が見えてきた。あ、海じゃないこれ琵琶湖だw

蓬莱山 琵琶湖

山頂はどうもゲレンデ内にある模様。ゲレンデに侵入。

蓬莱山

登ってく。

蓬莱山

大量の地雷。これは危険だ。

蓬莱山 地雷

地雷を避けつつ蓬莱山山頂に到着!1174m!

蓬莱山 山頂

蓬莱山 山頂

これはハンモックかな?天気よかったら気持ちいいんだろうなー。

蓬莱山 ハンモック

彼岸の鐘。

蓬莱山 彼岸の鐘 カピバラさん

ロープウェー方面

蓬莱山 ロープウェー

蓬莱山山頂~蓬莱駅


山頂は強風で休憩をとるには向かず、昼食は後回しにして周回コースで下山する。こっちは人結構いるなー。しかし雲が厚い・・・っていうか雨降ってきたわ。

蓬莱山

強風と雨で指の感覚が無くなる。それでも進み続ける子どもたち。小学生らしき団体にぶつかって挨拶の嵐と停滞。さむーっ!

蓬莱山

もうね、本当に雨がひどすぎてやばい。レインウェア出してもいいレベルだったけどソフトシェル着てたのでまぁいいかと下山を急ぐ。
写真だとあまり伝わらないけど、これ結構土や岩が濡れていて、走るどころか歩くのも困難な部分もあり。滑る滑る。

蓬莱山

小女郎峠を過ぎたところでたぶん家族登山?のグループに道を尋ねられて教えてあげつつ、軽装備だし靴もスニーカーだったりで上は強風と雨で極寒ですよと間接的に下山を促すもそのまま登っていったり。その道は濡れると下山きついのに・・・。

すると・・・晴れた。なんなん。なんなん!!爽やかな晴れ方しやがって!!w

蓬莱山

雨も上がったのでペースを落としてゆっくり下山していくと・・・チャリ。なんなん。なんでここにあるの。

蓬莱山 チャリ

下山用かなと思ったけどいやいやいやいや。この先チャリに乗って下れるような道じゃない。ギッチャの不法投棄だろうか。それともやっぱり下山用チャリ?

蓬莱山 チャリ

しかし近づいて見てみるとチェーンはサビていてたるんでるし、ここに長期間放置されてるみたい。やっぱり捨てられたのかな。それともやっぱり下山用チャリでここに置いたんだけど主がこれを使えない状況になってしまった結果・・・?
ちなみに自転車防犯登録の番号は8040517。管轄は滋賀警察。
あとでネットでググったらやっぱりかなり昔からあるみたいで、カメラも一緒にあったらしいがそれは今回は無かったようだ。 

それはさておき下山の続き。真っ白いキノコだ!名前はいつも通りキノコ先生にきいてみよう。

蓬莱山 キノコ

蓬莱山 キノコ

雨上がりは雨上がりでキラキラしていて素敵。木が喜んでるように見える。

蓬莱山

これー!!!なんて素敵な苔・・・!
kyompiは天空の城ラピュタが一番好きな映画なんだけど、自然に還ろうとしているロボット兵を思い出した。

蓬莱山

大量のキノコの巣

蓬莱山 キノコ

何度か川を渡りながら下っていく。

蓬莱山 川

美味しそうだなこれ・・・

蓬莱山 キノコ

薬師ノ滝に到着。開けていたのでここで昼休憩することに。随分遅くなっちゃったけど。

蓬莱山 薬師ノ滝

ちなみに一度ここを通り過ぎました。下りからだと看板が全然見えなくてそのまま通り過ぎてた。地図を見てあれ?と思って登り返してみたらわかりやすい看板が。

 蓬莱山 薬師ノ滝

蓬莱山 薬師ノ滝

飯の前にまずは滝を拝もうと道なき道を進み、滝に接近。滑ったら死ぬと思ってスリル半端なかった。

滝口と滝壺、滝の裏側などをデジカメの設定を色々いじりながら撮影して遊んでみたり。
白山で星空撮影したときに設定をいじってみたら面白かったので滝はどんなふうに映るのかなと。

蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝

蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝
 
蓬莱山 薬師ノ滝

蓬莱山 薬師ノ滝
 
シャッタースピードを長くとるとやっぱり手持ちじゃだめだなー。ブレッブレ。

撮影会は終了。ようやく昼食です。カップ麺は飽きたって言ってたんだけど、白山の極寒の室堂ビジターセンターで隣のおじさんがこれを食べてるのを見て無性に食べたくなったw

蓬莱山 薬師ノ滝 昼食 カピバラさん カップヌードル

補給も終わったので張り切って出発!歩きやすい道を元気に歩く。

蓬莱山

一瞬で舗装道路になったorz

蓬莱山

舗装道路は足が疲れるんだよ・・・。としょんぼりしながら歩いてたら気持ちのいい景色。

蓬莱山 林道

これはこれでいいか。

林道を抜けて車道へ出る所に案内があるのでそのまま従って進む。

蓬莱山

すると途中で二手に別れるルートが。どっちに行っても蓬莱駅って書いてあるからどっちに行ってもいいんだろうきっとと思い、左側に進む。

蓬莱山 林道

蓬莱駅!

蓬莱駅

いやー山頂で極寒で雨が降ってきたときはどうしようかと思ったけど、滝も間近で見れたし満足である。それにしてもやっぱりマイナールートは怖い・・・。熊怖い・・・。でも楽しかった!でも怖かった・・・。
うーん、半分以上が舗装されていたルートだったので登山感がやっぱり薄かったのは残念。

蓬莱山 コースタイム

距離: 12.04km(スタートを忘れてて途中から計測)
山行時間: 6時間19分
09:34 蓬莱駅発
10:31 金比羅神社
11:58 金比羅峠
12:25 蓬莱山山頂着
12:36 蓬莱山山頂発
12:58 小女郎峠
14:32 薬師ノ滝着
15:11 薬師ノ滝発
15:56 蓬莱駅着



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2016/11/02 旅13日目です。さすがにこの日はNO二日酔い。体が軽いぜ!兼六園というわけでやってきました兼六園。ここは一合半ぶん家で仲良くなった千葉から来ている常連の方に教えていただきました。その方はここに出張になる度に来てるみたい。入園料は大人一人310円。早朝 ... 続きを読む
2016/11/02 旅13日目です。

さすがにこの日はNO二日酔い。体が軽いぜ!

兼六園

というわけでやってきました兼六園。ここは一合半ぶん家で仲良くなった千葉から来ている常連の方に教えていただきました。その方はここに出張になる度に来てるみたい。入園料は大人一人310円。早朝は無料で入れるらしい!

兼六園


兼六園の周囲はパーキングが結構あるけど、kyompiは兼見御亭(けんけんおちん)に停めました。ここの土産コーナーで買い物すると駐車代も安くなります。買ってないけど。それ無しでも周囲のパーキングよりかは安いらしい。

兼見御亭


兼六園は江戸時代に造られた日本三名園の一つ。隣には金沢城。kyompiは城には興味はないのでそっちには寄らず。山に登りすぎて山成分が不足すると辛くなる状態だったんだけど、兼六園は街中で手軽に山の匂いを感じられてとてもよかった。
地図で見たら分かるけど、かなりでかい。軽く数時間はここで潰せそう。

