タグ:Pref.鹿児島

2016/11/12 旅23日目です。「噴煙と爆裂火口の迫力」 山日記 vol.20 霧島山系最高峰 韓国岳の続き。韓国岳で太浪池を諦めて早めに上がったのは温泉に行くためなのです。この山も柿右衛門が登ってみてと勧めてくれたんですが、セットで温泉も教えてくれました。それが・・・霧 ... 続きを読む
2016/11/12 旅23日目です。

韓国岳で太浪池を諦めて早めに上がったのは温泉に行くためなのです。
この山も柿右衛門が登ってみてと勧めてくれたんですが、セットで温泉も教えてくれました。

それが・・・霧島ホテルの「硫黄谷庭園大浴場」!

硫黄谷庭園大浴場

霧島ホテルに到着。

霧島ホテル


なんかね、ここに近づいてくると道路の脇でがっつり蒸気があがってる。んで、長時間そこに滞在しないでとか看板立ってたりで、人体に悪影響があるっぽい。九州って凄いな・・・!

さて、ホテルに入りカウンターへ。
「入浴料が1000円とか高すぎだろう・・・」と思いながら支払いを済ませて大浴場に歩いていくと、あらなんと素敵なお庭。

霧島ホテル

霧島ホテル

これは・・・なんだろう。碁盤?

霧島ホテル

さて、大浴場に入ってみたら価格面は納得です。これはすごい。
公式サイトにマップがあったからこれを見たまえ。すごいぞ。

硫黄谷庭園大浴場

明礬泉、塩泉、硫黄泉、鉄泉など、複数の温泉があって忙しい。やっぱり硫黄泉が見た目でも温泉感を楽しむことが出来ていいね。檜風呂もとてもいい香り。

で、風呂に入ってたら女性を見かけまして、えっ!と思ったらここ混浴だったのね。初めて入りました混浴。たくさんは女性はいなかったけど。

あとで公式サイト見て知ったんだけど、女性限定エリア多くないかい。ずるいんだけど。 
次は柿右衛門を誘って一緒に温泉に入ろうかしら。ふふ。 

湯に入りすぎてのぼせ気味になり、しばらく体を冷ましたり無料の水場があるので水分補給してからまた入るというもう本当に楽しい浴場だった。ここを教えてくれた柿右衛門に超感謝!ありがとー!ヽ(゚∀゚)ノ

アミューズメント感を温泉で感じることがあるとは思わなかった。

温泉を出て館内を歩いていたら、ここは坂本龍馬やその妻などの歴史的な人物が入浴していたところだったと知る。

霧島ホテル 坂本龍馬 西郷隆盛

歴史小説で有名な司馬遼太郎のメッセージもあった。響くものがあって、じっくり読んじゃいました。

霧島ホテル 司馬遼太郎

霧島ホテル 司馬遼太郎

産直レストラン 黒豚の館

ホテルを後にし、次は晩御飯でございますよ。疲れすぎていてずっと肉欲が暴れておりましてね。
そんなに近くもないですが評判の黒豚の館へ行ってまいりました。

鹿児島県 黒豚の館


黒豚しゃぶかつ定食を注文。

 黒豚しゃぶかつ定食 ミルフィーユカツ

ネットだとミルフィーユカツとも言われてるけど、これはほんと美味しかった。肉汁の甘みを思い出すとヨダレが出る。kyompiさんの肉欲は見事に満たされたのでした。肉肉。
ちなみにkyompiさんは醤油派なのでもちろんこのカツにも醤油です。やはり醤油が一番合う。

今公式サイト見たらどうやら改装のためこの店舗はやっていないっぽい。けど近くで仮店舗を構えてるらしいので近くに行った方はぜひぜひ。



道の駅 都城

さて、お腹も膨れたところで翌日登山予定の大崩山登山口近くまで移動しようと車を走らせたんですが、体力の限界が訪れました。意識が朦朧としてこれ以上走ったらどこかに突っ込むか誰かをぶっ飛ばしそうだったので急遽近くの道の駅「都城」に移動して爆睡したのでした。


もうね、仮眠じゃどうにもならないレベルの疲労だった。旅も23日目なので自分の限界を前よりも知ってますしね。もう少し進もうという判断がどれだけ後悔するかってのも分かってるわけです。運転は無理しちゃいかんのです。

翌日は大崩山!がんばるぞー!


 


ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!

