北アルプス 蝶ヶ岳下山後の温泉「ほりでーゆ~ 四季の郷」

「みんなの憧れ槍&穂高連峰」山日記 vol.24-2 北アルプス 蝶ヶ岳の続き。

ほりでーゆ~ 四季の郷

下山後はもちろん温泉です。前の記事にもあったように、ほりでーゆ~ 四季の郷は三股駐車場へ向かう時のナビの目的地に設定した場所ですね。

薄暗い中車で温泉に行く準備をしていたのですが、ここで発覚した燕さんの「着替えを微妙に家に忘れてきた」。実は登山中に「あれ? そういえば着替えあったかな? あれ?」「いやいやまさかw」みたいな会話はしていたのです。まさか本当になかったとは。

しかしここで燕さんのミラクル発動。kyompiさんは山頂の蝶ヶ岳ヒュッテでゴジさんTシャツを買っていた!!!!!

早速Tシャツを袋から取り出し、タグを切って燕さんへ献上。この御方との付き合いはもう短くはないけど、本当にこういうミラクルがよく起きる。もう慣れっこです。

というわけで問題も解決したところで温泉へ。

結論から言いますが、二度と行きたいとは思いません。ムカつきすぎて写真一枚も撮ってません。

温泉自体や施設は何の問題もなかったのですが、「温泉内でお子様方が暴走してる & 親が止めない 」が複数おり、まったりしにいくようなところではないですね。kyompiさんDQNファミリーみたいな民度が低い方々は大嫌いなので速攻で出ました。ちなみに普段は長風呂派です。

一応軽くレポートしておくと、洗い場にはコンディショナー、シャンプー、ボディシャンプーあり。脱衣場のアメニティは全く力を入れてなくて、手やかかとのクリームとヘアトリートメントがあるくらいです。

立派なホテル感があるのになんでしょうこのミスマッチ。もったいない。

もしかしてよくある男性軽視で女湯ばっかり充実してるパターンかと思ったら女湯も化粧水くらいだったらしいです。いや化粧水だけじゃだめだろ。水分保持する油分足りねーよ。ついでに言うと女湯にもDQNファミリーがいらっしゃったそうですよ。あらあら。

そうそう、一番大事なドライヤーですが1200wだったのでこれには満足です。

箱は立派なのに中身がスカスカというとても残念な温泉でございました。タイミングによるとは思いますが、kyompiさん史上ワーストワン温泉なので避けたほうが無難かと思いました。

ちなみに温泉上がった後のゴジさんTシャツは燕さんによくお似合いでした。あ、そういえばまだ返してもらってない。まぁ・・・いいか。

温泉後のおまけ

二人とも翌日仕事なので帰りはまったり晩ごはんを食べる時間もなくマックに寄ってテイクアウト、体力が尽きてるkyompiさん必死で中央道を進むも小仏トンネル内でバスが故障。まさかの渋滞30km。ギリギリまで高速で進んで渋滞エリアを下道に降りて回避。

後半は高速にまた乗って急ぐも燕さんを家に送り届け自宅に着いたら1時半。起きたのが2時なのでほぼ貫徹ですね。kyompiさんDeadなのでした・・・。

この記事へのコメント

avatar