「トップレベルのヒュンヒュン」山日記 vol.25 日本百名山 瑞牆山

翌日の登山にむけて山梨県へ。ついでに昇仙峡観光。の続き。

二日酔いがマジでやばい

2020年10月26日、この日は山梨に来た目的である瑞牆山の登山日。

前の記事にあるように昨晩呑みすぎたせいで寝る間際の記憶が曖昧。そしてこの日まず4時半に目が覚める。こんな状況。

  • 頭痛ひどい
  • 布団かぶって寝たはずなのにかぶってない
  • 枕側に足がある

寝てる最中に布団どかして180度回転するとか普段寝相の良いkyompiさんの記憶にある限りでは初めてかもしれない。これを寝ながら180キメてると言ったボーダー仲間はうまいこと言ったと思う。

とりあえず常備しているロキソニンプレミアム様を口に含み水をがぶ飲みして再度寝る。

普通の二日酔いの頭痛だとこれで治るんだけど5時45分に起きたときにはちょっとマシになったくらいでござった。

宿は温泉に力を入れているところなので楽しみにしていて早朝に入る予定だったのに動けなくてギリギリまで寝て部屋のシャワーで済ますっていうね。つらみ。

いっそいで準備して6時半頃にホテルのロビー集合、出発。

出発地であるみずがき山自然公園へ

宿から登山口への間にコンビニに寄ってGoToの地域共通クーポンを消化しつつ出発地点である「みずがき山自然公園」へ。

みずがき山自然公園を出発~不動滝を経由して瑞牆山山頂、瑞牆山荘側に下りてくる周回ルートを計画。しかし予定よりも出発時間が遅くなりそうなのとコンディション(二日酔い)を見てやっぱりもう少しイージーなルートにしようかと瑞牆山荘へ移動。瑞牆山荘と瑞牆山のピストンルートに変更です。

ちなみにみずがき山自然公園から瑞牆山荘へ移動する際に車載ナビとGoogleマップのナビが荒れ狂ってて山を下って上って下って上ってという無駄な往復で更に時間を消費したのでした。つらみ。

瑞牆山荘登山口から出発

なんとか到着。身支度をし、有料のトイレを済ませる。

kyompiさんは二日酔いのダメージが消えないのでここで追いロキソニン。1回目の服用から5時間経ってるし大丈夫っしょ。

9時41分、駐車場を出発。あとで載せるトラッキングログだと登山口からのルートから外れてるけど、駐車場→登山口→登山道ではなく駐車場→登山道というたぶんこっちに歩いたら登山道に合流するって感じで歩いたせいです。踏み跡あったから安心したんだけど思ったより森の中歩きましたw

登山道に合流して「ああ・・・ちゃんとした道だ・・・」と。

瑞牆山

駐車場から歩いて20分後、10時00分に富士見平林道交差に到着。体が温まってきて各々レイヤリングの調整や靴紐締め直したり。

瑞牆山 富士見平林道交差

富士見平林道交差を出発して10分ほどで休憩できるようなスペースがあって、ここで初めてこれから登る山頂の絶景。空が青すぎて山が映える。とても美しい。

瑞牆山 富士見平林道交差

初めて見た二人は感動とともにこれからあそこに行くんだという恐ろしさを。

予想通りの「もう下りても良くない??」発言もまたいつものことなのでそのまま進みます。

10時29分、富士見平小屋に到着。

瑞牆山 富士見平小屋

ここまででだいぶ汗をかいて水分をとっていたので二日酔いもすっかりよくなりました。ロキソニンのおかげかもしれんけど。

小屋の窓のところに鳥がよく来るなぁと思ったらそこにひまわりの種が巻かれていて、餌スペースになってました。

頭にベレー帽被ってるような子がコガラ。

こちらの子はゴジュウカラ。

過去にインコとインコを預かってすっかり小鳥ラブになりリアルタイムでマイ文鳥と暮らしているkyompiさんにとってはもう可愛すぎて、接近してじーっと見てたら小屋の方が招いてくださって。手の平にひまわりの種をのせてくれて、kyompiさんは静かに地蔵に擬態。したっけ小鳥が手の平に停まっては種をついばみ飛び去りまた別な子が・・・また別な子があああ!!!! 停まるたびに「あっ///」「ああっ///」って言ってたら小屋の方々にウケた。

小鳥から英気を吸収しまくったので10時41分小屋を発つ。

山頂までずっと登るかと思いきや結構眺めの下りがあったり。

瑞牆山

11時17分、桃太郎岩に到着。とりあえずみんなやるよねーw

瑞牆山 桃太郎岩

もうすぐ山頂だ・・・! と思いながら岩を乗り越え・・・

瑞牆山

山頂のほんのちょこっと手前で氷柱(つらら)。

瑞牆山 氷柱

ここは影になっていてここだけが異様に空気がひんやりしてる。温度計では12度くらい。前に来たときは道も少し凍ってたけど今回は大丈夫。

ああ、先がまばゆい・・・!

瑞牆山 山頂

13時ピッタリくらいに山頂に到着! 2230m!

瑞牆山 山頂

相変わらず景色がほんとすんごい。

瑞牆山 山頂 パノラマ

大ヤスリ岩のアップ。クライマーがちらほら。いやこれはヒュンヒュンしちゃうよ・・・。

瑞牆山 大ヤスリ岩

各々昼ごはんタイム。kyompiさんは普通にカレーヌードル。

なの人はいつもの具が豪華な冷凍カレーうどん。

冷凍カレーうどん

やの人は新川優愛がCM中のカップ麺「麺神」。

麺神

食事が終わってちょっとまったりしようと「ひっ」「ひぃぃっ」とか言いながら崖っぷちへ。「トップレベルのヒュンヒュン」ですよこれ。

瑞牆山 山頂

お・・・おや・・・?

瑞牆山 山頂

ここにもいたのかー!!!

瑞牆山 山頂 クライマー

あらやだお姉さん素敵。

瑞牆山 山頂

瑞牆山山頂から下山

14時00分、下山開始!

下山途中で大ヤスリ岩に接近。山頂でここの上に人がいるのを知ってから見上げると「ひええ」ってなる。

瑞牆山 大ヤスリ岩

瑞牆山 大ヤスリ岩

大ヤスリ岩から少し先、今回はピストンルートなので登るときに通った道だけど、みんなで「あれーこんなところくぐったっけ?」みたいな話をしながら。

瑞牆山

富士見平小屋を過ぎたくらい。

瑞牆山

紅葉が終わった木とこれからの木があってトータルで見ると時期外しちゃった感じだけど、部分的にはこんな感じ。夕日に照らされて素敵な色。

瑞牆山 紅葉

いつの間にか撮られていたkyompiさんとなの人。

瑞牆山

行きのときも休憩した景色が開けるポイントであそこ登ったよー記念写真。みんなで山頂指差したらナチュラルに顔面が隠れるkyompiさん。

瑞牆山

下山は駐車場直行ルートじゃなくてちゃんと登山口へ。16時55分、瑞牆山荘に到着し無事下山完了!

去年のは下山序盤で闇に包まれてとてもスリルを感じましたが、今回は暗くなる前に下山できてよかったw

詳細なルートやタイムはヤマレコでどーぞ!

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments