日本酒民にオススメしたい kyompi が年間300日以上使った徳利。

おばんです。kyompiです。

辛すぎるのでちょっと近況を聞いてください。

2週間前に友人たちと釣り(人生2回目)に行ってまいりました。kyompiさんフグ可愛すぎて大好きなのでフグが釣れて大満足です。

あと露出してたせいで両腕が重度の日焼けで火傷しました。腫れるし痛いし痒いしもう二度とこの時期は肌出さねぇよ!と固く誓い、アームカバーを買い、ラッシュガードも注文しました。それと頭の装備はキャップは駄目ですね。耳と顔のサイドも多少やられました。次は幅広ハットにしよう・・・。

そして本編が始まる

kyompiさんは命が削れる思いで必死な覚悟で設けている週1の休肝日(成功率50%)ひどい二日酔いの日以外は毎日日本酒飲むくらいの日本酒好きです。

しかし日本酒飲みすぎると下っ腹があれなので一日の日本酒上限を1合に設定していて、その後はウイスキーやジンを飲んでることが多いです。

ちなみに推し酒造は山形の冨士酒造で、そこの榮光冨士が大好きです!

榮光冨士は時期ごとに違ったバリエーションを出していて、年間通して飽きることもなく毎日の晩酌が楽しいのです。ありがとう冨士酒造。マジで神だと思ってる。

行きつけの酒屋も榮光冨士をいつも入れてくれてありがとうありがとう・・・!

榮光冨士の特徴を超ざっくりいうと、

  • ほとんどが日本酒度マイナス(甘め・舌触り重め
  • 無濾過(濾過していないので黄色っぽい、旨味が多い)
  • 原酒(加水してないので度数がちょっと高い)」
  • 生(説明が難しい)
  • 香り強い(吟醸香)

こんな感じです。

諸事情で商品ページへのリンクができないので、興味があれば AmazonYahoo! ショッピング楽天 などでも取り扱っているので「榮光冨士」で検索してみると良いと思います!

そして今回実は榮光冨士の宣伝ではなくて、酒器の紹介のほうがメインです。

ようやく本当の本題

その名も・・・ON℃ZONE 飲みごこちとっくり

ドウシシャ ON℃ZONE 飲みごこちとっくり

稀にレビュー記事等で見かけるので全くのマイナーではないのですが、kyompiさんは何も知らずに勢いでこれを入手しまして、その性能や使い勝手に惚れて1年と1ヶ月ほぼほぼ毎日使っております。

昔は適当なコップを使っていて、一升瓶から注いで飲むということをしていたんですが、これだと自分がどれだけ飲んでるのかの量が全くわからずにお財布にも健康にもよろしくないということで、その日の分を1合とっくりにいれて、そこから小さめの湯呑みに注ぐようになりました。(おちょこだと小さすぎてめんどい)。

しかし冷酒を徳利に入れると結露すごいしすぐぬるくなっちゃうんですよ。

どうしたものかと思っていたときにたまたま LUXA で「ON℃ZONE 飲みごこちとっくり」を見かけまして、高くもないしとりあえず買ってみようかと注文したわけです。

実際に使ってみたらノーマルとっくりよりも遥かに長く冷たさを保ってくれて結露もない、口が広くて洗いやすいし使い勝手良すぎ。

いやまさか勢いで注文したこれを1年以上毎日使うとは思ってもいなかったw

冷酒向きの日本酒ばかり飲んでるので実際にやったことはありませんが、レンジで熱燗にすることもできます。気に入りすぎて友達に薦めたところその方も気に入ってくれて、「熱燗便利!」と感動しておりました。もちろん熱燗にしても保温性が高い & 持っても熱くない。素敵。

柄は「」「」「」の3種類があるみたいで、kyompiさんは「酒」です。どうやらこれが一番人気のようで、Amazon だとプレミア価格になってるのかな。他のに比べて倍くらいの価格になってますね。このぐらいの価格差があるなら個人的には「線」推しです。Yahoo!ショッピングや楽天でも「酒」は無さそうだ・・・。

細かいスペックはドウシシャのオフィシャルページにてご確認くだされ。いやマジで素晴らしいから日本酒属性の人はぜひ試してほしい。

というわけで、なにか他にこんな酒器メッチャいいよ!ってのもあったらぜひ教えてほしい!

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments