今年は熊による事故がとても多い。山行を予定してたコースでも熊と遭遇して生きてはいたものの怪我をおったというニュースもあり。
新潟糸魚川の頸城駒ケ岳登ったときにホイッスルを吹きながらだったんだけど、そもそもあのホイッスルは東日本大震災のあとにホイッスルで助かったという話があったので持っておいたほうがいいねととりあえず買った100均のもの。

市街と山では人がいる距離も全く違うし、山で熊に位置を知らせるというところでは音の範囲は大きい方がいい。まー街でも災害時・緊急時に使えるし。
ということで山用のホイッスルで何がいいかググりまくったところ、登山/防災用 ホイッスル/笛を考えてみる ウインドストーム・ホイッスルVSジェットスクリーム - ブログなんかめんどくせえよにあるウインドストーム・ホイッスルに決定。Amazonで注文済み。
実際はもっといろいろな記事を見たんだけど、このブログはホイッスルの比較などもされていてわかりやすかった。
ちょいとデカめでかさばるっぽいけど熊に出会うより遥かにマシ。

先達のホイッスルを選ぶ基準としては「冬期間でも使用に耐えうるものか」というところで、ホイッスルの中に入っている玉が凍りついてしまったり、金属製だと唇に張り付いてしまったりなど。
普通に都市部で暮らしていたら冷えた金属に皮膚がくっつくとかわかっていても忘れてる。そういえばアイゼンは素手で触るなって言われたなーとか。

ホイッスルをググり始めたときは音が遠くまで届けばいいと単純に思ってたけどそんな簡単な話でもなかった。反省。

これをヒモで首からぶら下げながら登りたいんだけどヒモ付いてるのかな・・・。

さて、届いたら早速山で試してレポートだ!
しかし梅雨で週末雨ばっかりなのでいつになることやら・・・。