  

2016/11/12 旅23日目です。とうとう山日記も20個目!ヽ(゚∀゚)ノえびのPA~駐車場宮崎県のえびのPAから出発。PAの時点でかなりガスってたので心配しながら登山口に向かう。九州自動車道を降りてすぐにセブンイレブンがあったのでここで朝食。カレーと味噌汁。そうそう、kyompi ... 続きを読む
2016/11/12 旅23日目です。
とうとう山日記も20個目!ヽ(゚∀゚)ノ

えびのPA~駐車場

宮崎県のえびのPAから出発。


PAの時点でかなりガスってたので心配しながら登山口に向かう。

九州 ガス

九州自動車道を降りてすぐにセブンイレブンがあったのでここで朝食。カレーと味噌汁。
そうそう、kyompiさん朝からカレーやらラーメンやらトンカツやらなんでもイケるタイプです。 

セブンイレブン カレー

登山口近くの足湯の駅えびの高原の駐車場へ。着いたのは7時半位だったかな?


土曜日だったけどこの時点ではほとんど車はなし。料金所もやってなかったので素通り。
駐車場の時点で硫化水素臭が結構あり。

駐車場には山の説明の看板あり。

韓国岳

左右に割れてる山の右側が通常みんなが登る登山ルートのほう。左側は今は火山の規制で周回コースが回れなくなったので滅多に人がいかないほう。kyompiさんは両方行きましたけどね!

韓国岳

登山開始~韓国岳山頂

さて、霧島山の最高峰韓国岳(からくにだけです。かんこくじゃないです。)を目指しての韓国岳登山口から出発。たまたま同時刻に出発した岡山から来たという三人組パーティーとしばらくお話をしながら歩く。

韓国岳 登山口

噴火警戒レベルの看板。

韓国岳 噴火警戒レベル

そのまま進みます。

韓国岳

今度は本当にヤバそうな看板。

韓国岳 噴火警戒レベル

韓国岳 噴火警戒レベル

登山ポストは経路上にあるのでわかりやすい。

韓国岳 登山ポスト

横にある硫黄山。なんか出てます。
ちなみにこの山の周辺は2016年12月12日に噴火警戒レベルが2に引き上げられ、2017年1月13日にレベルが1に引き下げとなった模様。kyompiさんが行った時はそこそこ活発だったときですね。

韓国岳 硫黄山

一合目。

韓国岳 一合目

道も歩きやすくてスピーディーな登山になりそう。

韓国岳 一合目

二合目。

韓国岳 二合目

この時点で眺めがいい。

韓国岳 二合目

三合目。

韓国岳 三合目

四合目。

韓国岳 四合目

五合目で一旦道がひらける。

韓国岳 五合目

六合目。

韓国岳 六合目

展望もよし。今日は当たり日だわ。

韓国岳 六合目

この辺から火山っぽい色になってきた。

韓国岳 六合目

ゴツゴツした道を登りながら・・・

韓国岳 六合目

七合目。

韓国岳 七合目

八合目。

韓国岳 八合目

カピバラさんと太浪池。

韓国岳 太浪池 カピバラさん

韓国岳の爆裂火口。爆裂火口って字面がかっこいいよね!

韓国岳 爆裂火口

九合目。あとちょっと!

韓国岳 九合目 カピバラさん

頂上が見える・・・気がする!

韓国岳 九合目

ついたー!
1700m、韓国岳のピークです。あっという間に着いてしまった。

韓国岳 山頂 ピーク

溢れる火山感。

韓国岳 山頂

奥の尖ってる山が高千穂峰、その右手前にあるガスが噴出している山が新燃岳。

韓国岳 山頂 高千穂峰 新燃岳

コンデジの力でアップにするとモクモクしてるのがよく分かる。
ちなみに新燃岳は完全に入山禁止です。

韓国岳 山頂 新燃岳

霧島山系でもっとも高い韓国岳。周りの山がよく見えます。いやー美しい!

韓国岳 山頂 パノラマ

さて、昼食です。

ごぼうこんにゃく。

山飯 ごぼうこんにゃく

東京の飲み仲間からもらった沖縄そば。

山飯 沖縄そば

合体!!

