タグ:Pref.群馬

2016年10月23日、旅3日目です。 「駒ケ岳に地元を想う」 山日記 vol.14 日本百名山 赤城山 黒檜山〜駒ケ岳〜長七郎山の続き。 赤城温泉へ向かうぞー!終わってたぞー!! oh・・・。日帰り入浴は14時まででした。しょんぼり。  気を取り直して粕川温泉元気ランドへ粕川温 ... 続きを読む
2016年10月23日、旅3日目です。


赤城温泉へ向かうぞー!

終わってたぞー!!

oh・・・。日帰り入浴は14時まででした。しょんぼり。

 

気を取り直して粕川温泉元気ランドへ



粕川温泉元気ランド

入り口手前の橋の下は池。鯉がたっくさん。餌も売ってるようです。だからか人があるくと鯉も集団で移動するw

か須川温泉元気ランド 鯉

この日はイベント日だったようで、食堂でカラオケ大会?をやってた。大音量演歌が響いてたw
露天風呂だったので長時間入ってしまった。kyompiは長風呂派なのです。

風呂上がりの牛乳は地元のものをチョイス。ごちそうさまでした。

粕川温泉元気ランド 牛乳

晩御飯は念願のくるまやラーメン

何年か前に2chまとめサイトでくるまやラーメンが話題になって、それ以来ずっと来たいと思ってたのです。kyompiは味噌派なので。

スノーボードの帰りに見かけることはたまにあったんだけど、タイミングが悪くずっと入れなくて。
そしてこの日初めて念願のくるまやラーメンへ!!
もちろん味噌ラーメン。あ、ネギ味噌ラーメンかな。

くるまやラーメン 味噌ラーメン

ネットで評判が良かったので期待値が高すぎたのかそこまで突出した美味しさは無い。でも、ちゃんと美味しい。安定安心の味噌ラーメンでございました。
このクオリティの味噌ラーメンって東京はあまり無いのよ。変なアレンジ入ったのばっかりで。
近くに欲しい。
 

道の駅 黒保根やまびこへ

明日は日光白根山を登ります。なので登山口に近い「道の駅 黒保根やまびこ」を本日の寝床に。


そして晩酌はもちろん「赤城山」。

日本酒 赤城山

どうみても美味しそうに見えないんだけど赤城山登ったし使命感で選びました。そしてそんなに美味しくはなかったのであった・・・。 


 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

旅3日目の2016年10月23日。 旅の2日目は赤城山へ向けての買い出しと移動。そしてラーメンとの出会い。5時に起きて駒ケ岳登山口へ。そんな予定で道の駅ふじみで就寝したのです。 赤城山へむかう 6時に起きる。えっ。 な、なぜ・・・はっ!iPhoneマナーになってる!!!!!目 ... 続きを読む
5時に起きて駒ケ岳登山口へ。そんな予定で道の駅ふじみで就寝したのです。

赤城山へむかう

6時に起きる。えっ。
な、なぜ・・・はっ!iPhoneマナーになってる!!!!!目覚ましならない!!!
やっちまった・・・
とりあえずルーチンでホットのレインボーマウンテンブレンドを買って飲みながら寝起きの頭を動かし駒ケ岳登山口のおのこ駐車場を目指す。


道中は前日に用意しておいたパンをmgmg。



駐車場〜登山開始

今回のルートは駒ケ岳登山口近くのおのこ駐車場から出発し、アスファルトを歩いて黒檜山登山口〜黒檜山山頂〜駒ケ岳〜鳥居峠〜長七郎山です。

この辺からスタート。

赤城山 駒ケ岳 駐車場
 
こーんな道を歩いていく。いきなり山に入るより体を慣らしたかったのでこのルートにしたのです。

赤城山

左手に見えてきた赤城神社。赤が映えます。

赤城神社

登山口に到着!登るよー!

