旅26日目、雲仙富貴屋は旅中に入った温泉の中で最も素敵な温泉だった。

大体ブログに更新がない時は滑りまくってるときです。いやールスツ楽しかった★
久しぶりの旅記事の続きを。

 

2016/11/15、旅26日目です。
「ふふふ、山デート★」 山日記 vol.22 雲仙 妙見山~国見岳~普賢岳の続き。

 

雲仙岳の縦走を終え、次は温泉なのです。

 

雲仙富貴屋

長崎 雲仙富貴屋 温泉

 

住所: 長崎県雲仙市小浜町雲仙320
電話番号: 0957-73-3211
営業時間: (日帰り入浴受付時間)11:00~20:00

 

 

この雲仙富貴屋は雲仙温泉の中でもなかなか無いにごり湯だそうで、この旅の中で多くの温泉に行ったけど濁った湯には入っていなかったのでここに行きたいなーって。

 

入浴料は1000円でちょっと高いなーと思ったけど、タオル、バスタオル、そしてなんとワンドリンクもついてます。

 

洗い場には馬油のシャンプー、トリートメント、ボディーソープ。ヒアルロン酸石鹸、ピーリングジェル、洗顔があり。なにここ充実しすぎ素敵すぎ。にごり湯も堪能。露天風呂も素晴らしい!
更衣室にもアメニティが充実。

 

長崎 雲仙富貴屋 温泉

 

長崎 雲仙富貴屋 温泉

 

育毛剤、ドライヤー前のトリートメント、美容液などのいろんなものが。ドライヤーは1200w。この温泉は本当に穴がない。本当に素晴らしい。

 

このあとの晩御飯食べてるときに二人とも気付いたんだけど、髪の毛がすっごいサラサラしっとりツヤッツヤ。肌がしっとりすべっすべ。ちなみにこの効果は翌日も続いておりました。

 

こんな凄まじい効能の温泉は生まれて初めてレベル。旅中に入った温泉で間違いなく一番いい。ここは本当にみんなにオススメしたい。

 

味処湯処 よしちょう

風呂に入った後は晩御飯。友人が気になるところを見つけてくれたのでそこへ。

 

住所: 長崎県雲仙市小浜町北本町903-32
電話番号: 0957-75-0107
営業時間: 11:00~21:00
定休日: 第3水曜日

 

 

ちゃんぽんと握りのセットを1つずつ注文。食べるのが幸せな柿右衛門は温玉トッピング。こやつ本当に食は手を抜かないというか欲求に素直。さすがである。

 

味処湯処 よしちょう ちゃんぽん 寿司

 

あとは鯵の刺身を一つ頼んではんぶんこ。

 

味処湯処 よしちょう 鯵の刺し身

 

ちゃんぽんって今までに一度も食べたことがなくて、これが初ちゃんぽん。初ちゃんぽんが本場長崎でなんてなんて贅沢! ここは綿もこだわりの自家製麺で源泉入りなんだって。でも源泉が入ったからどうなるとかはよくわからん\(^o^)/

 

鯵の刺身はプリップリ。最初は気づかなかったんだけど、ずっと鯵がピクピクうごいていて、そやつの前でそやつの肉を食べるのがなんだかとても申し訳なく・・・美味しくいただきました!

 

晩御飯を終えて店を出た小浜マリンパークに停めた車方面に行くと大量の湯気が出ているところがあったのでなんだなんだと寄り道。Googleマップで見ると日本一長い足湯が近くにあるけどそれだったのかなー。暗くて写真は撮れず。

 

基本宿は現地調達なkyompiさんはどうとでもなるんだけど、柿右衛門は明日もお仕事。福岡に戻らねば!
1人の時は眠くなったところが寝床だったりするけどそうもいかず。ちょいちょい休憩を取りつつパーキングでお喋りをしたりしながら福岡に着くとなかなかいい時間に><

 

でも本当に楽しかったー! 付き合ってくれてありがとう柿右衛門! またいつか一緒に登ろうね!

 

さて、柿右衛門を下ろしてから宿探しスタート・・・のつもりがもう眠さ限界。その辺のコンビニ駐車場で仮眠。目が覚めたら3時w 車中泊情報をググッたら東平尾公園の駐車場が良いらしい。

 

 

さっそく来てみたら・・・駐車場締まってて入れないし!! いつの情報だよちくしょう! 眠いのに!! ぷんすかぷんすか!

 

とりあえずまたそのへんのコンビニに寄って駐車場でまたググる。そしたら老司のスーパーの駐車場もいいよとのことだったので移動。

 

 

数台車中泊と思われる車がいたけど静かに眠れそうな感じ。やったね! 柿右衛門と別れてからまっすぐこっちにくれば近かったのになー。
就寝!

 

・・・

 

4時ぐらいになっちゃったら搬入のトラックが着まくって荷降ろしやらで騒がしくなってきて全く眠れない。ここ鮮魚扱ってるから朝はやいのか・・・。なんてこったい/(^o^)\

 

仕方がないのでなるべくトラックから離れるポジションに車を移動。ようやく静かに眠れる・・・。

 

あーつっかれたー! でも、とても幸せな一日を過ごしたのでした。就寝!

ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

更新は↓でわかるよ!



この記事へのコメント

最初のコメントを

avatar