もうね、大名庭園って感じ。どれだけ力があったのかってくらい立派な木がたくさん。

兼六園

横への広がり方が凄い・・・。
 
兼六園

根上松。根っこを露出されたとかちょっとかわいそう。だってこれ人で言うと下半身露出させられたってことだよね・・・。

兼六園 根上松

梅林。多くの種類の梅。

兼六園 梅林

松の傷。戦争の爪痕。

兼六園 松の傷

みんな気づいてなかったけどこれサルノコシカケ科だよねきっと。

兼六園 サルノコシカケ科

噴水。これ水圧だけでここまでの高さだって!すごいなー。

兼六園 噴水

サンザシ。美味しそう・・・。

兼六園 サンザシ

紅葉しかけのグラデーション。素敵。

兼六園

兼六園は池がいっぱいなのです。

兼六園 池

兼六園 池

兼六園 池

霞ヶ池

兼六園 霞ヶ池

ラジオ塔

兼六園 ラジオ塔

栄螺山。一瞬で山頂に到達して下山した。

兼六園 栄螺山

兼六園 栄螺山

ちょうど雪吊り作業の日だったみたい。雪吊り自体は雪国では珍しくないけど、こんな高い木で作業している現場は初めて見た。見物客も大量に。

兼六園 雪吊り

兼六園 雪吊り

兼六園 雪吊り

トンボが腕に止まったww かわいい・・・///

兼六園 トンボ

兼六園 トンボ

↑はギリギリ袖が映ってないけどこれ薄い7部袖のシャツ。上着は暑すぎて脱いだんだけど、完全に夏の格好。周りの方々はダウンなど着込んでいて同じ人間とは思えなかった。



カレーハウスターバン 本店

昼食は園外の街中を歩いてみることに。近くに金沢カレーの元祖があるとのことなので「カレーハウスターバン 本店」に行ってみた!

Lセットを注文。ロースカツ、ウインナー、ハンバーグを一度に食べられてお得。

カレーハウスターバン 本店 Lセット

確かに渋谷で食べたゴーゴーカレーと同じ系統の味であった。しかし量が多い・・・。

お腹いっぱいになって駐車場に戻ろうとしたんだけど、兼六園内を歩き回って外に出たもんだからどこに駐車場があるのかわからん。仕方がないのでまたあのどでかい兼六園内に入って逆走して駐車場に辿り着きました。あ、兼六園は当日中は入退場はOKっす。

翌日の予定未定のため目的地が定まらず

西側に行くのだけは決まっていたのでとりあえず金沢からちょっと西の「道の駅こまつ木場潟」へ。


そろそろ山登りたいなぁと調べていたところ、かっこいい名前の山発見!蓬莱山!滋賀県っすね。天気も確認して問題なし。ルートも行けそう。よし。この道の駅に着いてから目的地が決まるまで1時間以上車に篭っていたという・・・。
基本的には県ごとに登りたいなーと思ってたけど、日程を考えるとちょっと飛ばし飛ばしにならざるを得なく、泣く泣く福井県は高速で通過することに。

出発前にトイレをと車を降りたところ、建物の裏に何やら山に登っていく道があることに気づいた。不意打ちだったけどせっかくなので登っていくかと革靴からカルドラドに装備を換装。いざ、ショライ山へ。

山日記 vol.?? ショライ山

ショライ山登り口

ショライ山

一瞬で山頂が見えてきた。

ショライ山

展望はそこまででも・・・。

ショライ山

デッキは綺麗。新しいのかな?

ショライ山

下山します。

ショライ山

一瞬で下山しました。

ショライ山

総山行時間は滞在時間を含めて10分未満でございました。革靴で良かったw 

南条SA

翌日は登山なので今晩は早寝しなければなりません。びゃびゃーっと一気に高速で福井県の南条SAまで移動。

南条SA


SA内のコンビニで晩御飯を買ってmgmg。働いているときは毎朝牛乳でプロテインを飲む生活をしていたので牛乳が数日飲めないと落ち着かない。久しぶりの牛乳でほっこり。

南条SA
 

道の駅 藤樹の里あどがわ

高速を降りて翌日の蓬莱山へのアクセスがしやすい藤樹の里あどがわで車中泊。


どっかのコンビニで買った日本酒「立山」で本日は〆。

道の駅 藤樹の里あどがわ 立山 日本酒


 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