赤城山 黒檜山 登山口

こんな岩々した道を登りながら・・・

赤城山 黒檜山

時折振り返るとこんな感じ。素敵。

赤城山 大沼

登山口から1時間位で黒檜山山頂。

黒檜山 山頂

続いて、30分ほど歩いて駒ケ岳山頂。

駒ケ岳 山頂

そこからの景色。紅葉!って感じではなかった。

駒ケ岳 山頂

大沼がよく見える。

赤城山 駒ケ岳 大沼 カピバラさん

続いて目指すのは長七郎山。
山と高原地図には乗ってないけど、駒ケ岳からもいけます。

この辺に

赤城山

こんな看板があるのでサブルートを進む。

赤城山

ちなみにお昼ごはんはここで。ハラヘリだったし荷物を減らしたかったので。この日のカップ麺はご当地もの!ぐんまちゃんうどんとカピバラさんの奇跡のコラボだ!

赤城山 ソルティライチ ぐんまちゃん カピバラさん

青い空に紅葉。

赤城山 紅葉

この緑のフサフサはなんていうんだろう。触るととても気持ちいい。

赤城山 緑 ふさふさ

とか言ってらんなくて、さすがはサブルート。ほとんど人は通ってないし道も狭い。そして急。道自体は目印がちゃんとあるので迷うことはない。

そんなこんなで鳥居峠に到着。

鳥居峠

鳥居峠というか赤城公園。

赤城公園

振り返るとさっきまであそこにいたのか!という駒ケ岳。

赤城駒ケ岳

長七郎山へ最短ルートで向かいます。黒檜山や駒ケ岳は土と木!って感じの登山道だったけど、こっちは岩や小石。ちょっと離れただけで全然違う山。

長七郎山

長七郎山山頂に到着。

長七郎山

これ以上は他の山を目指すと遅くなってしまうので、でもまだ動ける時間はあるのでなるべく色んな所を歩き回って帰りたい。赤城山は縦走ルートが難しい。ということで小沼を見に行くことに。カピバラさんかわいいよカピバラさん。

赤城山 小沼 カピバラさん

小沼のパノラマ。

赤城山 小沼

ちなみにこの小沼から抜け出すのに数十分かかりました。マップに乗ってるルートが見つからずに迷子になってたw
観光者がたくさんいるなか、小沼周辺を熊鈴鳴らしながらウロウロする不審者kyompi。

道を見つけて先へ進むとこんな看板が。

赤城山 大沼 小沼

「おの」と「この」なの?正式にはってこと?
ちなみにkyompiは函館出身ですが、近くに大沼国定公園ってのがありまして。そこにも大沼と小沼があるのです。そこから見えるのが噴火湾のシンボルである北海道駒ヶ岳。たしか小学生のときに遠足か何かで登った気がするけどあんまり覚えてないなぁ。北海道にいる頃は登山はしていなかったので、機会があればちゃんと登りたい。って言っても今は火山で規制かかっちゃってるけどね・・・。いつか登頂したい。

さて、進みます。小沼を脱し、先程の赤城公園でトイレ休憩。その後覚満淵を経由しました。

赤城山 覚満淵

しかし覚満淵手前で超団体どぶつかってしまって全く進まず。団体後尾の人とおしゃべりしながら歩き。聞くところによると赤城公園から覚満淵に入って左から回るらしいので俺は右から攻めることに。もともと一周する予定もなかったのでそのまま反対側に抜けました。

覚満淵と団体。

赤城山 覚満淵

あとはアスファルトの道を辿って駐車場へ。下山完了です。
ハラヘリすぎたので北海道といえばのビタミンカステラをmgmg。

ビタミンカステラ
 
お土産物屋でバッジも購入。

赤城山 バッジ

黒檜山〜駒ケ岳〜長七郎山 コースタイム

計: 約6時間
09:49  黒斑山登山口発
08:05 おのこ駐車場発
08:22 黒檜山登山口
09:27 黒檜山山頂
10:10 駒ケ岳山頂
11:23 鳥居峠
12:03 長七郎山山頂
12:33 小沼
14:04 おのこ駐車場着
 

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

*今回からkyompiの山日記シリーズは「kyompiの」をトリ。そもそもkyompiのってつけてたのは2015年末まで所属していた登山チームのチーム海谷のブログで書いていて俺のって判別するためにつけてた名残だっただけ。もうチーム抜けてるし、あっちで書いてた記事もこっちに移行し ... 続きを読む
*今回からkyompiの山日記シリーズは「kyompiの」をトリ。そもそもkyompiのってつけてたのは2015年末まで所属していた登山チームのチーム海谷のブログで書いていて俺のって判別するためにつけてた名残だっただけ。もうチーム抜けてるし、あっちで書いてた記事もこっちに移行してるし特につけてる理由も無かったのでした。

