友人が家を数日あけるということで、飼ってる鳥を預かることに。
その子はサザナミインコ。青色のとても美しい子。

先日友人からアキクサインコを預かったお話。

はい、アキクサインコの時と完全に同じ出だし。でも間違ってはいない。
アキクサインコは美しいと感じたけど、今回のサザナミインコは愛らしいって感じだった。



正面から見るとこんな感じ。

サザナミインコ

横から見るとこんな感じ。本当にきれいだなぁ。

サザナミインコ
 
お腹の方。かわいいいいいいいいいい!もふもふしたい。
ちなみに右下は糞。

サザナミインコ
 
だんだん近づいて撮影していく・・・(左下糞)

サザナミインコ

ちょっとずつ接近。(糞も)

サザナミインコ

サザナミインコ

そして決めポーズ「キュイっ☆」(左下糞)

サザナミインコ
 
先日のアキクサインコはピピッって鳴く子だったけど、今回のサザナミインコはングッって鳴く子。
ギューイギューイとかケケケケッとか。こんなにも鳴き声が違うのかと驚いた。

実は近況報告「有給消化一日目を終えて」のあたりにはもうこの子と同棲(!)していたんだけど、テイルズオブベルセリアのプレイ真っ最中の時期。肩に乗せて一緒にゲームしてました。肩を行ったり来たり、ソファーに飛び乗ったり。もちろんソファと肩は糞まみれ。それすら愛おしく感じてしまうほど可愛かった。
預かるときにご主人様に言われていたけど、この子は水がぶ飲みする子だよって。
おそらくそのせいなのか、糞が水っぽい。どうなるかというと、肩に糞のシミが量産されるw
ソファーはブラウンだからシミなんてわからん!わからなきゃ大丈夫この子可愛いから許しちゃう。

肩に乗ってる時にクンカクンカするといい匂いがするし温かいし。
自分以外の体温を感じることが無いので心地よい。

そうしながらなんだかんだ一週間以上預かったわけなのだけれども、ずっと聞こえていた「ングッ」とか「ギュッ」て鳴き声が聞こえなくなったその日の我が家の静かさといったら…

朝起きた時は「おはよ、あ、もういないんだった・・・」
夜寝るときは「おやすみ、あ、もういないんだった・・・」 

一人暮らしに戻るまで数日かかりました。寂しい。