山飯 ごぼうこんにゃく 沖縄そば

近くで昼食を取っていたよくこの山に来るおじさんとお話しながら、周りに見える山を教えてもらったり。あれが桜島だよーとか。

(↓の中央付近で雲から頭が出てる山が桜島らしい)

韓国岳 太浪池 カピバラさん

韓国岳山頂~北壁

山頂から爆裂火口を挟んで反対側(北壁)へはルートが地図に乗ってなかったんだけど、あっちにも行けるよと教えていただいたので早速出発。

獅子戸岳方面に進む。

韓国岳 獅子戸岳

新燃岳は登山禁止だよと。北壁へはこのロープを越えて直進です。新燃岳方面じゃないですよ。おっさんが写ってる方向。

韓国岳 縦走路 獅子戸岳 新燃岳
 
最初だけ砂利っぽい道。

韓国岳 北壁

その後ずっとこんな感じ。一応トレースは着いてるけど薄くて細い。

韓国岳 北壁

度々トレースを失って足踏み外したら火口に落ちそうな所に出てしまう。

韓国岳 北壁

あの丸っこいのが北壁の山頂。

韓国岳 北壁

ちょっとした藪漕ぎって言っていいレベルな道を引っかかりながら進んで行き、ようやく北壁のケルンに到着!

韓国岳 北壁 ケルン

片道30分って言われたけど1時間かかりましたよ。道が嫌すぎて何度戻りたいと思ったことかw

北壁から見た韓国岳山頂。

韓国岳 北壁 山頂

今は北壁に来る人はほとんどいないから貴重な景色。
これで駐車場から見えた韓国岳の左右の頂に俺は立ったわけです。ふふ。そしてこの地にたったカピバラさんも世界レベルで他にいないだろう。ふふ。

北壁から見た火口もそう。この火口にも降りてみたいけどいいのかどうか謎なので控える。

韓国岳 北壁 爆裂火口

もともとこっちは周回ルートがあったらしいんだけど、今は噴火警戒レベルで規制されて周回ができなくなったので誰も来ないらしい。
北壁の山頂を直進してみようかなと思ったけど間が結構崩壊していて、っていうかそもそもこの辺警戒レベル的に侵入して良いのかどうか謎だったのでピストンで戻ることに。

韓国岳 爆裂火口 北壁

っとそのとき!足元にとても美しい色をした虫が!

韓国岳 ツチハンミョウ

韓国岳 ツチハンミョウ

ググりまくってみたらツチハンミョウの一種ってことまではわかったけど、それ以上はわからん。しかしこやつ毒持ちで、ちゃんと人体に効く毒。あ、あぶねぇ・・・。

しかし本当に美しい瑠璃色でございました。

さて、戻ります。この稜線をひたすら歩きます。辛い。

韓国岳 稜線 爆裂火口

足元見るともっと辛くなる。ここなんてまだマシな方だけど。

韓国岳 北壁

もっと進むとこうなるので。

韓国岳 北壁

なんかね、足が痛い。何かが大量に刺さってくる。ほんとつらい。
これ靴の中にも入ってますからね。歩く度に痛いんす。 

韓国岳 北壁 kyompi

木々の間をくぐりながら進みます・・・。つらい。

韓国岳 北壁

あら!またこの子なの!美しい。

韓国岳 北壁 ツチハンミョウ

可愛い苔も。

韓国岳 北壁 苔

少しだけ紅葉も。

韓国岳 北壁 紅葉

下山開始~駐車場

韓国岳山頂に到着、下山開始です。
予定では太浪池方面に寄り道をして降りるつもりだったんだけど、北壁で大幅に時間をロスしてしまったのでピストンすることにしました。
韓国岳山頂から登山口まで40分ですね。いつも通り走って下山。結構お手軽な山ですな。

下りは上りよりも視界が広いので硫黄山もよく見えた。

韓国岳 硫黄山

近づいて更にアップにしていくとヤバそうなのが凄くよく分かる。

韓国岳 硫黄山

韓国岳 硫黄山

お土産屋でバッジを購入!

韓国岳 登山バッジ

カルドラドさんに損傷発生。これくらいは仕方がないけどまだ新しいのでショック・・・。

カルドラド

活火山はこの時以来かな。前回は浅間山は入山禁止なので外輪山だけど。
浅間山もそうだったけど、自然の力って本当に凄いなと。吹っ飛んだ後の火口の巨大さ。凄い迫力。遠くから見える噴煙にも大地の脈動を感じられる。

韓国岳、いい山でした!

韓国岳 コースタイム

トラッキングに使用していたxperiaさんが逝ってしまわれたので、写真の撮影時間からタイムです。
距離はわかりません!

08:08 登山口発
09:38 韓国岳山頂着
10:35 韓国岳山頂発
11:33 北壁山頂着
11:42 北壁山頂発
12:36 韓国岳山頂着
12:42 韓国岳山頂発
13:33 登山口着



ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!