5月中旬に新潟の頸城駒ケ岳を最後に1ヶ月以上登ってなくて、というのもフロントガラス割れたり毎週末雨だったり。
いい加減山行かないと死ぬ・・・!と思ってて7月9日に同僚との計画を立てていたんだけど雨。あのお方はもう雨女じゃなくてウンディーネ。間違いない。
10日はみんな予定ありだったんだけどもう我慢できないしソロでも構わないのでどっか行きたい!
そこで前日の夜に思いついたのが巻機山(まきはたやま)。ハッっと出てきた。

きっかけは石打丸山スキー場

そもそもこの山を知ったきっかけは石打丸山スキー場。
ゲレンデから見えた雪化粧したポンポンポンって3連とんがりの山が可愛くって、AR山ナビで山の名前を確認したら巻機山だったのね。
シャキーンシャキーンシャキーン!じゃなくてポコッポコッポコッって感じの3連続とんがり。可愛い。

↓その時撮った記念写真。ノーズの真下が巻機山。

石打丸山スキー場から見た巻機山

ルートや駐車場を調べてる時に百名山だったことを知ったのでした。

当日~登山口到着

翌日寝坊したもの6時台に練馬から乗って8時半くらいに塩沢石打で降り、9時位に桜坂駐車場に到着。
(ナビローで桜坂駐車場って検索したら一発で出た。さすが!)


出発時間がちょっと遅くなっちゃったので急いで登山準備。
この時気づいた忘れ物。日焼け止めええええええええ!!!!!
ここで引き返して日焼け止めを買ってくるかどうか悩んだ結果このまま行くことに。
ウインドストーム・ホイッスルのテストも兼ねているので忘れずに持っていく。

登山開始

9時20分に駐車場を出発。

↓駐車場内の看板

巻機山 看板

駐車場からすぐに登山道に入る。
前日雨だったので道はグッチョグチョ。粘土の上を歩いているようで油断するとスリップする危険性が高い。気を抜けないし体力的にも削られる。
陽があたってる水たまりからは超湯気でてた。

巻機山

巻機山

9時46分、4合目。

巻機山 4合目

巻機山 4合目

この辺で車に常備薬セット忘れてることに気づいた・・・。日焼け止め忘れたのでいっぱいいっぱいでorz
どうも俺は運動強度が高い状態がしばらく続くと頭痛になるっぽくて、いつもは登る前に頭痛薬を飲むのです。この日はそれも忘れて、持ってくるのも忘れてた・・・。
とはいえ進んでしまったのでこのまま進むことに。脈拍が上がり過ぎないようにペースを落とし気味に。

9時58分、4.5合目。

巻機山 4.5合目

巻機山 4.5合目

ここまではずっと茂みの中を歩いていたので蒸し暑いけど直射日光は浴びずにすんでたんだけど、5合目手前でどうみても開ける前兆。

巻機山 5合目

写真撮るの忘れてたけどここで一気に開けた。そして10時7分5合目到着。あっつ!あっつ!

巻機山 5合目

巻機山 5合目

なんかふにゃふにゃしたのがいたけど何だろうこれ。
(後日友達のキノコ博士に聞いたらハナビラニカワタケだった。キクラゲの仲間で食べれるらしい。)

巻機山 ハナビラニカワタケ

6合目からの景色。奥のとんがってるのが割引岳(われめきだけ)。

巻機山 6合目から見た割引岳

ここでガタイのいいおっちゃんとしばらく話しながら休憩。
このヒゲがダンディーなお方、巻機山が大好きで今年3回目とのこと。
体から湯気出まくってますよ・・・!

このお方曰く、割引岳おすすめしますよ!とのこと。
巻機山を登る人はあまりそっちまでは行かないけど、割引岳からの巻機山の稜線がとても素晴らしいんだって!
時間もまだ余裕ありそうだし割引岳にも足を伸ばしてみることにした。

↓ハチっぽい模様の・・・アブ?

巻機山 たぶんアブ

11時11分7合目。しろーい!!
こういう突然景色変わるところ好き。 

巻機山 7合目

巻機山 7合目

ここは周囲もすごかった!360度どこ見ても絶景!

↓山頂方面

巻機山 7合目から山頂方面

巻機山 7合目から山頂方面

↓逆方面

巻機山 7合目からのパノラマ

↓アップにするとゲレンデが見える。これ石打丸山スキー場?
(後日ボーダー仲間に聞いたけどたぶん違うんじゃない・・・?的な) 

巻機山 7合目から見たゲレンデ

↓たぶんハナニガナ

巻機山 ハナニガナ

岩岩したところを超え・・・

巻機山 7合目から8合目にかけて

11時44分8合目に到着!

巻機山 8合目

巻機山 8合目

↓キスゲ。

巻機山 キスゲ

8合目のこの坂を登ったら・・・

巻機山 8合目

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

巻機山 稜線

うおおおおお稜線美しすぎるううううう!!!!
この真ん中の柔らかく凹んでるとこが最高に可愛い。
うつ伏せになった女性のおっぱいのU字ライン的な美しさ。大好き。
 
巻機山 稜線

ここでしばらく眺めてたよね。山かわいい・・・///
この先はもう稜線歩きです。やばいです。全部が絶景です。

続いて12時ピッタリに9合目到着。ニセ巻機山。なんでこんな可哀想な名前つけたんだ。

巻機山 9合目 ニセ巻機山

巻機山 9合目 ニセ巻機山

山頂方面に向かいます。だめだ山かわいすぎる///

巻機山 9合目から10合目にかけて

12時8分避難小屋。

巻機山 避難小屋

巻機山 避難小屋

そこから進んで振り返ってみたり。

巻機山 避難小屋

↓たぶんウラジロヨウラク。こやつかわいいな・・・。なんだこの山可愛いものばっかりじゃないか。

ウラジロヨウラク

12時32分山頂到着!出発から約3時間でございました。

巻機山 ニセ山頂

巻機山 ニセ山頂

地図によると山頂はここじゃないっぽいんだよなーとあたりを見回したらもう少し高いところにそれっぽいのが見えたので向かってみたらこっちが最高地点。本当の山頂。

巻機山 真の山頂

これ・・・正規のものなんだろうか。誰かが勝手に刺したようなクオリティ。

ここで他のパーティに周りの山について尋ねられたんだけどわからなくて、そこは文明の利器ですよ。再度登場ARやまナビ。
武尊山、赤城山、燧ヶ岳か至仏山を教えてあげる。
谷川岳と富士山は雲がかかっていて見えなかった。
ついでに山頂はこっちじゃないんですかと聞いてみたところ、山頂はこっちだけど植物を人に荒らされちゃうから低いところに山頂を移したらしい。こっちまで来てよかった!

さてここでお昼ごはん。

湯を沸かし、セブンイレブンの金のウインナーをドーン!

セブンイレブンの金のウインナー

セブンイレブンの金のウインナー

ウインナーが場所をとりすぎているので1.5本くらい食べて残りは半分に折る。
サッポロ一番 塩らーめん麺を4つに折ってコッヘルに投入。

サッポロ一番塩ラーメン

麺が上る直前に半熟卵を入れて割る。
スープの粉末を入れて完成!

サッポロ一番塩ラーメン

このラーメンを絶景を見ながらいただく!!

巻機山 真の山頂からの景色パノラマ

巻機山 真の山頂からの景色

巻機山 真の山頂からの景色

巻機山 絶景とラーメン

山と私と食欲に影響されてどうしてもやってみたかったw

ちなみにここトンボが大量発生して周りトンボだらけ。こいつらはいつぞやのブヨのように襲ってこないから安心して眺めてられるなぁ。トンボかわいいし。

さて、昼ごはんも終わり、ニセの山頂に戻ろうかなと思ったら雲が登ってきた・・・

巻機山 真の山頂

13時48分真の山頂を出発。

巻機山 真の山頂

 いややっぱり足元の景色も本当に素敵だわ。なにこれ俺死んでるじゃないの。

巻機山 真の山頂

14時ニセ山頂に到着するも人が全くいないwww結構いたんだけどなー。
ちなみに俺がソロで登るとよくこうなる。時間に余裕持って降りるとかもったいないし、余裕があるならまだ先を目指す派。
何か起こったら命がけでそれを楽しみたい。

下山開始

さて、ダンディに教えていただいた割引岳にと思ったんだけど雲も頭痛も出てきていたので断念して下山することに。
ロキソニンさえあればもっとスピーディーに動けたのに・・・くやしい。
ちょっと下ってニセ山頂方面を見るとどんどん雲が登ってくる。

巻機山 ニセ山頂

歩いてきた木道を戻り・・・

巻機山 木道

時々山頂方面を見て興奮する。山かわいい。ってトンボ写ってるw

巻機山 トンボ

14時31分9合目に到着。雲がかかってても稜線美しい・・・山かわいい///

人もいないしってことでウインドストーム・ホイッスル試してみたけどやばいなこれ。自分の耳がやられました。
何回か試した結果、使い方がわかった。ホイッスルを口にくわえて両手で両耳を塞いでピーッ!
鳴らしてすぐに耳から手を話すと遠くの山から音が返ってくるくらい届いてる。
さすが米海軍等で使われている代物。恐ろしや・・・。

15時2分8合目、15時26分6合目、15時50分5合目。
暑さの余り多めに持ってきていた飲み物が残り少なくて焦り気味に急いで降りていくけど、相変わらず足場が悪くて何度かバランス崩したけどトレッキングポールに助けられた。
でも両足に打撲多数。

ちなみに俺の愛用トレッキングポールはこれ。

16時24分下山完了。

喉が乾きすぎて車の中に放置していたほうじ茶のペットボトルを飲もうとしたんだけど淹れたてのお茶並の温度になっていて飲めず。
エンジンかけて全力エアコンで冷やす。

その間着替えるも、靴もズボンもグッチョグチョ。

巻機山 泥汚れ

なるべく泥を落として車に積み、近くのコンビニを目指す。
冷たいコーラが飲みたくてしょうがなかったw

コンビニでアイスとコーラでエネルギー補給しつつ近くの入浴施設をナビローで検索してみたら金城の里というところが出てきたのでそこへ移動。

巻機山 金城の里


300円位で入れた。安い!
ここは巻機山の駐車場から塩沢石打インターの間にあるので行きやすいんじゃないかな。と宣伝しておく。

俺くらいになるとそこで晩ごはんとか食べない。地酒買って帰って家で飲む。
酒屋に行ったらラベル買いしちゃいそうな日本酒があったのでカード使えますかって聞いたら現金のみですって言われて敗退。
しょうがないのでぽんしゅ館まで足を伸ばすもすでに閉店。オワタ\(^o^)/

このままスネて帰りました。

もう一度来たいなこの山。次は割引岳にも行くぞ!
バッジも買えなかったので次こそ・・・。

 

巻機山 コースタイム

計: 7時間17分
09:20 桜坂駐車場発
09:46 4合目
09:58 4.5合目
10:07 5合目
11:11 7合目
11:44 8合目
12:00 9合目
12:08 避難小屋
12:32 ニセ山頂
12:48 真の山頂着
13:48 真の山頂発
14:00 ニセ山頂
14:31 9合目
15:02 7合目
15:26 6合目
15:50 5合目
16:24 桜坂駐車場着

巻機山 レコード 

後日談

日焼け止めェ・・・

巻機山 日焼けした結果

結構時間経っちゃったけど今月頭の山日記。2014年8月の富士山以来のソロ登山!パーティも楽しいけどソロはソロで楽しい。全ての責任は自分のもの。あれ?こっちであってるのかなとか、そういうヒヤリすることすら楽しくて。難点は交通費がかかること。この問題がなければもっ ... 続きを読む
結構時間経っちゃったけど今月頭の山日記。2014年8月の富士山以来のソロ登山!

パーティも楽しいけどソロはソロで楽しい。
全ての責任は自分のもの。
あれ?こっちであってるのかなとか、そういうヒヤリすることすら楽しくて。
難点は交通費がかかること。この問題がなければもっとソロ充してるはずなのに・・・世知辛い。  

さて、荒船山はネットで登る山を探している時にたまたま見つけて「うおおかっこいい!!!」と思ってずっと登りたかったところ。

実際に見るとやっぱりかっこよくて、でも登ってる最中はそのかっこよさがまったくわからないっていうね。
でも登った後にもう一度見上げるとあの絶壁にいたのかと。

見て登って見てのコースがおすすめでした。
続きを読む